【イスラエル旅行記 #11】バス旅 エルサレム ⇒ マサダ要塞&死海

死海って、すごい名前の海ですよね。

私は、中学のとき、地理の時間で初めて知りましたが、戦争ばっかりやってるエリアなので、そんな名前がついたんだとばかり、大変失礼なことを思ってました。

正しくは、塩分があまりにも濃すぎて、生物が生息できない海だから。

今日は、いよいよ、その死海(デス・シー)に行きます。

恒例の夜明けの旧市街を散歩からホテルに戻り、バッグに水着やらタオルやら詰め込みます。

いよいよ、死海に浮かぶ事ができると思うと、なんか楽しい!(^^)!

LRTで新市街のバスターミナルへ

バイキングの朝食。そして、宿の主人に鍵を預けながら「アイムゴウイングトウ マサダ、デス・シー」というと、「グレート!」

死海方面に行くには、新市街にあるバスターミナルに行く必要があります。

バスターミナルに行くには、LRTと呼ばれる路面電車で行くのが便利。

ホテルからシティホールという駅まで徒歩5分。

最初、迷って、道行く人に「ウエア LRT?」といっても通じず・・  ウソでしょ。

それとも、エルサレムの人はLRTなんて言わないのかな。

苦労してたどり着いたシティホール駅。実は、ホテルから、すごく近かったんだよね(笑)

DPP_3191

LRTのチケット購入に一苦労

今度は、チケットを買うのに一苦労。
画面を英語表記にして、操作方法などの意味は分かるんですが、小銭は入らず、クレジットカードは認識せず・・ 

(何やってやがるんだ、このアジア人は)と、後ろの人ににらまれながら、悪戦苦闘するうち、2本ほど電車をやり過ごします。

DPP_3189

朝一から途方に暮れかかりましたが、券売機を代えてチャレンジ、やっとゲットできました。

DPP_3199

ホッとすると気持ちの余裕も生まれます。エルサレム市民の通勤風景のスナップ。

DPP_3192

エルサレムのLRTの車内。

DPP_3193

そして、セントラル・ステーションに到着。

今度は、バスターミナルがどこだかわかりません(笑)

DPP_3194

セントラルステーションでバスチケット購入

向かいのビルがそうらしかったので、手荷物検査を受けて中に入りました。

DPP_3211

すると、チケットと書いてあるサインを見つけました。

DPP_3195

1番窓口で、「マサダまで」というと、オジサンがすごい形相でなにやら叫びます。

そんなに怒らなくても・・  なんか、朝から疲れますね・・

DPP_3210

やさしそうなオジサンの列を見つけて、なんとかゲット。

486番バス、9時出発、プラットフォームは4番てことですね。(時間と番線が逆な気が・・)

マサダ要塞まで、37.5シュケル(≒1,050円)でした。

DPP_3196

これで一安心。水でも飲みながら、出発を待ちます。

DPP_3197

全然読めない・・・

DPP_3198

なにげに立派なバスターミナルです。

DPP_3077

バスの旅 エルサレム ⇒ マサダ要塞

出発です。みんな、マサダ要塞か、死海に行くのでしょう。

DPP_3078

バスの旅はらくちんです。

だって、降りるまで、外を眺めてりゃいいんだもん。昨日は参ったなあ・・

超正統派の人、カッコいいです。

DPP_3079

バスは、エルサレムの郊外に出ました。

そして、バスはヨルダン地溝帯に向かってぐんぐん下ります。

エルサレムの標高が約800m。死海は、-400mですから、1,200mも下がることになります。

DPP_3080

車窓に広がる死海

そして、下りきったのかな、と思う頃。

車窓に死海が現れました。はじめて見る死海。

DPP_3081

これが死海ですか・・感無量です。

00000132

生き物がいないので死海。でも、見た目は、とても美しいというか幻想的な海です。

人もいない。ほんとうに地球上の景色なのでしょうか。

今、世界でもっとも低いところをバスで走っています。

なかなか実感がわきませんが。

死海の向こうの山々は、ヨルダンの山です。

こんなところでも、チェックポイントがあります。兵士が乗り込んでチェックしていきました。

すさまじい・・・
パレスチナ人は、一人残らずチェックするぞ、そんな感じ・・

DPP_3085

DPP_3086

マサダ要塞に到着

エルサレムから1時間20分くらいかかって、バスはマサダ要塞のふもとに到着。

DPP_3087

しかし、すごいバス停です。何もない・・

DPP_3088

ここ、本当にマサダ要塞なの?と、ちょっと慌てましたが、見上げると、マサダ要塞の入り口らしき建物が見えました。

まずは、あそこへ行きましょう。

DPP_3089

マサダ要塞の入り口まで登り、振り返るとこの景色。なんともいえないスケールです。 

DPP_3091

ちなみに、地図でいうと、こんな感じです。

死海周辺

ロープウェイのチケット購入

マサダ要塞は、徒歩でも登れるようですが、とても高く距離もあり、軟弱な私には無理。

ロープウェイで登りましょう。

DPP_3119

チケット買う時に、「ワンウェイ?」とか聞かれました。下りは歩こうとかいう人がいるのかな。
私はもちろんラウンドトリップです。

DPP_3092

観光客はほとんど欧米人。

私のように路線バスで来る人は超少数派。だいたい観光バスのツアーでくるようですね。

DPP_3093

ロープウェイから見た景色。

DPP_3090

DPP_3094

ほんと、言葉にあらわせない、この景観。

 

頂上駅につきました。

DPP_3097

マサダ要塞 炎天下の頂上散策

さっそく歩き回りますが、暑い!
しまった。水を持ってくるのを忘れました。

DPP_3098

00000137

西暦70年、ローマ軍がエルサレムを攻撃したユダヤ戦争。

そして、その最後、967人の勇士が立てこもったところが、このマサダだそうです。

それ以来、ユダヤ人は2000年近く、国を持たない民族となって離散したわけですが、現在は、イスラエルの入隊宣誓式がここで行われ、二度と全滅させない決意を受け継いでいるとのこと。

スケールがデカい・・

DPP_3100

967人の籠城に対して、取り囲んだローマ兵は1万人。

しかし、967人は最後まで戦い続けました。抵抗は2年以上も続いたという。

00000138

DPP_3102

DPP_3103

歩き回っているうち、頭がボーッとしてきました。 まずい! 熱中症でしょうか?

00000139

967人の勇士の前で、みっともないハナシですが、暑くて立っていられません。

00000140

ゆっくり見て回りたいところですが、この暑さ。このままじゃ、ほんとにたまりません。

多分40℃くらいあるでしょう。私が、今まで経験したことのない暑さです。

この暑さの中、帽子もかぶらず、水も持たず、歩き回っているのは私だけ。無謀ですね。

00000141

水が欲しい・・・

DPP_3108

00000142

根性で小一時間ほど見て回ったでしょうか。でも、まだ全部見きれていません。

死海にも行かなくてはならないし、ふもとまで下ります。

00000143

ロープウェイの中も冷房はありません。とにかく下まで我慢。(身体がしびれて、ほんと、熱中症の一歩手前のようでした)

DPP_3114

結構な高さです。

00000144

DPP_3115

DPP_3116

ふもとに到着。すぐに売店に駆け込みました(笑)

DPP_3117

清涼飲料水が大量に売られてました。(当たり前だ。持たずに登る私が非常識

DPP_3118

ミネラルウオーターと、レッドブルを一気に飲み干し、一息つきます。

さて、次は司会です。

タイトルとURLをコピーしました