アテネ空港からタクシーでリオシオンバスターミナルへ【ギリシア旅行記 #2】

アテネ到着直前の光景。

幻想的な光景に出会いました。

00009170

アテネ空港到着 超簡単なイミグレ

しかし、イスタンブールからの距離537キロじゃ、あっというまにアテネに到着です。

グランドスピードも常時900キロ以上も出してたし。

 

時刻は、5分ほど遅れて8:45です。

デルフィ行きのバスの時間は、リオシオン・ターミナル10:30(たぶん)。

さて、間に合うかなぁ・・・

00009171

しかし、いよいよギリシアです。

イミグレーションは、あっさり通過。ほんとに、私の顔写真見た?って感じ。

こんな、軽率な(失礼!)入国審査ははじめてです。

00009177

でも、ちゃんとスタンプは押してくれました。

無事にギリシア入国。これで、海外渡航26カ国目になりました(^^)v

00009182

と、ここまで飛行機を降りてからわずか15分。入国審査で行列になってなかったのは幸いでした。

ちなみに、ギリシアの通貨はユーロ。

2ヶ月前に、キューバに行ったときに両替したユーロが余っていたので、そのまま持ってきました。

そうです。両替なんてしている場合ではありません。

00009183

イミグレがすんなり終わったので、現在9時ちょうど。

「地球の歩き方」には、デルフィへ向うバスが発着するリオシオン・ターミナルまで、エアポートバスだと1時間5分とあります。

ちょっと厳しいかな・・・

タクシーを奮発することにして、空港のコンコースを出ました。

 

さて、ギリシアの空の玄関口アテネに到着しました。

弾丸観光スケジュールの復習

現在の時刻は、夏時間のギリシアで午前9時。

前夜にわが国を発って、朝、異国にいる。この感覚は、何度経験しても震えます。

念のため、空港コンコースの時計と自分の時計が合っているか確認。

※蛇足ですが、日本でも夏時間採用の話が出ているようですが、絶対やめたほうがいい。
自己責任意識のないわが国日本。必ず、飛行機に乗り遅れたとか、取引に間に合わなかったとか、言いがかりをつける輩が出て、民間企業を混乱させます。

 

ちなみに、当初のギリシア3日間の予定はこうでした。

  • 1日目:アテネ散策
  • 2日目:クレタ島へ移動。観光した後、アテネへ帰還。
  • 3日目:ミケーネ遺跡、あるいはデルフィ遺跡を訪れ、夕方アテネへ帰還。その足で夜22:25の便で帰国。

ところが、この3日目の日程が思わしくない。

目論見どおりに夕方アテネに帰れればいいんだけど、道路が混んだりしてバスが遅れると、アテネ到着が夜になる場合もある。

それに、アテネ市街と空港は、バスで1時間の距離。

これも、渋滞すれば1時間半とか平気でかかるらしい。

となると、1日目と3日目の日程を交換して、初日に郊外の遺跡を見学してしまい、最終日はのんびりアテネを散策の方が、精神的にもリラックスできるというもの。

すると、現在午前9時にアテネ空港にいる私。

ミケーネやデルフィに向うバスターミナルに、何時までに到着できるかが、今日1日のスケジュールの鍵になります。

ちなみに、行きたい第一候補はデルフィ。

この場合、アテネ市街の北にあるリオシオン・バスターミナルから10:30の便があるらしいので、それをターゲット。

これを逃すと、もうデルフィ行きの午前の便はないので、その時は、比較的頻繁にバス便のあるミケーネに照準を変更しようと、脳内ストーリーを組み立てていました。

 

繰り返しますが、現在9時。

エアポートバスの運転間隔は30分~1時間とのことなので、(たぶん)9時発のは出発してしまってるだろう。

それに、リオシオン・バスターミナルまで1時間以上かかるらしいので、すぐ乗れたとしてもリスクがある。

というわけで、割高にはなりますが、タクシーでバスターミナルへ移動することにしました。

空港を出ると、すぐにタクシー乗り場が。

00009178

タクシーでリオシオン・バスターミナルへ

ランディングしてから、まだ20分程度しか経っていません。

これが日常なのか、今日はたまたまこうなのか、わかりませんが、観光地の人のさばきはこうあってほしいものです。

00009179

さて、タクシーに乗り込んで、「リオシオン・バスターミナル」と言うと、「40ユーロ」。

情報では、空港⇔アテネ市街の料金は固定制で38ユーロだったはず。

インフレ気味のギリシアなので、値上げしたのかなと疑いつつも、時間もないので、40ユーロを受け入れて出発です。

00009172

しばらくは、高速道路を快調に飛ばします。

「バスに乗ってどこに行くんだ?」と聞いてくる運転手に、「デルフィ」と答えると、すごい営業トークのはじまり、はじまり~(笑)。

デルフィまでタクシーで行ったら、いくらかかるっていうの。

00009173

快調に走っていたタクシーが突然スローダウン。

運転手が、「プロブレム・・・ワッタイム・・」。

おそらくバスの時間を聞いていると思ったので10時半と答えると、微妙そうな表情。

アテネ市街の渋滞はひどいにしても、ここら辺で渋滞にはまるのは、運転手にとっても計算外らしい。

時間がみるみるたっていく・・・9時40分、50分・・・

 

正直、デルフィはあきらめかけました。

間に合わなければ、そのままミケーネ行きのバスの出る「キフィスウ・ターミナル」に行ってもらって、ミケーネを訪れればいいかな。

00009174

渋滞は事故が原因だったことが判明。7台が絡む大事故でした。

00009175

リオシオン・バスターミナルに到着

事故現場を過ぎると、一気に流れがよくなり、高速道路を降りてすぐ、目指すリオシオン・バスターミナルに到着。

時刻は10:10。なんとかなりそうだね。よかった、よかった。

運転手に「エフハリスト(ありがとう)」と言って、タクシーを降ります。

00009176

タイトルとURLをコピーしました