【京都一人旅 #34】100年の伝統 自家製味噌と温泉の宿「大原の里」での一夜

雨の中、「三千院」「宝泉院」「寂光院」と歩き通して、さすがに疲れました。

しかも、午前中は「東本願寺」と「西本願寺」まで徒歩で巡ったのだからフルコース。

なので、今夜は温泉もある民宿での一夜がとても楽しみ。

京都旅4日目にしてはじめての日本式旅館で、ゆっくりと、旅の疲れを癒すとしましょう。

大原温泉があり、そして100年にわたる伝統の味噌料理が供されるとあるので、宿泊が本当に楽しみでしたが、泊まった結果は100点満点。

いや、お土産までくれたので120点!

こんなに素晴らしい民宿で、1泊2食付税込み9,200円。しかも、GOTO対象でのちに割引かれます。

ちなみに、当民宿のHPはこちら↓。感染症対策もバッチリの宿、おススメです。

京都 味噌と大原温泉 民宿 大原の里
悠久の時を刻む京都大原三千院からすぐ、緑と鴨川の源流が美しい静かな山間に民宿『大原の里』があります。100年以上つづくこだわりの自家製味噌を使った大原特製味噌鍋を食し、自然が生んだ新緑のアートと共に露天五右衛門風呂でゆるりとしたひとときをお過ごしください。

居心地のよい御一人様用の四畳半和室

私が予約したのは、一人旅用の4畳半一間です。

久しぶりの民宿の感触を味わいながら二階へ。

和室で4畳半の間取りって、たぶん2人用なんだろうけど、1人で泊まらせていただきました。

ずぶぬれになったキャリーは、しっかり拭いて、畳を汚さないように隅っこへ。

いやあ、畳の感触はいいなあ。

畳に寝っ転がって飲む、湯上りのビールは格別でした(#^.^#)

弱アルカリ性・ナトリウム・炭酸水素イオンの効果「大原温泉」

ところで、その温泉はいかがだったでしょうか。

残念ながら、風呂場は撮影禁止でしたので、画像は当民宿のHPからの引用です。

(上の画像は、「京の民宿 大原の里」HPからの引用です)

 

京都においても、療養と疲労回復効果のある、弱アルカリ性・ナトリウム・炭酸水素イオンを成分として含んだ温泉だそうです。

難しいことはわかりませんが、下の画像のように「五右衛門風呂」まであり、ゆっくり楽しむことができました。

(上の画像は、「京の民宿 大原の里」HPからの引用です)

部屋に落ち着くなり、一浴させてもらいましたが、翌朝まで4回も入らせてもらい、すっかり体力回復です。

100年の伝統 自家製味噌を使った味噌鍋の夕食

そして、もう一つの楽しみ。自家製味噌を使うという夕食です。

夕食は大広間で供されます。

味噌鍋ですね。

左側にある白い袋は「味噌のお土産」です。

その100年の伝統の味噌というのがこれ。

味付けも各種あり、まぜても美味しいとのこと。

ご主人様が、丁寧に教えてくれました。

では、ごはんをたっぷり盛って、いただきましょう。

鍋の具は、おそらく京の山菜と鶏肉です。

とても、いい色をしている野菜に鶏肉です。

さて、具を入れていきましょうね。

ご主人の手ほどきの通り、ブレンドにしてみますが、これが絶品です。

ご主人にすすめられて、ごはんに直接のっけていただきましたが、あまりにも合うので、ごはんがどんどんすすんでしまいました。

 

いやあ、ひさしぶりだな。旅館でいただく、こんなに美味しい料理。しあわせです!(^^)!

大広間の横には、旅館の庭がはり出しています。

本日訪れた「三千院」などの見事な庭園を回想しながらの、大変充実した夕食でした。

夕食後は、また温泉につかった後、早寝です。

畳の上に布団を敷くなんて、何十年ぶりのような気がしました。

朝食も味噌三昧

一夜明けて、小鳥のさえずりが爽やかな「民宿 大原の里」の朝。

ぐっすり眠って、しかも早朝にまた温泉に一浴。疲れがさっぱりとれた気持ちのいい朝。

こういう朝は、いくらでも食べられそうです。

朝食もまた、味噌三昧でした。

やわらかい大根にたっぷりつけて、味噌田楽ふうに。

こんな美味しい味噌があるんでしょうか。もうすっかり、味噌のファンになりそうです。

一夜明けた本日は、京都旅5日目、最終日です。

「京の民宿 大原の里」での素敵な一夜のおかげで、今回の旅も楽しく締めくくれそうです。

「京の民宿 大原の里」さん、楽しい時をありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました