デルフィの遺跡&町並み 駆け足で眺める世界遺産【ギリシア旅行記 #4】

待つこともなくタクシーが来てくれて、ほっと胸をなでおろします。

せっかく、アテネで際どい飛行機とバスの乗り継ぎを成功させたのに、デルフィ見学の時間がありませんでした、では、何やってるんだかわかりません。

世界遺産デルフィ 弾丸見学

クロアチア人とバンガロースタッフに手を振って別れます。

タクシーは、デルフィの小さな町を横切り、反対側まで行ってクルマを止めました。

ここが遺跡の入り口。
バスが止まった場所から、ちょこっと反対に歩けばすぐ着いたものを、私は、必死になって、町を横切って向こう側まで行ってしまったんだね。まったくもって、間抜けなハナシです(笑)

タクシー代は5ユーロ。運転手も、ここから登って、あちらへ行くと、一番ラクだぞ、とか、親切な町です。

00009232

チケットを仕入れます。時刻は14:20。あと1時間40分あるから、なんとか遺跡の見学はできそう。

00009233

12ユーロでした。窓口のお姉さんは、「コンバイン ミュージアム」と繰り返します。
博物館入場料も含まれてるということね。ありがとさんです。

00009234

さあ、いよいよ世界遺産のデルフィ遺跡。

00009235

ローマ時代のアゴラ

この辺は、ローマ時代のアゴラ。

00009236

交易や商業の中心地だったらしい。

00009237

どんどん登ります。

00009238

眼下にピンドス山脈の山並みが広がります。

00009239

とにかく登る。けっこう疲れます。

00009240

アテネ人の宝庫

途中にあるのが、アテネ人の宝庫。
マラトンの戦いで、アテネ軍がペルシャ軍に勝った、その感謝のしるしとしてアポロン神に捧げた宝庫とのこと。

「マラトンの戦い」懐かしい! 学校で習ったよなぁ。

それにしても、復元とかしてないんだろうか?
だとすると、ペルシャ戦争のマラトンの戦いって、紀元前490年だから、2500年も前の建物?!
(再建だよね)

00009242

さて、アテネ人の宝庫を過ぎて、さらに上に登ります。
アポロン神殿が、少し姿を見せています。

00009243

こういうの、触ってもいいのかな?

00009244

まだまだ登ります。

00009245

神殿の手前の祭壇かな。

00009246

これは、何だろう??

00009247

踏み絵のような石版。

00009248

アポロン神殿

アポロン神殿は、こんな感じだったんだろうね。

00009249

当時のギリシアの人たちは、自分たちの住むこの地を世界の中心として疑わなかったらしい。
それも、平らな地球の。

その後のヘレニズム時代のアルキメデスが地球球体説を唱えている。

なんか、スケールが大きいよな・・・  やっぱり、来てよかった。

00009250

アポロンとは、ゼウスの息子の名前。

これも、すごい話。ゼウスなんて、本当にいたの???

00009251

なんか、原型的なものを残してる建物もあるし、すごい世界。

00009252

00009253

神のお告げで、生贄になった人も多数いるんだろうな。

00009254

さらに上に上がります。

00009255

神のお告げで、国の政治をも決定していたといいます。

00009256

疲れを忘れさせる絶景。

00009257

実際、このあたりで引き返す観光客も、けっこういます。
やっぱり、旅は、体力のあるうちにするものです。

00009258

古代劇場

そして、アポロン神殿の上にあるのが古代劇場。

00009277

この円形型劇場を、私がはじめてみたのは、3年前のトルコ・エフェソスのものでしたが、起源的にはこちらの方が古いでしょう。

基本的に、演劇場だったようですが。

00009276

さらに上に登り、古代劇場を見下ろします。

00009260

これまた絶景!

