【ドバイ】10日目(その4) ANAプレミアムエコノミーで疲れを癒す帰国フライト

5時間半ぶりに舞い戻ってきたドバイ国際空港。乗り継ぎ時間が7時間半もあれば、ブルジュ・ハリファを見上げ、ドバイモールでランチ、そしてアル・ファヒディを歩いてドバイ旧市街の雰囲気を味わうことができると証明されました。

わずか5時間半の上陸でも、立派なアラブ首長国連邦への入国。この11日間の旅で、足掛け5カ国目となるUAEの観光も無事に終え、あとはデリーを経由して帰国するだけです。

とりあえずは、ちょっとした達成感ですね。

ドバイ国際空港第3ターミナルのひととき

デリー行きはエミレーツ航空。ここはエミレーツ航空専用の第3ターミナルです。

ヘルシンキで、ドバイ経由デリー行きのチケットを発券してもらってますから、チェックインの必要はありません。

イミグレーションにまっすぐ進み、出国します。同日中の入出国なんてまったく珍しくないらしく、あっさりスタンプポンです。

 

エミレーツ航空デリー行きは、ゲートがわかりませんでしたが、たぶんBかCだろうと上に上がります。

まず目指すはプライオリティパスが使えるラウンジです。

ここドバイ国際空港の第3ターミナルには、Marhaba Lounge(マルハバラウンジ)というプライオリティパスが使えるラウンジがコンコースCにあります。

   

きらびやかなドバイ空港を楽しみながら、ラウンジを探します。

早くラウンジに入って、シャワーを浴びたい。

その前にゲートを確認しておかなくちゃ。デリー行きはC7です。

Marhaba Lounge(マルハバラウンジ)はC21付近にあるとのことなので、近くて助かりました。

さて、C21はどこかな。とてつもなく広いドバイ空港。

Marhaba Loungeの文字を見つけました。けっこう歩きました。冷房の効いたコンコースの中でも汗をかいてます。

 

Marhaba Loungeのシャワー&ビール&つかの間の休息

さて、プライオリティパスを提示して入室します。

 

さっそくシャワールームへ。ほんと大げさでなく、わずか5時間で、北欧8日間の10倍くらいの汗をかきました。

ここで、若干の誤算が。

アメニティが揃っていたのはいいんですが、着替えがない。

当たり前です。だって、荷物はヘルシンキからデリーまでスルーですから。

うっかりしてた、というより対処の方法なかったですね。

なので、シャワーを浴びてさっぱりしたのはいいけど、また同じシャツを身にまといます。

まっ、仕方ない。

シャワーを浴びて、人心地ついて、飲食コーナーへ。

  

いまはお腹すいてませんが、一通りのメニューはありそうですね。

 

サンドイッチやパンも。

イスラム国家なのにお酒があるのはありがたい。

シャワーを浴びてすっきりはしてますが、のどはカラカラ。ビールをゴクッといかせていただきます。

いやあ、タダのビールは旨い(笑)

ビールで気分がよくなったら、しばし休憩です。

 

旅の道中で、こうして疲れを癒せるラウンジ。

ラウンジなんて高嶺の花なんて思ってましたが、プライオリティパスを手に入れてから、世界が変わりました。

プライオリティパスは、楽天プレミアムカードなどに入会するだけで、無料で手に入りますよ。

旅好きの方であれば、おススメです。

 

ドバイ ⇒ デリー ⇒ 成田 帰国フライトスケジュール

日付航空会社等便名スケジュール乗り継ぎ時間
8/11(日)

エミレーツ航空

EK514

ドバイ15:25 ⇒ デリー20:20

4時間50分

8/12(月)

ANA

NH828

デリー1:10 ⇒ 成田12:55

(プレミアムエコノミー)

 

さて、ここドバイから、乗り継ぎ時間も含め15時間以上かけて日本に帰国です。

11日間の旅も終演を迎えていますが、最後にプチ楽しみなのが、マイルで手に入れたANAのプレミアムエコノミー。

食事はエコノミーと同じらしいですが、足もゆっくり伸ばせるシートに期待が膨らみますね。

エミレーツ航空 ドバイ ⇒ デリー

さて、ボーディングが迫ってきました。

往きもそうでしたが、ドバイとデリー間のフライトは、パキスタン上空を飛ぶコース。

治安面でなかなか行くことのできないパキスタン。大地くらい眺めることができるだろうか。

デリーまでは、2,187km。2時間51分の旅です。

エミレーツ航空の機内安全ビデオ。

 

飛び上がり、ドバイ自慢のマリーナを見下ろします。

ブルジュ・ハリファに登ったとしても、たぶん熱気と湿気でこんな感じの眺望だったろうな。世界一の高層ビルの真下まで行って、登らないのはある意味残念だったかもしれませんが、そのぶん、ドバイの街をいろいろ見れたので正解だったと思います。

ドバイは、トランジットでまた来ることあるかな。それまでさようなら。

3時間弱のフライトなので、すぐに機内食です。

 

往きは、オムレツにコロッケだったけど、今度は何かな?

