【尖閣湾 ⇒ 岩谷口 ⇒ 両津】佐渡一周線路線バスの旅【佐渡一人旅 #10】

尖閣湾の断崖絶壁を堪能し、現在16時前。

本日の予定はこの後、佐渡の北辺をぐるっと回る路線バスに乗って、両津に戻ります。

佐渡は大きい島。854.8 km²もあって、東京23区の1.4倍。

だからこそ、外周の景色をバスの窓から味わいたい。

実は、今日のスケジュールで、一番楽しみだったイベントでもあります。

ルートはこんな感じです。

乗り継ぐバスの時刻表です。

  • 尖閣湾揚島遊園16:00 ⇒ 岩谷口16:49
  • 岩谷口17:11 ⇒ 両津港18:47

ほんとに、楽しみな行程。

のんびりとバスに揺られるのがなんと旅心をくすぐられることか。

ちなみに、岩谷口というところは、ただバスターミナルがあるだけで、ほかには何もないみたいです(^^)

「尖閣湾揚島遊園」バス停にて

尖閣湾揚島遊園バス停。ここで待つのは、岩谷口行き。1日5本のうちの1本。

時間があったので、少し歩くと、集落を見下ろします。

漁業や観光で生計を立てているんでしょうね。

バスが来るまでのひととき。

昨日、両津港に船で着いたとき、ほとんどの乗船客は観光バスかレンタカーで散っていきました。

私のような路線バス行動派は非常に少ない。

公共交通機関で旅するからこそ、その地の表情がわかるんだと思います。

車窓に展開する海沿いの棚田

バスが来て乗り込みます。最前列の特等席をゲットして、気分は最高潮。

ところが、写真撮ってたら、運転手さんに「乗客の迷惑になるのでやめてください」と注意された。

乗客って、たったいま降りて行った1人だけなんだけど??

しょんぼりして、窓の外を眺めます。窓の外は撮ったって構わないよね。

すると、不思議な光景が窓外に展開しはじめました。

海岸に沿う棚田。波にこんなに近い水田を見るのは初めてです。

なんとなく不思議な光景。

そして、バスは「岩谷口」に到着しました。

ここまで乗ってきたのは私だけです。

「岩谷口」バス停付近の風景

バスターミナルかと思ったら、ただのバス停だった「岩谷口」。

ここから県道45号線「佐渡一周線」を回って両津へ向かうバスは、1日2本しかありません。

そのうちの1本、17:11発のバスに乗ります。

ほんとになにもない「岩谷口」。

海岸に出てみてびっくり。

ゴミだらけではないですか!

これはいったい、誰の仕業だ??

海岸に目を落とすと幻滅するので海を眺めます。

この海の向こうに、北朝鮮があるんだよな・・・

崖を眺めると、つづら折りのカーブが山肌に張り付いてます。

これからあそこを通るんですね。

こんなに近くて、水田は海水をかぶらないのだろうか。

さて、バスの出発時刻が近づいてきました。

佐渡・内海府線の親切なバス運転手

さて、両津方面行きのバスがやって来ました。

乗客はもちろん?私だけ。最前列の特等席ゲット!

さっきのバスでは、なぜか写真撮影を咎められましたが、誰に迷惑かけてるわけじゃないので、ふつうに写真を撮ります。

すると、今度の運転手さんは、とても親切。

デカいカメラを持って、一目で観光客とわかる私に、窓外を移り行く観光スポットの案内をはじめてくれました(^^)

こては、なんと松尾芭蕉が詠んだ詩とのこと。

「この橋は、長さより高さのほうが長いんですよ!」とのこと。

しかも、徐行してくれます。親切な運転手さんです。

バスは、私一人を乗せて、県道45号「佐渡一周線」をのんびり走ります。

つまり、私がいなければ、このバスの乗客はゼロ。

運転手さんも、「この区間は、いつもそうですよ。」と笑います。

真更川という集落。ここから、バスの営業本数は2本から4本に増えますが、依然として乗客は私だけ。

それにしても、なんと寂寥感漂う光景であろうか。

涙が出てきそうな寂しい景色に感動です。

陽も傾いてきて、ますます景色がセピア色に染まります。

バスが集落に近づくときは、山肌から海辺まで曲がりくねりながら下りていきます。

運転手さんが教えてくれた「お祈りしてる岩」(だったと思う)

というのも、あとでグーグルマップで調べようと思ったら、載ってなかったからw

 

つづら折りカーブを下るので、ときおり海が右側に。

おお、たしかに「お祈りの岩」です。

そろそろ、バスは、佐渡の北辺に近づいてきました。

どんな土地でも、北辺に近づくほど、景色が荒涼としてくるのはなぜだろう。

さい果てに近づいてる、そんな景色です。

ノールカップとか、フェゴ島を旅してる気分です(^^)

大野亀というバス停。このバスに乗って、はじめて観光客のクルマを見た。

依然として、乗客は私1人。

このあたりが、佐渡の北端。海水浴場にもなっている二ッ亀です。

「願」という地名。美しい名前。

夕暮れの佐渡東海岸

バスが南下をはじめ、東海岸沿いになっても棚田が現れます。

泊まってる宿のコシヒカリすごく美味しいけど、気候条件の厳しさなども影響してるのだろうか。

バスは、佐渡の東海岸に沿って南下します。

乗りごたえがある、日本で一番大きい島の路線バス。

東海岸のほうが道路事情はよいようです。いきなり真新しいトンネルに入りました。

寂しさ募る風景は、ずっと見ていてあきません。

それよりも、このバス。「岩谷口」を出てから、乗客がずっと私1人だけなんだけど。

乗客もいないけど、信号も1つもありません。

両津が近づいて、ようやくバスに乗客が現れました。

両津までもう少し。

そして、バスは夕暮れの両津の町に入りました。

「岩谷口」から1時間半の旅でした。

いろいろガイドしてくれた運転手さんにお礼を言って別れました。

 

ここから、私は、昨夜から泊っている「住吉温泉」に戻るわけですが、両津港から「住吉温泉」方面行きのバスに乗り継げました。

両津から「住吉温泉」まで約3キロ。

歩くつもりだったので、助かりました。

「住吉温泉 寿月館」2度目の夕食

「住吉温泉」で私を下ろして発車していくバス。時刻は19時。

あたりは夕闇につつまれ、幻想的な雰囲気。

昨夜から泊ってる「寿月館」はすぐそこです。

夕暮れの山の稜線が美しくて、しばらくたたずんでました。

「寿月館」の夕食は19時から。

宿泊の皆さんは、すでに盛大に食べはじめてました。

本日は11時間の行動、さすがに疲労を覚えます。

疲れているから、いくらでも食べれます。

「寿月館」の美味しい海の幸。

昨夜に続いて、とても美味しい料理。

旅すると、身体を動かすので、ほんとに食がすすみます。

「寿月館」のようすは、こちらをご覧ください。

ほとんど貸し切りの温泉で身体の疲れを癒して、

部屋に戻ると、布団が畳んでありました。

しかも、浴衣は新品に交換です。

誰ですか?「寿月館」の口コミに悪評を書いたのは?w

明日はゴールデンウイーク3日目。旅の最終日です。

心地よい疲労感を楽しみながら、明日の予定をたしかめます。

ていうか、ほんとに疲れていて、どろのように眠ってしまいました。

旅先での疲労。こんなに気持ちのいいことはないです。

タイトルとURLをコピーしました