【晩秋の京都一人旅#5】大原野神社・鯉沢の池を眺めながら食べるみたらし団子

ただいまの時刻は午前12時20分。

早朝から長岡京の古刹を回りはじめ、「光明寺」「十輪寺」「善峯寺」と、3ヶ所をクリアです。

今日中に、長岡京の主な寺院はすべて回ってしまおうという強欲日程なので、「光明寺」から徒歩で散策した割には上出来なスケジュールの消化。

次のターゲットは、長岡京の北に鎮座する「大原野神社」です。

「善峯寺」からバスと徒歩で行く「大原野神社」

「善峯寺」から歩いていくと、こんなルートになり、約1時間。

歩けない距離ではありませんが、「大原野神社」の次には「勝持寺」も回りたいので、ここはバスを活用します。

「善峯寺」からは、「灰方」を経由して「向日町」に出るバスが、毎時34分に出ています。

そして、この「灰方」という場所が、「大原野神社」へ向かう分岐点になります。

「灰方」から「大原野神社」までは、徒歩で20分ほど。

このくらいなら、楽勝ですね。

さて、「善峯寺」の広い境内を弾丸で見学を終えた私は、12:34発のバスに乗るべく、急いで下山します。

バスストップ前にたどり着いたのが、出発5分前。

バスはすぐにやって来ました。

 

やっぱりマイカー派が多いのかな。バスはガラガラです。路線バスの旅って楽しいんだけど。

 

バスは、10分ほどで田んぼの中のバス停「灰方」に停車。

降りたのは、私一人。

 

いくつか神社があります。

私は、この中から「大原野神社」と「勝持寺」を目指します。

見知らぬ土地を旅してると、道路標識で自分の位置関係がわかったりする。

「大原野神社」までは1.7kmです。

のどかな洛西路。

南春日町というバスターミナルに到着。

実は、このエリアの寺院を回るにあたって、このバス停は重要な拠点。帰りはここから乗ることになります。

なので、しっかり時刻を調べておきましょう。

現在13時。14:03発に乗りたいな・・・1時間で「大原野神社」と「勝持寺」回れるかな。

「大原野神社」で食べる「みたらし団子」

自然と早歩きになって、「大原野神社」に到着。

「大原野神社」は、784年に桓武天皇の后であった藤原乙牟漏(ふじわらおとむろ)が、春日大社をこの大原の地に勧請し創建された古社です。
「京春日(きょうかすが)」とも呼ばれています。

紅葉の時期の「大原野神社」見どころのひとつは「もみじのトンネル」。

まだ残ってるかな・・

残念・・11月28日の「大原野神社」は、紅葉は終演を迎えていました。

こちらが「鯉沢の池」。奈良公園にある、南都八景の1つの猿沢池を模しているらしい。

この池を眺めながら、かるくランチとしゃれ込むことにしました。

考えてみれば、深夜バスで京都駅前に着いて、そのときの朝マック以来、何も食べてませんでした。

   

京都の寺院といえば「みたらし団子」でしょう。

歩き疲れた身体に、甘い味覚がぴったりです。

暑くも寒くもなく、風もない、絶好の寺院日和の「大原野神社」。

神鹿像が鎮座する藤原氏ゆかりの社「大原野神社」

鯉沢の池の説明書き。「大原野神社」は藤原氏ゆかりの社です。

「もみじのトンネル」の紅葉は終演でしたが、池の周りはまだ赤みを残してました。

七五三かな。

あの三の鳥居の向こうに見えるのが本殿。

おお、さっそく鹿ですね。

「大原野神社」に神様が来たとき、鹿に乗ってきたといういわれがあるようです。

奈良公園のように、本物の鹿が歩いているわけではありませんが(^_^)

時間もないので、次の目的地「勝持寺」へ。

おや、こちらからの角度だと、「もみじのトンネル」に見えなくもない。

桜の季節も見事だそうです。

「大原野神社」。なんか、京都の寺院といった気取りがなく、自宅近くの護国神社にお参りに訪れたような気分。

ほのぼのとした「大原野神社」でした。

 

タイトルとURLをコピーしました