【スウェーデン】2日目(その2) 「水の都」ストックホルムの街歩き

いよいよスウェーデンに入国。北緯59度20分のストックホルムの街を歩きます。

今まで訪れた町で最北はモスクワの北緯55度45分ですから、そこから14度近くも北に位置する街。

東京から北に向かうと、樺太を飛び越え、オホーツク海もまたぎ、ロシア大陸の、ちょうどその海の名となっているオホーツクという町の辺りに、該当します。

今日、といってもすでに午後2時ですが、今日と明日はストックホルムに滞在し、「水の都」とうたわれた美しき北欧最大の都市を歩いてみたいと思います。

イミグレーション&両替

私をここまで運んでくれたエミレーツ航空の旅客機

入国審査は簡単に終わるかな、とタカをくくっていましたが、とんでもない。けっこう1人1人に時間をかけています。到着機がドバイからであったのも影響してるのでしょうか。

全然行列が進まず、通過するのに1時間近くかかってしまいました。

私自身は、スウェーデンに入国したあとのルートを少し聞かれただけで、めでたく入国です。

スウェーデンで、訪問国33カ国目となりました!(^^)!

そして、両替です。

今日と明日、ほぼ丸1日しかいないスウェーデン。いくら両替しておけばいいのか、皆目見当がつきません。

このあとノルウェイに行っても、このスウェーデンクローナで両替すればいいやと、日本円の1万円札を1枚差し出し、840クローナほどを受け取りました。

1クローナが11円くらいのレート。100クローナ紙幣の女性が、なんか魅惑的ですね。

ところが、そんなのんきな話ではなく、このあと、スウェーデンを含めた北欧3カ国の物価の高さを、とことんまで思い知らされることになります(笑)

空港バスでストックホルム シティ・ターミナルへ

空港の外に出ました。まずは市内に向かう必要があります。

ストックホルムは、鉄道の「ストックホルム・セントラル」駅と、バスの「シティ・ターミナル」が隣接していて、市街の見どころもそこから広がっています。

なので、本日のホテルは、「ストックホルム・セントラル」駅近くのビジネスホテルを押さえてあります。

空港を出ると、かんたんに空港バスで行けそうだったので、バスで行くことにしました。

バスストップに券売機があったので、クレジットカードを挿入して購入。市内までなんと119クローナ(1309円)です。高い・・・

バスは、半分くらいの乗客を乗せて出発です。と、思ったら、隣のターミナルで再び停車し、ほぼ満席になりました。

空港から市内への移動は、バスがメジャーなのかな。市内までは約1時間です。

初めて見る北欧の大地。

バスは、きちんと整備された高速道路を南下します。

そして1時間ほどで、シティ・ターミナルに到着。時刻はすでに16時近くになっていますが、空はまだ明るい。

バスを降りて、とても爽やかな空気に囲まれます。

気温は20度くらいでしょうか。ほんとに爽やか。初訪問の街に降り立って、こんな爽やかな空気に包まれたのって、初めてのような気がする。

キャリーをゴロゴロ転がして、ホテルの方に向かうと、なにやら騒ぎが。

私は「ストックホルム・セントラル」駅から続く陸橋の上にいるんですが、その下でなにやらパレードが行われているようです。

珍しいことなのか、地元の人たちも見学。

私のホテルは、この下の、まさにパレードやってる道路沿いにあります。下に降りましょう。

 

下の道路では、さらに騒ぎがデカくなってました。

けっこうノリがいいんですね、スウェーデン人って。

「セントラルホテル」にチェックイン

これが今夜のホテル。「ストックホルム・セントラル」駅の駅前通沿いの、その名も「セントラル・ホテル」。

なんか、やっぱりTHE欧米は外観が違うよね。

チェックインは、パスポートの確認もなく、名前を言うだけ。すぐにカードキーをくれました。これが北欧流なのかな。

あのパレードは、only today とのことでした。

欧米系ホテルで、シングルベッドは久しぶり。

 

4kぐらいのワンルームマンションのようです。

ホテル代は9,000円。少々高いですが、立地のよさを考えたらgoodでしょう。

すぐに街歩きに行こうとも思ってましたが、現在17時。日本時間は0時。

日本から、足かけ30時間もかけてたどりついたストックホルムです。さすがに疲れました。

少しまったりします。日没が21:10ということは、22時ごろまでは明るいかな、さすが夏の北欧だね。

 

初めて歩く「水の都」ストックホルム

さて、体力も回復し、日が沈むまで、ストックホルムの街を探検しましょう。

ストックホルムの見どころともいえる旧市街「ガムラ・スタン」はここから徒歩圏内ですが、これは明日の観光の楽しみにしています。

今日のところは、運河沿いに歩いて、ストックホルムの街の表情でも眺めますか。

Tシャツに薄いブルゾンで外出です。こんなに気温が高いとは思わなかったな。

日本からはるばる持ってきた皮のコートは使わずじまいかな、なんて頭をよぎりましたが、それは早計というものでした。

一見しただけでヨーロッパとわかる雰囲気です。

 

ホテルのすぐ近くに、「ストックホルム・セントラル」駅の入り口がありました。しかも、隣にはセブンイレブンがあります。

明日は夕方の列車で、ノルウェイのナルビクに向かいます。

出発前に、サンドイッチとかおつまみを仕入れられますね。

カッコいい、「ストックホルム・セントラル」駅の駅舎。

ビルの隙間から見えたのが、地図によるとクララ教会。

そして、地下道をくぐって見えたのが市庁舎。うわ、逆光だ。

 

ぶ厚い壁をくぐって、市庁舎の中庭へ。

このストックホルム市庁舎は、ノーベル賞授賞祝賀会が毎年開かれていることで有名。

その黄金の間などには、ガイドツアーでないと入れないらしいので、明日入ってみる予定です。

今日は、外見だけ鑑賞。

スウェーデン人の建築家ラグナル・オストベリ氏の設計とのこと。

 

明日じっくりみる予定なので、さらっと見て運河沿いの公園へ。

この運河は、地図によるとリッダーフィヨルド。これも、フィヨルドなの??

ということは、フィヨルド初対面? いや、アルゼンチンで見たかな・・

でも、WEBの情報によると、メーラレン湖とある。湖なのか。

運河をはさんで向こう岸が、ストックホルムの旧市街「ガムラ・スタン」。

明日、目いっぱい歩き回るつもりです。

 

今日のところは、この運河に沿って散歩。

 

スウェーデン人たちの表情を眺めながら。

北緯59度のストックホルム。日照時間が18時間を越える8月は、19時でもこんな感じです。

 

運河を渡る風も爽やか。 

 

市庁舎は、観光名所でもあり、市民の憩いの場でもあるようです。

まさに、「水の都」ストックホルムっていう感じですね。

たしかに、今まで旅していて、こういうアクアに満ちた爽やかな風景に出会ったことはありません。

ストックホルムとは、「ストック」=丸太、「ホルム」=橋でつながれた小島、という意味だそうです。

東京から直線距離で8,163km。スウェーデンの首都ストックホルムにいることを実感。

飛行機に乗るだけで、簡単にこんなところに来れる。ほんとに、すごい時代だと思います。

では、市庁舎の裏庭を後にし、運河沿いに東に歩いてみるとします。

おお、あれは、さっき見たクララ教会ですね。

タイトルとURLをコピーしました