アルゼンチンから帰っての日々

ブログをはじめて、半年がたちました。

最初は、どんなもんだろうと、軽い気持ちで始めましたが、旅の日記を書いているみたいで、こんな便利なものはない気がしてきました。

人間の記憶なんて、時間とともに薄れゆくもの。
画像と、自分の書いた文章を照らしてゆけば、その時の情景ぱあーっ、広がります。

そして、読んでいただいた方に少しでも参考になれば、一石二鳥。

今までは、facebookに投稿したり、写真をプリントアウトしてアルバムに貼ったりしてましたが、ブログの方が断然いいですね。これからも、続けたいと思います。

 

ところで、旅行先で手に入れたチケットやらパンフレットやら、レシートなど。
みなさんは、どうされていますか?

DPP_6323

私は、上の写真のように、スクラップブックに貼り付けて保存しています。
あんまり順序にこだわらずに、とにかく、ペタペタと。

すると、何のチケットだったか、思い出せない場合があります。

で、一生懸命考えます。「この15シュケルって、なんだったっけなあ・・・」
書いてある文字がヘブライ語なんかだと、日付と金額だけで推測することになります。

そして、「おおーッ! エイラットで乗ったバスじゃん!」みたいに思い出すと、
もう楽しくなって、旅の記憶って財産そのものだよな、なんて哲学的な考えにふけることになります(笑)

レシート見てるうちに、「あれっ、これって、ボラれてるんじゃない??」
その時は、暗算で計算間違いしてたってことにも気がつきます(#^^#)

 



そんな風にして、余韻を楽しみながら、アルゼンチンの旅で発生した膨大なレシートや、チケット類を整理していた日常のできごと・・・

DPP_6325

「楽天カード」から電話がありました。それも、午前5時・・・(当然、留守録)

セキュリティセンターからだったので、朝、出勤後、すぐ電話しました。

すると、カードの使用状況をモニタリングしていたところ、どうも、不正に使用された形跡があるので、利用を停止しました、とのこと。

「不正に使用された形跡」とは何か? と質問すると、海外の複数の場所から、立て続けに請求が来ているというもの。

おいおい、海外から請求が来ているだけで、利用を止めてしまうんかい? モニタリングしてくれるのはありがたいけど、そりゃ、有難迷惑ってもんじゃないかな、なんて思いながら、担当係の方が読み上げる請求を1件1件確認すると、すべて、私の購買履歴。

よかった、よかった、と、私も担当係もホッとしたのはいいんですが、「利用停止をかけたあと、フェニックスから7百数十円の請求があったんですが、フェニックスにも行かれました?」
まてよ、フェニックスなんて行ってない・・  7百数十円・・・・

 思い出した!!

DPP_6324

アメリカン航空のマイアミ行きの便で飲んだハイネケン! たしか7ドルだった!

うわあ、懐かしい。
ほんの2週間前の、CAがスマホでピッと決済してくれた光景を、鮮明に思い出しました(^-^)

しかし、なんで、フェニックスなんだろ??  スマホで決済すると、スマホのGPSの場所が購買した場所になるとか??  たしかに、あれは、アリゾナの砂漠の上空だったかもしれない。

 

こんな具合に、旅から帰ってきても旅してる気分になれるから、旅はいいもんです。

しかし、時はしっかりと流れています。
アメリカの大統領はトランプに決定し、その後は怒涛の円安!

アルゼンチンに向けて出発したときは101円だったドル円が、一月もしないうちに115円

もっと、ドルに両替しておくべきだったかなあ~

タイトルとURLをコピーしました