【ギリシア】1日目(その1) ギリシア弾丸一人旅 ~ エーゲ海上空をアテネへ

私の愛読書のひとつが、「地球の歩き方」。

その「地球の歩き方」コレクションに、ついに欧州が加わりました。
ギリシアです!

00009180

「地球の歩き方」は、ご存知のように、エリアによってカラーが分かれています。

アジアは紫、中東やアフリカ系は茶色のように。
(こりゃ、完全に、私の好みを反映してます)

そこに、ひときわ光る青緑のヨーロッパ。まさにエーゲ海の色のようなギリシアが加わりました。

ま、2014年度版の古本ですけどね(笑)

ギリシア 2泊5日 弾丸旅行スケジュール

日付

午前

午後

宿泊地

9/13(木)

 

成田21:25発

機内

9/14(金)

アテネ8:40着

ギリシア観光

アテネ

9/15(土)

クレタ島観光

クレタ島観光

アテネ

9/16(日)

アテネ観光

アテネ22:20発

機内

9/17(月)

機中

成田19:10着

 

はじめてのヨーロッパ、そしてギリシア。

ギリシアといえば、偉大なる歴史の国。

と言いながらも、実は、8万円代の弾丸往復チケットが見つかったから、というのがきっかけ。

ところで、3連休に会社から1日休暇をもらい4連休として、ギリシアに行く人は、いったいどれだけいるんだろう? ほんと、笑えますね(^_^)

さて、ギリシアといえば、本当にそこらじゅうに古代遺跡があって、たった3日でどこを見るのかは、しっかりと予習してから訪れたほうが効率がよさそうです。

エーゲ海に浮かぶ島にも行ってみたい。

エーゲ海には、ほんとにたくさんの島があり、それぞれに遺跡や観光地があるようですが、もっとも有名なのは「一生に一度は訪れたい」などと称されるサントリーニ島でしょうか。

そんな美辞麗句的な枕詞がつくと、逆に興味がなくなってしまうへそ曲がりな私。

あれこれ物色したあげく、最終的にクレタ島を訪れる気に。

クレタ島は、エーゲ文明発祥の地として、そもそも前から行きたかったし、アテネから飛行機の便がかなり出てるので、アテネから早朝発の夜帰着の日帰りプランが可能だったので、3日の日程の中日に組み込みました。

 

ところで、ターキッシュエアラインズのアテネ到着はおあつらえ向きの8:40。

この好条件を逃してはならぬと、アテネ空港に到着したら、その足で郊外の遺跡に向おうを目論んでいます。

ギリシアの世界遺産はミケーネ、デルフィなどいっぱいありますが、今回はデルフィをチョイス。

デルフィというのは、アテネから200キロ近く内陸に入った世界遺産で、山の斜面にへばりつくような遺跡や町並みに興味を引かれ、行ってみようと思ったのがきっかけ。

このデルフィに行くには、アテネからのツアー参加が一般的らしいですが、バスで行く場合、アテネ中心部の北に位置する「リオシオン・バスターミナル」を10時30分に出発するバスに乗る必要があります。

ターキッシュエアラインズのアテネ着は8:40。空港から、リオシオン・バスターミナルまではバスで1時間強。

はっきりいってギリギリで、荷物は機内持ち込みにして、荷物が出てくるまでのタイムロスも回避する必要あり。

アテネの空港に降り立って、そのままデルフィ行きのバスターミナルまで行けるか。

旅の初っ端から弾丸ですね(^^)v

というわけで、今回の旅は予習は十分にしたつもりです。

ターキッシュエアラインズ フライトスケジュール

 航空会社便名フライト

乗継ぎ時間

往き

ターキッシュ

     エアラインズ

TK53

成田21:25 ⇒ イスタンブール3:35

3時間20分
TK1845

イスタンブール7:15 ⇒ アテネ8:40

 

帰り

ターキッシュ

     エアラインズ

TK1844

アテネ22:25 ⇒ イスタンブール23:55

1時間45分
TK52

イスタンブール1:40 ⇒ 成田19:10

 

これは、もうベストフライトと言っていいくらいの、非のつけどころがないスケジュール。

会社を退社してから成田に向かい、翌朝アテネ到着。帰りもアテネを1日歩き回ったあと、飛行機に乗り込み、出勤前夜に帰国。

ターキッシュエアラインズは、ANAマイルもたまるし、現役世代の忙しいサラリーマンの味方です。

 

ところで、旅費は航空券にホテル代、現地の飛行機代などを含めて12万円強。

3日で割れば、1日約4万円。

ギリシア帝国を3日間、1日4万円で味わえるなんて、私としては超お買い徳だと思います。

それに、ターキッシュエアラインズは機内食もおいしいし、ワインもおいしい。

おカネと時間は、有意義なうちに有意義に使うものだよね。

では、歴史と遺跡と、経済危機の国?ギリシアへ行ってまいります!

