【深夜特急】を振り返る写真旅 #私の深夜特急【香港〜マカオ編】

「深夜特急」といえば旅人のバイブル。

説明の必要がないほどの、沢木耕太郎さんのユーラシア大陸紀行ですが、まだ読んでおられない方のために簡単に説明すると、

  • 26歳の沢木さんが、酔狂な旅がしたくなり、デリーからロンドンまで乗合バスで目指す旅を思いつく。
  • デリーまでの格安航空券をブッキングすると、それは香港とバンコクでストップオーバーできるチケットだった。
  • 机の中の1円硬貨までをかき集め約1,900ドルを作り、まずは香港に向かって旅立つ。

こんな感じで、香港からタイ、マレーシア、シンガポールと渡った後インドに飛び、デリーからはバスでロンドンを目指す。

まだ海外旅行が一般的でない時代に、バックパッカーとしてアジアからヨーロッパを目指すスタイルは、多くの旅人を惹きつけたノンフィクションでした。

私もその一人で、もし学生時代にこの本に出会っていたら、とんでもないことになっていたと思う。

間違いなく、人生狂っていたと思います。もちろん悪いほうにね(笑)

 

ところで、昨今の旅行に出かけられないご時勢。

退屈しのぎに、自分のブログを見返していて気がついたことが一つ。

私は、知らず知らずのうちに、「深夜特急」を追い求めて旅をしていたということ。

今まで訪問した海外の町114ヶ所のうち、「深夜特急」で沢木耕太郎さんが訪れた町は26ヶ所。

およそ、4件に1件が「深夜特急」聖地巡礼だったことに、自分でも驚きました。

そこで、大変恐縮なのですが、「深夜特急」を追いかける写真の旅、というのを思いついてしまいました。

すなわち読書感想文ではなく、「深夜特急」の名シーンと、旅から40年経過した写真で、当時を忍んでみたいなと思ったのです。

(2ページに分かれています)

新潮文庫の粋な企画「#私の深夜特急」

そう思っていたところ、新潮文庫さんが、なかなか粋な企画をされましたよ。

名付けて「#私の深夜特急」。

500万部突破記念 #私の深夜特急 キャンペーン | 新潮社
『深夜特急』(全6巻、新潮文庫)を読んで、作品への想いを #私の深夜特急 をつけて投稿してください。抽選で50名様に沢木耕太郎さんのサイン入り「深夜特急オリジナル・トートバッグ」をプレゼント!

ツイッターで、#私の深夜特急というタグをつけて、『深夜特急』への想いを投稿すると、抽選で50名に、沢木耕太郎さんのサイン入り「深夜特急オリジナル・トートバッグ」があたるというもの。

抽選に当たるかどうかは別として、「深夜特急」の旅を振り返るには絶好の企画じゃないですか!

 

うれしくなって、ツイートしてみると、なんとリツイートされてしまった(゜o゜)

 

新潮文庫さん、ありがとうございます!

では、さっそくいってみましょう。「深夜特急」を読んでからというもの、行きたくてたまらなかった香港から。

重慶大厦(チョンキンマンション)

啓徳空港はもうなくなってたけど、重慶大厦はまだ健在。

沢木さんが、右も左もわからない香港に降り立ち、最初に泊まったゲストハウス。

この人種のるつぼとも言える「重慶大厦(チョンキンマンション)」には、ぜひとも泊まってみたかった。

狭い部屋に身体を運びいれ、窓枠から外れそうな窓をこじあけたとき、隣接するビルの圧迫感に胸が躍ったのを、いまでも覚えてます。

ネイザンロード

沢木さんが、香港の街をはじめて歩きだした香港・九龍のメインストリート。

香港でもっとも活気があるストリートの一つで、往来する無数の2階建てバスの動きを観察しているだけでも旅心地がわいてくる。

当時のネイザンロードはどんな感じだったのだろうか。

タイトルとURLをコピーしました