ストックホルム・セントラル駅 ナルヴィク行きの列車が入線【北欧旅行記 #11】

「セントラルホテル」のロビーで一服して、「ストックホルム・セントラル」駅に向かいます。

これから列車に乗って、ノルウェイのナルヴィクを目指します。

明日の朝、列車が北極圏を超えたら、4日間、白夜の北極圏にいることになります。

もちろん、白夜を体験するのは人生初体験。気持ちが高揚しておさえられません!(^^)!

それでも、結局、1日しか滞在しなかったスウェーデン・ストックホルムには、名残惜しさを感じます。美しい街だったストックホルム。また来ることがあるでしょうか。

「ストックホルム・セントラル」駅の風景

さて、これからノルウェイ・ナルヴィクまで21時間近い長旅です。

列車にも食堂車とかついてるとは思いますが、欠食になってはたまらないので、駅前にあったセブンイレブンで、サンドイッチやおつまみなど仕入れておきます。

朝、調べておいた通り、ナルヴィク行きは4番線から。

16:12発で、ナルヴィクに着くのは、明日の午後12:54です。

コンコースで待つ乗客たち。あの乗客たちは、どこに向かうんだろう。

そろそろプラットフォームに向かいます。

それにしても開放的な駅です。いわゆる鉄道のスタッフがほとんどいません。チケットもWEBで購入するのが当たり前なのか、チケット売り場もあまり見当たりません。

アナウンスもまったくありません。

そして、なんの荷物検査もありません。

これが、ヨーロッパの駅のスタイルなのでしょうか。

3ヶ月前に、新疆ウイグル自治区を列車で旅してきた身にとっては、とても信じられません。

中国では、駅に入るまでにチケットを3回も確認され、ホームにもいけません。

開放的なのは、治安の良さ、あるいは民度の良さを表してるんでしょう。

日曜日の夕方、「ストックホルム・セントラル」駅は、とても賑わってました。

開放的なプラットフォームへ。

ナルヴィク行きは16:12の発車。

入線してきたナルヴィク行きの列車

まだ列車は入ってませんね。

日本では、あまり見かけない行き止まりの線路。

列車を引っ張る機関車も付け替えなくてはならないから、素人ながら大変だろうと思います。

合理的なヨーロッパらしくないですね。

 

15時50分頃、発車の約20分前になって、ナルヴィク行きが入線してきました。

これから、陸路でノルウェイに向かうんです。ワクワクしてきました(笑)

無骨なカッコいい機関車です。

ストックホルム ⇒ ナルヴィク 寝台列車のコンパートメント

中国などの列車のように、それぞれの車両の前に車掌さんなどは立っていません。チケット持ってるんだから、自分の部屋はわかるだろ、って感じです。

なので、チケットを持っていなくても乗れてしまいます。

そのかわり、乗る車両を間違えないようにしなくてはなりません。どうも、この列車、全車両が終点のナルヴィクまで行くわけではないようなので。

私の部屋は、9号車の34番。コンパートメントです。

どうも2人部屋を1人で占領するようです。

この部屋、実は2,000クローナ(22,000円)もしました(#^.^#)

たぶん、この列車で一番高い部屋ですね。

もっと安い部屋でよかったかな・・

 

高い部屋だけあって、トイレとシャワーがついていました。

 

トイレとシャワーは、こんな感じです。

ちなみに、コンパートメントにシャワーが付いてる列車に乗るのも人生初体験。

 

発車まで、まだ少し時間があるので、もう一度ホームを歩こうと思いました。

ちゃんと、この車両はナルヴィク行きであることを確認しながら。

私の乗る9号車。見た目は、すごく古ぼけています。

隣のホームに颯爽と入ってきた列車は、どこか近代的な雰囲気。

だって、2階建てですよ。

 

それと比べると、わが列車は、よく言えば重厚的。悪く言えば古色蒼然。

ま、オリエント急行に見えなくもないですからね(笑)

ちなみに、列車の前方のほうには、違うスタイルの車両が連なっています。

せっかくの列車旅なんです。

ホームを歩き回って、いろんなものを探検します(笑)

タイトルとURLをコピーしました