それにしても、美しく円を描けるものです。
2500年前の建造物。日本が、まだ稲作もはじまってない頃ですよ。

ほんとにすごい遺跡だ・・・

00009261

この山々は、冬は雪化粧するのかな。
吹いてくる風は、涼しく爽やかなんだけど、一生懸命歩いてるから汗びっしょりです。

00009262

さらに上へ。
このあたりまで来ると、健脚組みだけで、引き返す人も多数。

00009263

でも、この上にはスタジアムがあります。

00009264

つかのまの下り坂。もう、足がガクガクです(笑)

00009265

遺跡の頂上 スタジアム

そして、遺跡の頂上に。

00009266

おお、スタジアム。

00009267

どんなスポーツが行われていたんだろう?  タイムマシンがあったら見てみたいね。

00009268

神秘さを感じさせる観客席。

00009269

席というより、立つ場所?
座るとしたら、お尻が窮屈に見えるけど。

00009270

でも、こんな古い遺跡。よく残っていたものです。

00009272

あの洞窟みたいな入り口は、何だったんだろう?

00009273

10分で駆け下ったデルフィ遺跡

時計を見ると15:20。
バスの出発まで、あと40分。

偉大な歴史を刻んだギリシア帝国に申し訳ないけど、ほんとに私は弾丸で風のように去ります。

それでも、やっぱり、古代遺跡めぐりは楽しい。

00009274

さて、下りますか。ふもとまで10分で行けるかな?急いで下りましょう。

バスの出発まで、あと40分。目標は、ふもとまで10分。

それにしても、永年の世界遺産を前に、何やってんだか(笑)

00009278

そして暑い! のども渇いた!

しかし、飲料水を持たずに上に上がりました。

これも毎度のこと。何やってんだか(^^)v

急いで下るとはいっても、石畳はけっこう滑るんだよね。

気をつけて歩くので、足の筋肉が痛い。靴もボロボロです。

00009279

アテネ人の宝庫まで降りてきました。

00009280

そしてふもとへ。駆け足だったので、けっこう疲れた~・・

00009281

00009282

本来なら、こういう案内図とともに、のんびり回るべきなんだろうけど。
たった1時間の、デルフィ遺跡弾丸観光でした。

00009283

チケットオフィス横の自販機で喉を潤します。生き返ります。

00009284

そして、ミュージアムへ通じる遊歩道をたらたら。ようやく汗も引きました。

00009285

ミュージアムですね。今回は、時間もないので割愛。

00009286

ミュージアムの前にいたネコ。

00009287

微笑ましい家族連れ。
ところで、私には、ギリシア人とその他のヨーロッパ人の区別がまったくつきません。

だから、遺跡にいた観光客も、どこの人たちなのかさっぱり。

でも、さっきのクロアチア人も、遺跡にいた人たちも、グーグルマップを操ってた。

空港で、シムでも入れ替えてるんだろうか?

00009288

デルフィの町から眺める絶景

デルフィの町に通じる道路に出ました。これは、アテネ方面を向いています。

00009289

デルフィの町に戻ります。少しくらいは、町を歩く時間あるかな。

00009290

おーッと、ここでも絶景!

00009291

こんな高いところに町を作って、不便じゃないかなとおもうのは浅はかかな。
おかげで、城壁を作らなくても、外敵を気にする必要がなくなるということなんでしょう。

でも、クルマのない時代の苦労が偲ばれます。

00009292

なんのモニュメントだかわからず。

00009293

コリンティアコス湾を臨みます。

00009294

荒々しい地形です。その中でも緑の部分は、オリーブ畑でしょうか。

00009295

町の入り口に到着。

00009296

しかし、ほんとにすごいとこだよね。
空港に朝着いて、午前中のバスに乗れて本当によかった。

00009297

楽しそうに談笑する観光客。

00009298

00009299

町歩きに行こうと思ったけど、時間もないし、背中の荷物も重いし、どこかでお茶でも飲めればいいかな。

00009300

バスストップの反対側にあるCafeに入りました。

00009306

お茶、なんて言ったけど、この暑さはやっぱりビールでしょう。
周りのテーブルでも、みんな飲んでるし。

00009302

私と違うのは、私はビールだけだけど、欧米観光客は、ポテトフライとか、イカのリングフライとか、揚げ物が大量に盛られた皿を真ん中において、みんなでつまみあってる。

00009304

まあ、町とはいっても小さいし、お土産屋さんめぐりみたくなってしまうでしょう。
ここで、ビールを飲みながら、道行く人を眺めてるのも楽しいです。

00009305

タイトルとURLをコピーしました