おお、レーズン入り炒めライス。中東らしいメニューですね。とてもおいしかったです。

旅を重ねるにつれ、私も厚かましくなってきた。

まだ、のどが渇いてるのでハイネケン。そして赤ワインも。でもエミレーツのCAは、にっこりして注いでくれます。

結局、パキスタンの大地は見えないままデリーへ。

 

デリー国際空港でのひととき

デリーでの乗り継ぎ時間は4時間50分。デリーでは入出国のイミグレ手続きがあるし、フライトが遅延でもしたらと、4時間50分の乗り継ぎ時間を確保するためエミレーツを選びましたが、無事に飛行機が定刻に着いてしまえば、時間をもてあましますね。

トランジットなんて、そういうもんです。

9日前にも見た光景。デジャブを感じます。

PLAZA PREMIUM LOUNGEで再びシャワー

トランジットビザで、無事にインド入国を果たし?、はるばるヘルシンキから飛んできた荷物を受け取って、アライバルエリアにあるラウンジによります。

PLAZA PREMIUM LOUNGE。

もちろん、プライオリティパスで入れるラウンジで、1年半前にインドを旅したときも、このラウンジで一夜を明かしたことがあります。

このラウンジにやって来た目的は一つ、シャワーを浴びるため(またかよ・・)

ドバイ空港のラウンジで、4時間前にもシャワーを浴びれはしたんですが、着替えてないんです。

今度は、めでたく荷物を受け取ってますから、洗いたてのシャツに着替えることができます。

この光景を見て、またデジャブりました(笑)

1年半前と同じ光景(当たり前だ)

1年半前も、このラウンジで、こうしてシャワーを浴びて、バラナシの町を歩いて染み付いたホコリや、火葬の煙を洗い流したんですよね。

懐かしすぎて、感動してしまいました。たった1年半前のことなのに!(^^)!

さて、今度こそスッキリして、出発ホールに向かいます。

これは、アライバルエリアから出発ホールに向かう途中のプラザプレミアムラウンジ。

こっちのラウンジは、まだ使ったことないな。

 

9日ぶりに見るゾウさん。こんばんは!

フライトを確認。ANA NH828便成田行きは予定通り1:10のフライトですね。

それにしても、見てください。このANA便のあとのフライトを。

チューリッヒ、モスクワ、ニューヨーク、ロンドン、ドーハ、クェート、シカゴ・・・

世界中の主要都市と結んでいる、この、銀河鉄道999のヘビーメルダー・トレーダー分岐点にいるような感触、なんともいえません(^_^)

私は、実はこういうのを見るだけで、フワッと幽体離脱を感じてしまうようなヘンな人間です。

それにしても、デリーからニューヨークなんて、とんでもなく長距離なフライトだ・・

さて、気を取り直して、ANAのカウンターでチェックイン。

プレミアムエコノミーは、ビジネスクラスのカウンターでVIP扱いで処理してくれました。

プレミアムエコノミーの15Aというのは、どんな席なんでしょうか。旅の最後まで楽しみが尽きません。

ANAと提携? ITC HOTELS GREEN LOUNGE

ところで、発券されたチケットと一緒にラウンジ利用券をいただきました。

やった、ラッキー! ANAのビジネスラウンジかな、と期待しながら券裏面の地図を頼りに進んでいったら、なんと往きにも利用したITC HOTELS GREEN LOUNGEでした。

プライオリティパス保有者でも入れるラウンジを紹介いただいても、喜びは半減だな~

ANAと提携してるのかな。

でも、混んでいても、その利用券を見せると、すぐに中に入れてくれました。そのとき利用券は回収されてしまったので、写真に収めていません。

 

往きにも利用したので、またデジャブの到来。

でも、お腹すいてますからカレーをいただきましょう。カレーの種類は往きはチキンでしたが、今回はマトンでした。

これが、けっこう美味しいんですよ。カレー好きの人間にとっては、インドはいいよね。

もちろんワインもいただきます。

ノンベジのサンドイッチもいただきました。

もうすぐ旅が終わってしまうので、ぎりぎりまで居座らせてもらった、ITC HOTELS GREEN LOUNGEでした。

 

ANAプレミアムエコノミーの乗り心地

さて、今回の旅の最終ランナー、ANA機に乗り込みます。

プレミアムエコノミーもビジネスと同じく優先搭乗させてくれました。

これが、プレミアムエコノミーですか。

たしかにビジネスではなく、エコノミーの延長のような感じだけど、シートも倒れそうだし、足も伸ばせそうです。

私の席は窓際。最前列シートなので、さらに開放的です。

ただ、実際に座ってシートを倒してみると、意外に倒れない?

いや、ほんとに意外。ほとんどエコノミーと変わらん、そんな感じです。

やっぱり、エコノミーの延長といった感じですね。今回はマイルで乗ってますが、おカネ払っては乗らないかな。

 

私の席の前方は、ビジネスクラス。

 

定刻にフライトです。11日間の旅を終えて、無事に家に帰れそうです。そして、翌日から出勤(笑)

成田まで7時間半。プレミアムエコノミーの旅。

 

通過するだけとなってしまったデリーの街の灯り。

やっぱり疲れてたのかな。飛び上がってすぐ注がれたワインを飲んだら、ぐっすり眠ってしまいました。

シートは深く倒れなくても、足を思いっきり伸ばせる最前列だったので、疲れが癒されます。

記憶が定かでないけど、何杯かおかわりをいただいたような気がします。

そして、これははっきり覚えてるんだけど、ワインのコップを持ったまま眠ってしまって、こぼしてしまったんだよね(#^.^#)

タオルを何枚も持ってきてくれたCAさんに、多大な迷惑をかけてしまいました。

もう一度ぐっすり眠り、目を覚ますと、朝食が配られていました。

まだ日本に着いてないけど、和食を食べて、一足先に帰国した気分。

 

そして、わが家の地元千葉県の大地が見えてきました。

5カ国を訪れた今回の旅。印象が若干混乱しています。

しばらくは、大量に撮った写真を整理しながら、ブログを更新することになりそうですね。

なにはともあれ、無事だった今回の旅に感謝です!

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました