愛機Sony ウォークマンの世代交代 「NW-A45」を買いました

ああ、愛しのウオークマン。ついに壊れちゃいましたか・・・

ひょっとしたら、同類の方も多数いらっしゃるかと思いますが、私は、いわゆるポータブルプレイヤーは、Sonyウォークマン一筋で生きてきました。

長く愛用したNW Sシリーズ

カセットテープの時代から、それこそ愛用させてもらい、旅に出るときには、必ず傍らにいたウォークマン。

ほんとトータル何時間聞いたんだろう、ってくらい聴きまくり、ついに壊れたNW Sシリーズ。

それこそ、イスラエルに行ったときも、

DPP_3135

アルゼンチンでも、

DPP_5609

そして、移動する飛行機の中でも、必ずそばにいて、私を音楽で包んでくれたウオークマン。

DPP_7180

音質よりも、超長時間聴けるバッテリーを優先して、選んだモデルでした。

ウォークマンAシリーズ「NW‐A45」をチョイス

ま、壊れてしまったのは仕方がありませんので、買い替えを検討。  

今回は「音」にこだわり、発売されて間もない、ウォークマンAシリーズ「NW‐A45」をチョイスしました。

これです↓

00004283

もともと、私のウォークマンに対するニーズは、ポータブル性。

つまり、とにかく小さく、軽く、聴ける時間を長く、を追及して選んでいたSシリーズ。

音質にこだわると、どうしてもサイズが大きくなります。たとえば「ZX」シリーズなど。

でも、昨秋発売されたA40シリーズは、それでも、かなりコンパクトで、Sシリーズのとんでもない軽さには及びませんが、納得のいくサイズ&重量でした。

 

まず、機能面でうれしかったのが、全曲シャッフル再生が可能であること。

シャッフル再生は、マンネリ感覚を防いでくれる楽しい機能。

これが、保存全曲に渡ってランダム再生してくれる機能が、私のSシリーズにはなかったんですよね。

00004287

それに、本命の「音」。

これは、もちろん測ったわけではないですが、素人が聴いても、Sシリーズとは比較に及ばないほどgoodです。

私も、それほど詳しくないのですが、ソニー自慢のフルデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載、高ノイズ除去などが施され、DCフェーズリニアライザーにより、アナログアンプと同質の低音を再現可能にしています。

なのでかどうかはわかりませんが、アコースティックギターなどの音質が、すごく向上しているように思います。

(Sシリーズが壊れて、聴き比べができないので、「音質はいいはずだ」と思い込んでるだけかも(笑)

 

その他にも、いわゆる「ハイレゾ」音源が再生可能であったり、mp3音源をハイレゾ相当にする「DSEE HX」が搭載されていたり、音質に関する限り、至れり尽くせり。

それでいて、値段は2万円とちょっと。
Sシリーズだって、1万円くらいはするのに、これは得をした気分になります。

ヘッドホン ソニー「MDR-1A」をゲット

ところで、音質のいいウォークマンを手に入れたことで、ヘッドホンもいいやつが欲しくなりました(^^)v

で、ゲットしたのが、同じくソニーの「MDR-1A」。

これです↓

00004284

密閉型のヘッドホンなので、これをかぶって、音量をそれなりに上げると、完全に外界からは隔離され、幽体離脱状態になります。

Sony「NW‐A45」と「MDR-1A」の組み合わせは最強です!

こりゃ、これからのフライトが楽しみになってきた~

長時間のフライトって、苦痛の方もいるでしょうが、私にとっては、楽しみな時間の一つ。

だって、食事や酒が楽しみだし、眼下の大地や雲海を眺めたり、それこそ、何時間も音楽を聴いていられる。

現役世代の人間というのは、日常生活において、何時間も音楽を聴ける環境は、そうはないものです。

「Amazon echo」との組み合わせで部屋がライブ会場に

Sony「NW‐A45」と「MDR-1A」の組み合わせは、私の音楽ライフを変える出会いでしたが、思わぬ副産物がもう1つありました。

この「NW-A45」は、Bluetooth接続時の音質をUPさせる「aptX」対応モデルになっています。

でも、私は、Bluetoothのイヤホン持ってないし、あんまり関係ないかなと思っていましたが・・・

 

数週間前に、私の部屋に登場した「Amazon echo」。

 

これ、Bluetooth接続で、外部からの音源をスピーカーとして楽しむことができます。

「アレクサ!ペアリング!」

と話すだけで、あっという間に、ウォークマン「NW-A45」と「Amazon echo」がドッキング。

はっきり言って、超いい音です(^^)v

00004288

正直、大音量で音楽を流していると、ご近所から苦情が来るんじゃないかと心配するほどの高音質。
(おおげさですね・・)

Bluetoothで、データをやり取りする場合、本体の性能ではなく、データ伝送量の影響の方が大きい。

「NW-A45」は、「aptX」に対応しているため、超クリアな音質となるというカラクリ。

「Amazon echo」の0.6インチ ツィーターと2.5インチのウーファー。
そして、360度全方位から聞こえる「Dolbyデュアルスピーカー」。

とても、Bluetooth接続とは思えぬ、サラウンドスピーカーさながらの、音のシャワーの中にいるようです。

 

旅行中だけでなく、旅行の計画を立てているときも、高音質に包まれる生活がはじまりました。

 

ひょっとして、超コスパな買い物をしてしまったかな(笑)

タイトルとURLをコピーしました