【京都一人旅 #39】旅の終わり「旧三井家下鴨別邸」 ~ 伊丹空港へ

さて、「下鴨神社」「河合神社」と急ぎ見て、無事に京都旅終了です。

数えてみれば、初日の「平安神宮」にはじまり、さきほどの「河合神社」に至るまで、総計39ヶ所の寺院・名所・旧跡を見学しました。

時計を見れば、15時前。

もう一ヶ所みれば、キリのいい40ヶ所になるなと考え、ちょうど「公開中」という看板を掲げていた「旧三井家下鴨別邸」を見学することにしました。

「旧三井家下鴨別邸」三井財閥10代目三井高棟が設計した純和風建築

思いがけずも立寄ることになった邸宅ですが、重要文化財に指定されています。

ちょうど出てきた人に「撮影できますか?」と聞くと、「大丈夫みたいですよ。」の回答だったので、入ることにしたんです(笑)

だって、写真撮れなかったら、つまらないじゃないですか。

「旧三井家下鴨別邸」は、大正時代に造営された邸宅。

2016年より一般公開がはじまりました。

中に入ると、いきなり庭園が広がります。

今日は、午前中の「詩仙堂」から、ずっと歩きっぱなしなので、しばし縁側に座って、身体を休めます。

現在の下鴨別邸は、三階建てになっていますが、通常は二階ともども非公開。

三階の望楼からは、大文字山の風景がのぞめるそうです。

空き巣に入った気分で、部屋の間取りを観察。

では、庭園におりてみましょう。

中央にそびえる大木の妙な威圧感。

 

ふたたび降りだした大粒の雨が、池をたたきます。

たしかに三階建てになっています。

こんな家で、晴耕雨読な生活ができたら、最高でしょうね。

雨の似合う、和風建築「旧三井家下鴨別邸」でした。

リムジンバスで伊丹空港へ

さて、本当に旅は終わりです。

河合橋を渡って出町柳駅のコインロッカーから荷物を出して、バスで京都駅へ。

たたきつけるような雨になっています。

烏丸口から八条口に抜けて、いましも出発準備中のバスをつかまえました。

伊丹空港に到着。

欠航してる便も多いみたい。

伊丹空港でのひととき

時間があったので、展望デッキに上がってみました。

滑走路のすぐ先が住宅街って、伊丹空港すごいですね。

では、娘たちへのお土産を仕入れましょう。

娘のリクエストは、「チョコ入りの八つ橋」。

伊丹空港まで来ちゃうとありませんでした。4種類の詰め合わせで許してもらいます。

ANAラウンジから眺める飛行機の機体に次の旅への思いを馳せる

ANAラウンジでビールをいただきながら、今回の京都旅を回想します。

5日間の国内旅も久しぶりだけど、ここまで寺院をめぐりにめぐったのは初めてでした。

ANAとJALの競演。

もう次の旅のことを考えています。

国内旅もいいけど、次に外国にいけるのは、いつだろうか・・

それにしても、航空関係者の方の、この半年は、まさに寝耳に水のような出来事だったことでしょう。

ふと思うんだけど、ここ数ヶ月間の全世界の人類としての対応は、ほんとに正解だったのかな。

学識もない一素人の感想だけど。

まるで宇宙人が来たかのような騒ぎに思えてならない。

ボーディングがはじまりました。往きほどではないものの、やはりすいている航空機。

夕暮れの伊丹空港滑走路へ。

 

そしてフワッと舞い上がる機体。

美しい大阪湾の夜景を眺めながら、京都旅にお別れ。

わずか40分で東京湾の夜景。これにて、5日間の京都旅、無事に終了です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました