中東カタール断交 サッカー界にも影響

こんな記事を見かけました。ちなみに、私はサッカーのこと、何も知らないんですが・・

【国交断絶の影響・・・サウジのアル・アハリ、カタール航空とのスポンサー契約終了】
サウジアラビアの強豪クラブ、アル・アハリが、カタール航空とのスポンサーシップ契約を終了させたことを発表した。クラブの公式ツイッターで伝えている。
報道によると5日、サウジアラビア、エジプト、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンの中東主要国が、テロリズムを支援しているとしてカタールと国交を断絶。カタールの外務省は「断交は不当で、事実無根の主張や疑いに基づいている」との声明を発表したが、各国政府はカタールに派遣していた外交官を撤退させ、国内の空港、港湾からの移動を禁止している。
(出典:[2017年6月6日 SOCCER KING]

原因は、記事の中にもあるように、サウジアラビアなど7カ国が、カタールとの国交を断絶したため。

国交って、こんなにいとも簡単に、断絶できるものなんだろうか。

いったい、カタールはサウジアラビアに対して何をしたのか?

理由は、カタールがテロ組織や過激派を支援しているのが明らかになったための措置だという。

それが事実なのであれば、私には、判断しようがないし、意見の言いようがない。

ただ一方で、カタールが、ペルシャ湾の天然ガス発掘で豊かになっていること、また、そのペルシャ湾の天然ガスをイランと利益共有していることも、理由の一つではないかという分析もあるそう・・・

もう~、まったくって感じです(+_+)

イランとサウジアラビアは敵対関係。そのイランと仲良くする相手は敵だって考え方ですか・・・

私は、政治や宗教は素人なので深入りできませんが、サウジアラビアはそんなことしてなんの得があるんだろう。

サウジアラビアは、私のような遊び人は入国できない国。敬虔なイスラム教スンニ派の国。

今回、カタールとの断交に踏み切った国は、サウジの他、エジプト、リビア、イエメン、UAE、バーレーンなど。

ヨルダンが入ってないし、当然ですがイスラエル、イランも入ってない。
私は、知らぬ間に、中東においてサウジアラビアの反対側の国を旅していたようです。

 

さて、私のような、現役世代弾丸旅行者にとっての影響は??

 

カタールと言えば、3か月前、イランへの弾丸旅行の際、カタール航空をドーハで乗り継いだ国。
ハマド国際空港の深夜でもきらびやかな勢いに素直に好感したものでした。

カタール航空は、機内における安全ビデオがけっこう凝っていて、サッカーのことを何も知らない私でも、見ていて楽しかった。これです↓

DPP_8423

記事には、カタール航空とのスポンサー契約を終了とあるので、これも見納めになっちゃうんだろうか?
ほんと、切ないハナシです。

 

カタールの首都ドーハは、今年の夏の弾丸旅行の際、またハマド国際空港を中継点として利用し、今度は時間があるので、街を歩いてみようと思ってます。

日本人が歩いたところで、何も起きないとは思いますが、きな臭い匂いは困りますね。

そして、行先は、エジプトの予定!  大丈夫だろうか?

無力な現役世代弾丸旅行者は、ひたすら政情の安定を願うのみです。

タイトルとURLをコピーしました