朝のエル・カラファテ ~ 氷河ツアー出発【アルゼンチン旅行記 #19】

旅は早くも7日目。いつも通りの快適な目覚めです。

気温は10度以下だと思いますが、寒く感じられません。

部屋の窓を開けると、しとしと雨。天気予報によると今日は、一日、こんな感じかな。
今日は、人生初の氷河トレッキング!

つまり見るだけでなく、上を歩いてしまいます。

DPP_5385

森と湖に囲まれたエル・カラファテの早朝散歩

氷河ツアーに気がはやるところですが、まずは、恒例の早朝散歩。

この旅で、はじめて折りたたみ傘が役に立ちました。

湖のほうに行って見ますか。

しかしこれ、なんともいえない美味しい空気。これだから旅先での早朝散歩はやめられません。

昨夕、賑わっていたリベルタドール通りも、朝早くてこの通り。

 

これは、何のモニュメントかな?

雨がやみました。陽がさしはじめてます。ラッキー!

DPP_5398

ふつうに、動物がいるんですね。

向こうに見えているのは、アルヘンティノ湖。

キレイな観光都市です。

DPP_5401

大自然を見ながらエクササイズに励むのは、気持ちいいだろうな。
そういえば、イスラエルでも見かけました。

湖岸の遊歩道を歩くだけでも、気持ちのいいトレッキング。

 

感心するのは、いたるところにゴミ箱があること。だから、街が汚れないんだよな。

DPP_5408

 

DPP_5415

DPP_5416

街の背後には、アンデス山脈系の岩肌が迫ります。

エル・カラファテ。箱庭のような街でした。

ホテル「ドン・ぺぺ」の美味しいクロワッサン

1時間ほどの散歩で、目が覚めました。お腹もすきました。

DPP_5261

クロワッサンが超うまい! 何個でも食べられそうです。

DPP_5264

本日の予定を再確認

ツアーが迎えに来るのは8:30。ゆっくり、食事をとりましょう。

今回のツアーは日本から予約。200ドルちょっとと、少し割高になったかもしれませんが、昨夕エル・カラファテ入りして、本日参加では致しかたありません。

しかも、本日夜のフライトで、ブエノス・アイレスに向かいます。

今回の旅の中では、本日が、一番の強行日程。そもそも、ツアー終了後に、空港に何時に着けるか保証がないまま、予定を組んじゃいました。

ツアー終了時刻が「現地」16:30。そして、フライトは19:25。まあ、大丈夫だろうと。

ほんとに大丈夫かな・・

弾丸旅行も、何回かやってるうちに、私もだんだん大胆になってきました・・・

クロワッサンとコーヒーの組み合わせが最高です(^_^)

DPP_5263

これは、ホテルDON PEPEの裏手。ほんと、感じの良いペンションのよう。

DPP_5265

ロス・グラシアレス国立公園の氷河見学ツアー出発

さて、時間通りに迎えのマイクロバスが来て、私を拾ってくれました。

そして、乗り換えたツアーバス。

車内は欧米人ばかりで、一瞬気後れします。(日本人が私一人という状況には、もう慣れましたが、彼ら(彼女ら)体格がほんとデカいんです。それでビビる。)

DPP_5421

さて出発。氷河のあるロス・グラシアス国立公園は、エル・カラファテの街から西へ40kmほど。

しかし、氷河のあるペリト・モレノ氷河までは約80kmほどの行程です。

地図にするとこんな感じです。

ちなみに、「グラシアール」とは、スペイン語で氷河の意味。まさに氷河の国立公園なんですね。

DPP_5422

右窓には、飛行機からも見えた、アルヘンティーノ湖が広がります。

ほんと、不思議な色。青い氷河が溶けた水だから、こんな色になるのかな。

しばらくは車窓を楽しみます。

 

またまた、曇ってきました。
というより、山間部に差し掛かったので雲がかぶっているということでしょう。

 

外は寒いでしょうが、バスの中は温かく暖房が入っています。

DPP_5431

ここは、マガジャネス半島の付け根。
バスは、ここから南に進路を変え、バホ・ラス・ソンプラス港へ向かいます。

DPP_5435

ロス・グラシアレス国立公園に入ったようです。

タイトルとURLをコピーしました