古き良き観光スポット チャイナタウンの散歩【シンガポール旅行記 #5】

シンガポール一人旅3日目の朝。

今朝は少し朝寝坊して、疲労を回復させました。昨日のマラッカは、とにかく暑かった。

今日も暑いと思いますが、旅の最後の日なので、炎天下の中、がんばって歩き回ります。

アラブストリートとマリーナベイは歩いたので、今日はチャイナタウンとリトルインディアを回ってみようと思います。

羽田行きのフライトは22時だから、タイムリミットは18時くらいかな。

ホテルをチェックアウトして荷物を預け、まずは、スタバでブラックコーヒーとサンドイッチの朝食です。

DPP_1114

MRTでチャイナタウンへ

地下鉄でチャイナタウンへ向かいます。

ホテルのあるブギス駅からはMRTの東西線。そしてアウトラムパークという駅で乗り換えて一駅でチャイナタウンです。

乗換えが面倒なら、ラッフルズプレイスから歩くこともできそうです。

すなわち、チャイナタウンは、マリーナベイと目と鼻の先なんですね。

そもそも、シンガポールは、以前はオール・チャイナタウン。

それが、だんだん外側から開発が進んで、今の場所が残ったということですから、マリーナベイとチャイナタウンが近いのもうなずけます。

地図だと、MRTのチャイナタウン駅の右側に広がるエリアがチャイナタウンです。

今日は土曜日なので、ラッシュはありません。

そのかわり、レジャーに出かけるぞっぽい乗客もちらほら。駅も車内もきれいですね。

DPP_1093

車内もまったりかな、と思いきや、シンガポールも徴兵制((+_+))

ご苦労様です。

DPP_1095

チャイナタウン入り口の駅で地上に出ました。

DPP_1057

反対側を見れば、高層ビル群。

DPP_1058

どうやら、ここからチャイナタウンになるようです。

DPP_1059

パゴタストリートから眺めるチャイナタウン

駅からチャイナタウンへ続く、パゴタストリートを歩いてみます。

DPP_1060

「地球の歩き方」によれば、都市開発が大きく進んだシンガポールでは、チャイナタウンが次々と縮小し、この一画だけになってしまったとのこと。

政府は、観光資源保護の名目で、この一帯はチャイナタウンとして、保護開発されているそうです。

DPP_1061

早朝から、観光客で活気づいています。

DPP_1062

たしかに、チャイナタウンというよりは、観光地といった感じです。
諸外国からの観光客もたくさんいます。

パゴタストリートは、チャイナタウンというより、お土産屋さん通り、という感じです。

パゴタストリートの出口まで来ました。

チャイナタウンを中国語で書くと牛車水なんですね。

向こう側に見える奇抜な塔は「スリ・マリアマン寺院」。

中国とは特に関係のないヒンズー教寺院です。

さて、厚くなってきました。どこかで休憩したい。

DPP_1064

この店が入りやすかったので、しばし休憩です。

DPP_1065

DPP_1099

真昼間からビールですか。いい御身分です。(*^^)v

だって、砂糖が入っていない飲み物のオーダーの仕方がわからないんですから。

まあ、土曜日ですから大目に見ましょう。

ビールを飲みながら、道行く人を眺める、至極幸せな時間です。

DPP_1068

ビールを2本ほどいただいて、ほろ酔いでチャイナタウンを散策。

DPP_1070

少し酔っ払ってしまって、どこをどう歩いているのかわからなくなってしまいました(笑)

DPP_1071

でも、見知らぬ町を、あてもなく歩くのは気持ちいい。

DPP_1072

よく見たら、頭上にはフードがありました。

そういえば、シンガポールに来てから、一度もスコールに出くわしてないですが、突然のスコールの際には、あの屋根は重宝するでしょう。

DPP_1073

屋台も盛大に並んでいます。夜になったら、もっと賑わうことでしょう。

DPP_1074

私も何か食べようかなとも思いましたが、このあと訪れる予定のリトルインディアでカレーを食べる予定なので、自重します。

でも、ものすごくいい匂いが漂っています。

DPP_1076

では、そろそろ、リトルインディアに向かいますか。

タイトルとURLをコピーしました