【秋の奈良一人旅 #2】「花の御寺 長谷寺」真言宗豊山派の総本山

さて、早起きして、自宅のある千葉から奈良県桜井市までやってきました。

今日明日と、週末をゆるく使って奈良のお寺を散策するつもりです。

そのトップバッターを「長谷寺」にしたのは、特に意味があるわけではありませんが、強いて言うなら地理的条件。

奈良方面から近鉄で来るなら、笠置山地を超えて、すぐのところにあります。

近鉄・長谷寺駅で降りると、駅前の大きな碑が出迎えてくれます。

近鉄・長谷寺駅から長谷寺へ

ちなみに、長谷寺駅から長谷寺へは、けっこう歩きます。

グーグルマップでは17分とありますが、早歩きでも20分以上、そして駅から長い階段を下りるので、帰りは大変です(^^)

そのせいか、紅葉の季節というのに、駅から長谷寺へ向かう人並みは皆無。

でも、背中の荷物をおろせるコインロッカーがありました。

街道を長谷寺方面に向かって、てくてく。

今年3月以来9か月ぶりの旅。参道に入ると、忘れていた旅心地を思い出します。

草もちが名産なのかな。

西国三十三所の第八番「長谷寺」

仁王門の前まで来た時には、もうすでにかなり運動した気分ですが、1889年再建の重厚な仁王門をくぐって、境内の中へ。

長谷寺は、西国三十三所の第八番にあたります。

昨年から京都・奈良を歩きはじめ、西国三十三所との出会いも多くなりました。

西国三十三所とは、こちらをご覧ください。

本堂と大講堂が特別拝観中ということで、全部がセットになった共通券をゲット。

1,700円とけっこうなお値段。

いただいたパンフレットの裏に境内の地図が。

なるほど、ここから「登廊」(のぼりろう)と呼ばれる階段を上がって、ぐるりと一周してくる感じですね。

百八間 三九九段の「登廊」(のぼりろう)

お寺巡りに階段はつきものですが、これまた長い階段です。

旅に出ていないというのは、私にとって、運動していないと同義。体力落ちたかもw

399段の階段なんて登るの久しぶり。

この「登廊」は上中下の3つに分かれています。

ここが確か、下登廊と中登廊のつなぎ目。きれいに積み重ねた石垣が目に留まります。

中登廊と上登廊のつなぎ目、蔵王堂で一休み。

蔵王堂の横に、紀貫之の「故里の梅」があります。

人の心はわからないけど、梅の花は春にはいつもいい香りをもってくる。

こんな意味かな(^^)

長谷寺は別名「花の御寺」。

いまは秋で紅葉ですが、1年を通して様々な花に囲まれます。

断崖絶壁に建つ懸造りの大殿堂「本堂」

399段の登廊を登り切り、一息つきます。

それなりに登ったな、と達成感。

息を整えるために、本堂前の小庭を散策。

そして、線香をあびて、お寺にいる気分を確かめてから、特別拝観中の本堂の中へ。

春と秋に特別拝観となる「十一面観世音菩薩立像」

特別拝観が撮影禁止なのは心得ています。

しかし、あんまり関係ないと思うんだけどな・・

これは、舞台側。

これの反対側に、十一面観世音菩薩の像がありました。

火災で焼失を繰り返し、現存のは1538年建立。

近江の国高島から来た楠の霊木を使って3日間で作られたという、日本最大級の十一面観音でした。

身長は約10mなので、かなり大きく感じます。

舞台からの絶景

本堂の中を通り抜け、表舞台へとまわります。

ここで、ようやく紅葉に出会えました。

清水寺などと同じ懸造りの舞台。

かつては、清水寺・長谷寺・石山寺が日本三観音と呼ばれたらしい。

地上からどのくらいあるのかわかりませんが、あの「登廊」を登り切っているわけで、相当高いことは確か。

観音菩薩が祀られてますが、さすがに見えません。

ところで、紅葉は、あと一週間ほど早かったという感じでしょうか。

それでも、1年ぶりに味わう山間の色展に満足です。

舞台の側面に敷かれた登廊。

長谷寺駅から歩いてくるときは、全然観光客いないな、と思ったんですが、皆さんクルマで来るようですね。

今回の旅は、そんなに目いっぱいのスケジュールを組んでいないので、舞台の欄干にもたれてのんびり五重塔を見学。

では、あの五重塔のほうに回ってみますか。

タイトルとURLをコピーしました