出発前 成田空港でのひととき

と、このへんまではスケジュールを決めて、成田空港へ向けて出発する日の朝。

なんと、成田空港A滑走路が「不発弾騒動」で閉鎖・・・

おいおい大丈夫か・・

こんなニュースを目の当たりにすると、仕事が手につきませんが、昼休みにニュースをチェックすると、なんとか無事撤去が終わって、通常運航に戻っているとのこと。

ほっとしましたが、今度はエクスペディアのアプリから通知。

成田21:35発のターキッシュエアラインズ53便は、出発時刻が21:05に繰上げ・・・

うわっ、それじゃ、会社を18時には退社しないと間に合わないじゃん!

なんだか出発前からあわただしいですが、同僚へのあいさつもそこそこに、あらかじめパッキングしておいたバッグを転がして、成田空港に向います。

00009108

たしかに繰り上がってる。
この便は、予約した当時は22時出発だったんだけど、夜に飛ぶなとうるさい成田空港のせい??

でも、成田21時でも、会社を退けてから出発できる私自身の地の利のよさに感謝。
ほんと、私の弾丸旅行が成立しているのは、羽田・成田ともに、約1時間圏内に自宅があるからなんだよね。

オンラインチェックイン済みのチケットを、オートマシンで発券。

00009114

手荷物は、今回機内持ち込み。

前述の通り、翌朝はアテネ到着後、すぐに弾丸スケジュールが待っていますから、荷物をゴロゴロ転がしながら、保安検査場に向かいます。

13ヶ月ぶりに見るTURKISH AIRLINESの文字。
この航空会社にお世話になるのは4度目。毎回おいしい機内食が提供されます。それだけでも楽しみ。

00009110

へぇーッ・・ ターキッシュに、ホノルル行きなんてあったんだ。

00009111

ゲートは47番。今日、というより今週は、仕事も弾丸のようにこなしたので、体力が低下気味。
寝不足に加え、お腹もすいてます。

でも、搭乗すれば、すぐに機内食が出てくるのがわかってるので、間食は控えます。

00009112

となりの46番ゲートはホノルル行き。楽しそうな家族連れが目立ちます。

00009113

搭乗開始。シルバーウイークの最初なので、日本人が多い。

00009115

ターキッシュエアラインズTK53便でイスタンブールへ

いつの間にか雨が降り出した模様。天候が不安定な日本の9月。

00009116

機内はほぼ満席。日本人が7割くらいかな。
そんな中、私のとなりの席は、美しいトルコ人(たぶん)女性でした。

12時間以上も座り詰めなんです。
隣席がタバコの匂いのするむさい男より、香水香る美女の方がいいのは自然な感情。

00009120

9006キロを12時間10分。平均時速750キロですか。
昔っから、旅人算は得意でした(笑)

00009117

成田を出発。前回のメキシコ・キューバから2ヵ月ぶりの海外渡航。
雨でちょっぴりにじむ夜景。

00009118

水平飛行に移ると、すぐに準備される夕食。待ってました!

00009121

なんと、日本発なのに日本語がない?

00009181

でも、期待通りにおいしいターキッシュの機内食。フランスの赤ワインも逸品です。

00009123

飛行機の中で寝るのは得意中の得意技。
おまけに、旅に出る前は、仕事も忙しくなり、睡眠不足になりがち。

前回のANAビジネスでのメキシコ往復で、腰や足が贅沢になってしまったかな、とちょっと心配してたけど、そんなことは全くなし。

ヘッドホンをかけて、音楽をスリープタイマーにして、おやすみなさいです。

夜中に1回だけ目を覚まし、モニタを見てびっくり!

シベリアの上空、というより、北極海のすぐ下を飛んでます。

エカチェリンブルクやペルミなど、シベリア鉄道に乗ったときに通った町のはるか北。

これ、正規のルートなのかな??

00009124

もう一眠りして、モスクワ上空で目が覚めます。

00009126

そして朝食。ぐっすり眠ったから食欲もあります。
オレンジジュースも、オムレツもフルーツも、みんな旨い!

00009125

恒例行事 アタチュルク国際空港のトランスファー

9000キロの飛行を終え、定刻3:25にイスタンブール アタチュルク国際空港に到着。
なんと、イスタンブールも雨のようです。それもけっこう激しい。

滝のような雨粒が、滑走路を叩いています。

00009144

アタチュルク国際空港のトランスファーは、ほんと年の恒例行事になりました。

00009128

清潔そのものだし、保安検査もてきぱきやってくれるので好感がもてるハブ空港。

00009127

しかし、未明のこの時間は、フライトを待つ人たちで浮浪者のたまり場のよう。

00009129

ほんとカッコいいわ。繰り返すけど、成田も見習ってよ・・・

00009130

そして、コンコースの中央に出ます。

00009141

アテネ行きのゲートは、まだ発表されておらず。
現在のトルコは夏時間。時計を合わせようにも、夏時間設定がまたわからず(メキシコのときもわからんかった・・・)
しかたなく、エルサレム時間に合わせます。

現在3:55。フライトまで3時間以上ありますね。ラウンジでものぞいてみようか。

00009131

ラウンジで過ごす優雅なひととき

プライオリティパスのラウンジはどこかな・・・ と、コンコース中央をそのまま通り抜けると、下へ行くエスカレータの看板にラウンジの文字が。

00009132

プライオリティパスも使えるようです。
この空港の利用は7回目だけど、ラウンジは初めて。

今まで、乗り継ぎの接続が良すぎたからね~

00009140

カードを見せて、サインもせずに入れたのも初めて(かな?)

