ギリシア超弾丸一人旅 出発まで

私の愛読書のひとつが、「地球の歩き方」。

その「地球の歩き方」コレクションに、ついに欧州が加わりました。

ギリシアです!

00009180

「地球の歩き方」は、ご存知のように、エリアによってカラーが分かれています。

アジアは紫、中東やアフリカ系は茶色のように。
(こりゃ、完全に、私の好みを反映してます)

そこに、ひときわ光る青緑のヨーロッパ。まさにエーゲ海の色のようなギリシアが加わりました。

ま、2014年度版の古本ですけどね(笑)

ギリシア 2泊5日 弾丸旅行スケジュール

日付

午前

午後

宿泊地

9/13(木)

 

成田21:25発

機内

9/14(金)

アテネ8:40着

ギリシア観光

アテネ

9/15(土)

クレタ島観光

クレタ島観光

アテネ

9/16(日)

アテネ観光

アテネ22:20発

機内

9/17(月)

機中

成田19:10着

 

はじめてのヨーロッパ、そしてギリシア。

ギリシアといえば、偉大なる歴史の国。

と言いながらも、実は、8万円代の弾丸往復チケットが見つかったから、というのがきっかけ。

ところで、3連休に会社から1日休暇をもらい4連休として、ギリシアに行く人は、いったいどれだけいるんだろう?

ほんと、笑えますね(^_^)

これは、タダの弾丸ではなく、「超弾丸」と呼ぶにふさわしい。

 

さて、ギリシアといえば、本当にそこらじゅうに古代遺跡があって、たった3日でどこを見るのかは、しっかりと予習してから訪れたほうが効率がよさそうです。

エーゲ海に浮かぶ島にも行ってみたい

エーゲ海には、ほんとにたくさんの島があり、それぞれに遺跡や観光地があるようですが、もっとも有名なのは「一生に一度は訪れたい」などと称されるサントリーニ島でしょうか。

そんな美辞麗句的な枕詞がつくと、逆に興味がなくなってしまうへそ曲がりな私。

あれこれ物色したあげく、最終的にクレタ島を訪れる気に。

クレタ島は、エーゲ文明発祥の地として、そもそも前から行きたかったし、アテネから飛行機の便がかなり出てるので、アテネから早朝発の夜帰着の日帰りプランが可能だったので、3日の日程の中日に組み込みました。

 

ところで、ターキッシュエアラインズのアテネ到着はおあつらえ向きの8:40。

この好条件を逃してはならぬと、アテネ空港に到着したら、その足で郊外の遺跡に向おうを目論んでいます。

ギリシアの世界遺産はミケーネ、デルフィなどいっぱいありますが、今回はデルフィをチョイス。

デルフィというのは、アテネから200キロ近く内陸に入った世界遺産で、山の斜面にへばりつくような遺跡や町並みに興味を引かれ、行ってみようと思ったのがきっかけ。

このデルフィに行くには、アテネからのツアー参加が一般的らしいですが、バスで行く場合、アテネ中心部の北に位置する「リオシオン・バスターミナル」を10時30分に出発するバスに乗る必要があります。

ターキッシュエアラインズのアテネ着は8:40。空港から、リオシオン・バスターミナルまではバスで1時間強。

はっきりいってギリギリで、荷物は機内持ち込みにして、荷物が出てくるまでのタイムロスも回避する必要あり。

アテネの空港に降り立って、そのままデルフィ行きのバスターミナルまで行けるか。

旅の初っ端から弾丸ですね(^^)v

というわけで、今回の旅は予習は十分にしたつもりです。

ターキッシュエアラインズ フライトスケジュール

 航空会社便名フライト

乗継ぎ時間

往き

ターキッシュ

     エアラインズ

TK53

成田21:25 ⇒ イスタンブール3:35

3時間20分
TK1845

イスタンブール7:15 ⇒ アテネ8:40

 

帰り

ターキッシュ

     エアラインズ

TK1844

アテネ22:25 ⇒ イスタンブール23:55

1時間45分
TK52

イスタンブール1:40 ⇒ 成田19:10

 

これは、もうベストフライトと言っていいくらいの、非のつけどころがないスケジュール。

会社を退社してから成田に向かい、翌朝アテネ到着。帰りもアテネを1日歩き回ったあと、飛行機に乗り込み、出勤前夜に帰国。

ターキッシュエアラインズは、ANAマイルもたまるし、現役世代の忙しいサラリーマンの味方です。

 

ところで、旅費は航空券にホテル代、現地の飛行機代などを含めて12万円強。

3日で割れば、1日約4万円。

ギリシア帝国を3日間、1日4万円で味わえるなんて、私としては超お買い徳だと思います。

それに、ターキッシュエアラインズは機内食もおいしいし、ワインもおいしい。

おカネと時間は、有意義なうちに有意義に使うものだよね。

では、歴史と遺跡と、経済危機の国?ギリシアへ行ってまいります!

タイトルとURLをコピーしました