【インド】1日目(その2) 超特急のデリー・メインバザール弾丸往復

さて、なんとか無事にインド入国を果たせて、ほっと一息。

約15,000円分のルピーも懐に入れて、軍資金も万全。

ただいま12時。
今いるのがデリーのインディラー・ガーンディー国際空港。

今夜の宿泊地はバラナシ。ここを17時過ぎのフライトで移動。

その間に、超特急で、デリー・メインバザールの見学を敢行して来ます!

デリー空港からメトロでデリー・メインバザールへ

返す返すも、時間が足りないのが現役世代弾丸旅行者の悲しい性。
たった3日半でデリー・バラナシ・コルカタと回るには、このスケジュールを受け入れるしかありません。

もちろん、デリーからバラナシへの移動を鉄道(夜行列車)にすれば、もう少しここデリーにはいられます。

でも、バラナシの沐浴は夜明け前から見学したかったし、日本にいながらインドの列車手配は、けっこうハードル高かった・・・

不確実性の排除。
現役世代弾丸旅行者が、旅を続けるには、安全策をとらざるを得ません。

ここデリー空港が、市街地と近接しているのは不幸中の幸い。
空港から、ニュー・デリー駅まで20分程度で行くことができるらしい。

ここに15時には戻ってくるとして、1時間強のメイン・バザール見物時間が捻出できます。

はるばるインドまで来て、修学旅行並みの過密スケジュールって、何の意味?と愚痴っても仕方ありません。

さて、ここはターミナル3の出口。メトロの乗り場を目指してGO!です。

00003283

空港 ⇒ ニューデリー駅 メトロに乗車

メトロの乗り場は?と、よかった、わかりやすかったです。

案内板どおりに地下道を通る形で、向こう側に。

00003284

入り口はすぐに見つかりました。
自動販売機もありましたが、チケット売り場に並びます。

00003285

ニューデリーまで60ルピー(だったと思う)。
こんなコインのような、トークンをもらいました。
台湾や、タイと同じですね。

00003300

表はこんな感じ。
チャージできるカードもあるようですが、今回のところは、ニューデリーを往復するだけ。

00003302

ホームに入っていた列車に、そのまま乗り込みます。

00003286

待つこともなく、発車。
ニューデリーまでは、エアポートから4つ目の駅ですね。

ところで、ここまで順調。そして快適、また清潔?

正直、インドに来ている感じは、今のところ、みじんもしません??

00003301

メトロが地上に出たときの風景。
道の混雑が、インドを思わせる・・・までは、いきませんね(笑)

今のところは、アジアのどこかの町に来た、そのくらいの気分です。

00003304

エアポート・メトロ ニューデリー駅

エアポート・メトロの終点のニューデリー駅に到着。

「地球の歩き方」によれば、メトロでニューデリーまで来てしまうと、なにやら「詐欺師」がいっぱいいるので、ひとつ手前の駅で降りるのがおすすめ・・・  なんて書いてありましたが、「詐欺師」なんて、相手にしなければいいだけのこと。

アジア諸国なら、「詐欺師」がその辺にいるのは当たり前でしょ、って感じで、終点まで来てしまいました。

00003287

今回の旅で、デリー滞在は3時間程度。
なので、ニューデリー駅の裏側に広がるメイン・バザールの見学に、目的をとどめています。

ニューデリー駅はこっちですね。

00003288

さて、「詐欺師」がいっぱいいるとされるニューデリー駅周辺。

しかし、私にとっては、背中の荷物のほうが大問題。けっこう重いんです、これが。

地上に上がるエスカレーター付近でクロークを見かけましたが、受け取るときにひと悶着あったら大変なので、自重します。

ふつうに預けられそうでしたけどね。

00003289

地上に出ると、数百メートル先に、ニューデリー駅が見えました。
めざす、メイン・バザールは、その向こう側です。

ここに来て、ようやく? 「詐欺師」らしき兄ちゃんが、何人か寄ってきましたが、そんなもん断ればいいだけ。

00003305

広場を直進して、ニューデリーの駅前にたどりつきます。

00003307

ずらりと並ぶオートリキシャに、ようやくインドを感じはじめます。

00003309

ニューデリー駅を越える

メイン・バザールに行くには、この駅を越えて向こうに行かなくてはなりません。

このまま行けるのかどうかはわかりませんが、これを登ると外国人用のチケットオフィスのようなので、今回は列車に乗りませんが、後学のために見学しておきますか。

ちなみに、ここですでに、若いお兄さんたちが数人話しかけてきています。相手にする必要ないです(笑)

00003310

跨線橋の上から眺めるオートリキシャ群。

00003311

やっぱり、このルートでは、向こう側には行けませんでした。

でも、なるほど、こんな感じなんですね。
これが、外国人用のチケットオフィスですか・・・

00003290

うろうろしてると、「詐欺師」が、いろいろ話しかけてきますが、完全に無視!

