【世界遺産】ネパール最古の仏教寺院「スワヤンブナート」で猿と戯れてみる【ネパール旅行記 #8】

ネパール最古の寺院。

そして世界遺産登録されている「スワヤンブナート寺院」。

元日に登るとどんなことになるのかな、と思ってましたが、万国旗ではないけど、無数の旗で飾られていました。

いや、まてよ? やっぱり国旗か?

元日のネパール最古の寺院「スワヤンブナート」を散策してみる

400段の石段を登ってきて、呼吸を整えながら、下界を見下ろします。

標高1000mのカトマンズ盆地を見下ろしてるんだから、この場所はどうだろ?

標高1,200mくらい?

空気の薄さはそんなに感じないけど、朝もやに包まれて、視界がききにくいのがちょっぴり残念。

幻想的といえば幻想的ですw

なので、このネパール最古の寺院のてっぺんを散策してみます。

なんかすごい。

街のようになってました。

ところどころに仏像はあるし、

お土産屋さんも、朝早くから店を開けてます。

まだ、朝9時です。

スワヤンブナート寺院のてっぺんは、

石段を400段も登ってきたとは思えない、ふつうの街並みが展開されてました。

これは、鬼子母神を祀っているとされるハリティ寺院。

ハリティ寺院の周りには、いかにも神聖さを感じさせる炎がゆらめいてました。

ブッダの目が描かれたストゥーパ

ひととおり、奥の方から見学してきたのは、このストゥーパのまわりに、団体の観光客が集中してたから^ ^

一難去ったところで、ゆっくりと見上げます。

スワヤンブナート寺院の象徴といえば、このストゥーパでしょう。

カトマンズ盆地が、かつては湖だったらしく、その頃から丘の上に建っていたという伝説があるストゥーパ。

描かれているブッダの目は、その湖を見下ろしてたのかな。

そのストゥーパの目の前に備えられているのが「ドルジェ」。

雷を操る密教の道具らしい。

このストゥーパを囲むように並んでいるのが、「マニ車」と呼ばれる回転式の鐘。

この「マニ車」とは、チベット仏教の象徴。

巡礼者は、マニ車を手で回しながらストゥーパを右回りに歩き一周するのが、儀式とのこと。

仏教にもいろいろあるものです。

1年前の年末はバンコクを旅したけど、「ワット・サケット」では、鐘を鳴らしながら登ったな、なんてことも思い出します。

猿と戯れる「モンキーテンプル」

そのマニ車のすきまから、猿がのぞいています。

ここまで登ってきた石段だけでなく、てっぺんのストゥーパの周りにも猿がいっぱいいます。

さすが、別名「モンキーテンプル」と呼ばれるゆえんです。

しかしまあ、よくコワくないものだ^ ^

こちらは親子?

猿って、人間の仲間だもんね。

いたずらしなけりゃ、ほんとに可愛いわ。

さて、ふたたび、境内を散歩。

朝もやも少し晴れてきたかな。

高いところから、街並みを見下ろすというのは気持ちいいね。

光線の角度からか、反対側の方が、クリアに見えます。

こちらは、駐車場方面の遊歩道、ていうか階段。

多くの観光客は、こちらから来るんでしょう。

参道も、観光チックになってました。

では、そろそろ下界におりましょうか。

次に目指すのは、こちらも世界遺産の「パシュパティナート」。

当たり前だけど、石段は登るより下る方が、数倍ラクです(^ ^)

ふもとまで下りました。

ここからパシュパティナートまでは約7キロ。

歩けなくもないけど、まあタクシーに乗りますか。

うまいぐあいに、客待ちのタクシーが1台見えます。

すでに、運転手と目が合ってるのが気になるんだけど^ ^