ダナン郊外 五行山(グーハイン・ソン)の登頂【ベトナム旅行記 #5】

早起きは三文の徳を実感。

ホーチミンから飛んできて、列車のチケットを確保し、海辺を散歩してもまだ午前9時半。

そして、30分ほど、ホテルの部屋でお昼寝(笑)

ほんとは、暑くなる前に行動した方がいいんだけどね。10時になって外に出ると、もう十分暑くなってました。

DPP_11959

ピンク色のダナン大聖堂

さて、今日の予定は、ここダナンに近いホイアンという街に行って、朱印船貿易で栄えた世界遺産の旧市街を巡るのが主目的。

でも、時間はたっぷりあるので、途中、五行山(グーハイン・ソン)というところに寄ろうと思いました。

ダナンという街も五行山というところも、「地球の歩き方」を買って初めて知った地名。なにか、発見でもあるでしょうか。

五行山は、ホイアンへ行く通り道にあり、バスで30分ほど。

そのバス停はダナン大聖堂前を通るというので、タクシーで大聖堂まで行きました。

タクシーで、五行山まで直接行ってしまってもそれほど大した出費にはなりませんが、まあのんびり行きましょう。

DPP_12141

ピンク色の鮮やかな外観。フランス統治時代に建てられたとのこと。

仏教国に忽然と現れるカトリック教会に、ちょっとびっくりしますが、キリスト教徒も国民の9%ほどはいるようです。

DPP_12150

キリスト教の教会は、どの国も似たようなものですが、洞窟を模した礼拝堂もありました。

DPP_12143

DPP_12146

DPP_12149

バスで五行山へ

軽く散歩して、暑さに耐えきれなくなってきました。

そろそろ、バスで五行山に向かうことにします。

DPP_12153

バス停はすぐ見つかりましたが、待っている人に「グーハイン・ソン(五行山)?」と聞いても通じず。

なんと日本の方でした。いやあ、参った、参った、超ヘタな発音で行先をたずねるマヌケさ加減・・・

でも、言い訳じゃないけど、ベトナム人って、ほんと日本人によく似てます。

DPP_12152

待つほどもなく来たバスは満員。

車掌さんに20,000ドン(100円)払って乗り込むと、持ち込まれた荷物の上に座れ、と言われました

勝手に人の荷物の上に座っていいのかな?

DPP_12156

旅してて楽しいことの一つが、地元の人たちが使う交通機関に乗ること。

生活の様子が、ばっちりわかります。

DPP_12158

ここダナンも、ホーチミンとまではいきませんが、激しい交通ラッシュ。

DPP_12159

冷房はなく暑いです。

でも郊外に出ると、バスはスピードを上げ、窓から風が入ってきます。

DPP_12164

よく見たら、フロントガラスに、ダナン-ホイアンと書かれていました。

DPP_12172

車掌さんにお願いしておいたので、五行山に着いたら教えてくれました。

ここまで運んできてくれた黄色いバスにお別れ。

DPP_12175

さて、どこへ行けばいいのでしょう。

DPP_12177

どうやら、こっちらしい。
バスで来る人は少数派? 周りには、ほとんど人がいません。

DPP_12178

仏像やさんが立ち並ぶ通りをテクテクと。

DPP_12182

DPP_12183

炎天下の五行山登頂

どうやら、ふもとに着いたようです。いやあ、しかし暑いな。

DPP_12186

なにがあるのか知らずに来た五行山ですが、一応チケットを買います。

DPP_12188

料金は40,000ドン(200円)。

DPP_12190

五行山とは、五つの山から出来てるから。大理石でできていて、マーブルマウンテンとも呼ばれてるそうです。

数字の場所は、見どころかな。

DPP_12192

さて、当然ですが、山登りになります。

いっきに汗が吹き出します。こうなることは覚悟してました(笑)

DPP_12191

下っていく人たちがうらやましい。

DPP_12194

休み休み登ります。日陰はけっこう涼しかったりします。

DPP_12196

一応、あれが山の中腹かな。

DPP_12200

そんなに高い山ではありませんが、暑いのでバテます。

DPP_12201

DPP_12204

子供のころ、意味も分からないまま、よく霊山に登らされましたが、そんなはるか彼方の記憶を思い出します。

DPP_12207

DPP_12208

展望台です。

DPP_12211

DPP_12212

えーと、あっちが、バス停の方角かな。

DPP_12214

むちゃくちゃ暑いんだけど、建物の中とか、日陰に入ると涼しく感じる不思議。

DPP_12220

DPP_12222

DPP_12223

峠の茶屋で一休み。

DPP_12225

 

まだ、上があるんですか。

DPP_12228

洞窟でした。「地球の歩き方」によると、1968年の米軍の爆撃であいた穴らしい。

こんな険しいところまで登って、信仰していたんですね。

DPP_12232

欧米の人たちは、どんな感じにこういう風景を見ているんでしょう。

DPP_12235

神秘的な雰囲気です。

DPP_12238

ヘブンゲートですか。すごい名前。

DPP_12240

さらに上り坂がきつくなります。こりゃ、休みながらでないと、ダメだ。

DPP_12241

おおー、眼下に広がる南シナ海。標高は100mそこそこだけど、いちおう達成感。

DPP_12242

一瞬、疲れを忘れさせてくれます。そして、暑いけど、涼しい風。

DPP_12244

さて、下りますか。けっこうな急坂。気をつけないと。

DPP_12247

休みながらふもとまで戻ってきました。やっぱり観光客はツアーで来るんだね。

路線バスなんぞで来た人は、何人ぐらいいるんだろう。

何しに来たのかよくわからなかった五行山でしたが、これも旅です(笑)

DPP_12257

身体から噴き出る滝のような汗
常になにか飲んでないと、身が持ちません。

DPP_12263

タイトルとURLをコピーしました