ここまで、話しかけてきた「詐欺師」は軽く10人以上。さすがです・・

向こう側に渡る跨線橋の入り口を見つけて登ります。

「地球の歩き方」によると、いくらか料金を取られるとありましたが、そんなことはなかったです。

また「地球の歩き方」には、この駅を越える際に、トラブルに巻き込まれるので注意、とありますが、繰り返しますが、相手にするからトラブルに巻き込まれるのであって、相手にしなければ何も起きません。当たり前のことです。

00003312

跨線橋を歩いていると、列車に乗りたくなってしまう・・・

はるばるインドまで来て、空を飛び回るだけ・・・

仕方がないんだ、と、自分に言い聞かせます。

インド大陸を思う存分眺めながらの旅は、バケットリストに残しておきましょう。

00003350

跨線橋の入り口と出口にセキュリティチェックがあったのは、インドらしいのかなあ、なんて思いながらメイン・バザールの入り口までたどりつきました。

ここまでは、超順調、言うことなしです!

00003314

滞在1時間 メインバザールの弾丸見学

さっそく、メイン・バザールの中に。

00003316

正直、ニューデリーの弾丸観光なら、コンノートプレイスやオールドデリーの方がメジャーかつ面白かったんでしょうが、私は、まずは、このメイン・バザールに来てみたかった。

00003318

それは、沢木耕太郎さんが、「深夜特急」にて、ここに長らく滞在していたから。

00003320

沢木耕太郎さんが、長逗留していたドミトリーは、どの辺にあるんだろう?

なじみになった「チャイ屋」は、どの店なんだろう?

00003322

そんなことを考えながら、のんびり歩くと、時間を忘れちゃいます。

沢木耕太郎さんの「深夜特急」は、間違いなく、私のバイブルですから。

00003324

でも、その描写にあったような、香辛料の匂いなどは、まったく漂っていません。

00003326

猥雑さはかもし出してますが、どこか、安定した落ち着きもあります。

00003327

いきなり日本から飛んできて、インドを感じろ、というのが無理な相談かな。

00003328

でも、時間を気にして、早歩きで歩いてますが、時間のあるときに、ゆっくりたどってみたい街並みではあります。

00003329

そろそろ、メイン・バザールの端まで来たような気配。

00003331

00003332

一つ一つの店ものぞいて見ます。
これは、チャイ屋じゃなくて、インドティー屋さんですね。

00003333

そろそろ、引き返します。
タイムリミットが迫ってきました。

00003334

この旅では、はじめてみかけた馬車。

00003335

先入観があったからかもしれませんが、デリーのメイン・バザールは大賑わいです。

00003337

今度来た時は、ゆっくり楽しみたい・・・

00003339

メイン・バザール入り口まで戻ってきました。
もう、空港に戻らなくてはいけない時間です。

00003341

00003343

ニューデリー駅前は、ものすごい喧騒です。

00003347

わずか1時間。
名残惜しいですが、ニューデリーのメイン・バザールにお別れ。

今回の旅では、デリーは、これが最後です。

00003348

無秩序なクルマの往来には、だいぶ慣れましたが、ほんと気をつけないと。

00003344

跨線橋を渡って、メトロ駅の方角へ。

00003350

再びメトロでデリー空港へ

メトロ駅に戻ってきました。
マネする人なんかいないと思いますが、メトロ駅から、メイン・バザールの端まで、約1時間半で往復できました。

もちろん、その間、話しかけてくる「詐欺師」は数知れず。無視するのみです。

00003306

ふたたびメトロで空港に向かいます。
チケット売り場が混雑していて、ちょっと、気をもみます。

00003291

案ずることなくメトロに乗り込みます。
なんか、バタバタして、ほんとに私、インドにいるんかいな??

00003351

メトロの空港駅で見かけた彫刻。

00003352

空港の入り口。3時間ぶりに舞い戻ってきました。

00003354

バラナシ行きはエアインディア427便。
無事にチェックインできました。まずは一安心。

ただ、国内便も国際便も同じターミナルで扱うデリー空港。ほんの少し、とまどいました。

00003353

00003355

安心したら、お腹がすいてきました。
考えてみれば、朝の機内食から何も食べてない。

とりあえず、サンドイッチで腹ごしらえ。
ルピーを物販に使うのははじめてでしたが、500ルピーぐらいしたかな。

空港の中なので仕方ありませんが、すごく高い印象です。

00003356

早めにゲートに行って、つかのまの休息です。

はじめてインドに来て、生意気を言うようですが、これから乗り込むバラナシが本番。

今夜、到着して、無事にホテルにたどりつけるかどうか・・・

長いすに身体を横たえて、バラナシについた後のことを考えます。

00003292

タイトルとURLをコピーしました