【ギリシア】3日目(その3) ローマン・アゴラと古代アゴラ

さて、ギリシア弾丸紀行。

残り時間も少なくなってきましたが、次の目標は古代アゴラ。

アクロポリスの丘を眺める絶景ポジション

その前に、あの岩に登ってみましょう。

00009805

岩は大理石でしょうか。とにかく表面がツルツルで滑る滑る!
スリップ注意みたいな、立て看板もありましたが、アクロポリスの丘を眺める絶景ポジションかな。

00009807

今見下ろしているのが、古代アゴラでしょうか?

00009809

観光客に「アゴラ?」と聞いても通じず・・・

00009810

ローマン・アゴラ付近で迷子になる??

まあ、いいや(笑)
たぶん、あれが「古代アゴラ」なんでしょう。
残り時間も少ないし、行ってみましょう。

00009811

アクロポリスと、古代アゴラの間の道をテクテク。

00009812

ストリートミュージシャン。

00009813

どこが出入り口かなと迷ううち、こんな抜け道を発見。

00009814

他の観光客について行ってみると、どうも古代アゴラではなさそう。

00009815

でも、遺跡が見えます。これが、古代アゴラ??
ちょっと、違う気が・・

00009816

しかも、柵に覆われていて、中に入れない。

00009817

柵づたいに回りこんでみます。
このへんは、ただの落書き。

00009818

路地を右に行くと、アクロポリスに戻ってしまいます。
うわ、また迷子になった。この旅では、何回迷子になったんだろ(^^)v

00009819

あそこに行きたいのに、なかなか入り口がみつからない。

00009822

民家に囲まれたローマン・アゴラ

入り口が見つかる前に、チケットオフィスが見つかりました。

よくみると、アゴラはアゴラでも、「ローマン・アゴラ」。

「~歩き方」にも出ています。すると、古代アゴラはずっと向こうだ。

00009823

チケットオフィスのスタッフに入り口を聞いて、中に入ります。
ここも、ゼウス神殿で買ったパッケージチケットで入ることができました。

00009824

ローマン・アゴラは、文字通り、ローマ帝国時代のアゴラです。

00009825

石柱の跡が特徴なローマン・アゴラ。

00009827

すぐ脇に民家。

00009826

あれは、風の神の塔。

00009828

天文学者アンドロニコスが建てたもの。
時計や風向きを測るためのものだったとのこと。

00009830

方角を示す8角形のそれぞれの方位には、神様が描かれています。

00009831

立派な門。

00009829

パルテノンを臨みます。

00009832

ローマ時代には、屋根があったのかな。
だとしたら、すごい建物ですね。

00009833

ローマン・アゴラを出て、北へ。

00009834

自分のいる位置を確認。
まだ、目指す古代アゴラに届いていません。

00009835

と、さまよっているうちに、思い当たる景色に遭遇。

そうだ、ここは、2日前の夕方に迷子になったモナスティラキ駅の駅前に通じる通り!

なるほど!

ようやく、アテネの街がアタマの中でつながりました(笑)

00009836

ということは、この路地を西に行けば、古代アゴラの入り口にたどり着くはず。

00009837

これは、アドリアノウ通り。
オシャレなレストランがいっぱい並んでいますが、古代アゴラを見物したあとで、遅いランチとしますか。

00009838

遺跡の中を地下鉄が通過。一瞬、びっくり。

00009839

古代アテネの中心 古代アゴラ

もちろん古代アゴラも、パッケージチケットで入ることができました。
チケット売り場は、けっこう並んでるし、パッケージで手に入れたのは正解かも。

00009840

中に入ります。
アゴラとは市場のこと。この広い敷地いっぱいに、商売が展開されていたんでしょうか。

00009841

ゼウス・エリテリオスの柱廊

まずは、向って右。西の方へ。
これは、ゼウス・エリテリオスの柱廊かな。

00009842

00009843

紀元前5世紀の建築物。

00009844

ヘファイストス神殿

そしてこれが、ヘファイストス神殿。
紀元前450年ころの建造で、ギリシア国内ではもっとも原形を残している神殿らしい。

00009846

さっきのローマン・アゴラと比べても500年以上も古い。

00009849

日本では、ようやく稲作がはじまるかどうかって時代に、やっぱりギリシアはすごい。

00009850

ゼウス神殿のときも思ったけど、よく崩れないよな。
中に何か入ってるんだろうか。

00009851

どの角度から見ても、絵になりますね。

00009858

細部には、こんな彫刻も。

00009853

へファイストス神殿を後にすると、アクロポリスがそびえたっています。
これは、芸術だ・・・(芸術なんて、わからないくせによく言うよ(笑)

00009857

でも、ほんとに美しい。

00009859

中央柱廊

これが、中央柱廊。
敷地全体が市場なわけではなくて、ここが市場だったらしい。

00009860

上から見下ろすと、たしかにそう感じる。

00009862

こちらは「アギイ・アポストリ教会」。

00009863

中に入れば、教会そのものです。
しかし、涼しくて気持ちいい。

00009864

00009865

だんだん、お腹もすいてきました。
考えてみれば、今朝のホテルの朝食以来、何も食べてません。

00009866

アタロスの柱廊

アタロスの柱廊を見たら、外に出るとします。

00009867

復元された建物ですが、雰囲気は感じ取れます。

00009868

トリトンの顔。
トリトンとは半人半魚のことだそうですが、これが魚の頭??

00009869

偉人の顔が並びます。

00009870

00009873

なんか、博物館の中を歩いているようですが、文字通りここは博物館。

00009872

当時は、とても人通りの多い場所だったそう。

00009874

これにて、アテネの遺跡めぐりもおしまい。

00009875

古代アゴラの出口へ。
この時間からも入ってくる観光客でいっぱい。

00009876

アドリアノウ通り沿いのレストラン

さて、お腹すいた。
どこで腹ごしらえといきますか。
感じのいい兄さんの誘いで、古代アゴラを出たところにあるレストランに入ります。

00009877

おすすめは、フレッシュ・フィッシュとのこと。
15ユーロと値は張りますが、アテネ最後の食事だからね。

00009878

私は、あまりにも暑そうな顔をしてたのかな。
兄さんは、気を利かして、空調の効いている室内へ私を案内。

00009879

感じのいいお店です。お酒もオーダー。

00009880

まずは、ハイネケン。

00009881

ビールでのどを潤していると、ぞくぞくと客が入ってきます。
時刻は16時になろうかというのに、観光地のレストランは関係ないようです。

00009882

オーダーしたフレッシュフィッシュ。
生かな、と思ってたけど、焼き魚でした。

00009883

魚なら白ワインなんだろうけど、赤ワインで魚料理を楽しみます。

楽しかったギリシア弾丸紀行もあとわずか。
ゆっくり、食事を楽しみます。

00009884

タイトルとURLをコピーしました