落ち着いた雰囲気です。

00009134

00009135

お酒もあるけど、朝っぱらから飲むのはちょっと・・・

00009136

アタチュルク国際空港のラウンジは、他にもあるのかな。
たしか、到着ゲートから歩いている際に、エミレーツのラウンジを見かけたような気がしましたが。

ところで、このラウンジの場所はここ。

次の便のゲートが200番台だったら言うことなし。

00009137

となりの部屋にも行ってみました。

食事メニューが豊富なのはありがたいけど、さっき機内食で朝食食べたばっかりだし、アテネ行きでもたぶん食事が供される。さすがに、そんなには食べられないよな。

00009146

なにもせず、くつろぎます。
旅に出た気分に浸りながら・・・  これが、またいいんだ(^^)v

00009147

中東のティーグラスで紅茶だけいただきました。
この中東で見かけるグラスいいよね。日本でも売ってるかな。

そうだよね、トルコもまた歩いてみたいな・・

00009148

徐々に人が増えてきました。

00009138

出ました。アテネ行きのゲートは212。すぐ近く、ラッキー!

00009139

時間が来たのでゲートに向いましょう。
シャワーもあったようだし、居心地のいいラウンジでした。

イスタンブールまで、私と一緒に来たあの大勢の日本人はどこへいったんでしょう?

このゲート待合室には、日本人はほぼゼロ。ギリシア行く人はそれなりにいると思っていたのに、そうではないみたい。

00009150

イスタンブール ⇒ アテネ エーゲ海をまたぐフライト

外は、相変わらずの雨。9月のイスタンブールは、雨が降ってもおかしくはない。

これから向うアテネは、イスタンブールとはそんなに離れてないけど、地中海性気候により9月はほぼ降雨はなし。
たぶん飛び上がれば、地中海を照らしつける太陽が姿を現すでしょう。

00009149

ね、イスタンブールとアテネって、ほんとに近い。

00009142

機内はガラガラ。私は席2つ分を占領。

00009143

白みはじめる空。

00009151

実は、このアタチュルク国際空港は、新装開店を予定しています。

その日はなんと2018年10月29日。1ヵ月後です。

それに伴って、このアタチュルク国際空港は、閉鎖されるらしい。

ひょっとして、さっきのラウンジ利用は、私にとって見納めになるかも。

4年に渡って、毎年利用してきた私にとっては、寂しい限り・・・

00009153

ターキッシュエアラインズの機内安全ビデオはユニークです。

00009154

00009156

最後の景色となるかもしれない、アタチュルク国際空港に並ぶターキッシュの翼。

00009157

イスタンブールの空に舞い上がります。

00009158

すぐに配られる機内食。
国際線とはいっても、アテネまでの距離は537キロ。

東京-大阪間ぐらいしかないから、CAたちも大忙し。

00009159

おいしい朝ごはんに満足。
まてよ?これで、朝ごはん2食目か・・

00009160

食べ終わる頃、機はエーゲ海上空へ。

00009161

雲が取り払われ、青い海がくっきりと臨めます。

00009163

なんていう島だろう?

00009165

すがすがしい天気。今日からの3日間が楽しみ。

00009166

00009167

幻想的な光景。

00009170

しかし、537キロじゃ、あっというまにアテネに到着。
グランドスピード900キロ以上も出してたし。

アテネ空港到着 超簡単なイミグレ

時刻は、5分ほど遅れて8:45です。
バスの時間は10:30(たぶん)。間に合うかなぁ・・・

00009171

しかし、いよいよギリシアです。
イミグレーションは、あっさり通過。ほんとに、私の顔写真見た?って感じ。

こんな、軽率な(失礼!)入国審査ははじめてです。

00009177

でも、ちゃんとスタンプは押してくれました。
無事にギリシア入国。これで、海外渡航26カ国目になりました(^^)v

00009182

と、ここまで飛行機を降りてからわずか15分。入国審査で行列になってなかったのは幸いでした。

ちなみに、ギリシアの通貨はユーロ。

2ヶ月前に、キューバに行ったときに両替したユーロが余っていたので、そのまま持ってきました。

そうです。両替なんてしている場合ではありません。

00009183

イミグレがすんなり終わったので、現在9時ちょうど。

「~歩き方」には、デルフィへ向うバスが発着するリオシオン・ターミナルまで、エアポートバスだと1時間5分とあります。ちょっと厳しいかな・・・

タクシーを奮発することにして、空港のコンコースを出ました。

タイトルとURLをコピーしました