初の南米大陸上陸 ~ ブエノスアイレスの街【アルゼンチン旅行記 #4】

日本から40時間以上かけて、アルゼンチンにやってきました。

地球の裏側に来るというのは、こういうことなんですね。なんか、実感としてつかめたものはあります。

陽もしっかり昇って、ブエノスアイレスの街並みが見えてきました。

いよいよ、そのアルゼンチンに降り立ちます。気持ちも高まります。

DPP_3952

ブエノスアイレス エセイサ国際空港に到着

ランディングと同時に拍手が沸き起こりました。

決してうまい着陸とは思いませんでしたが、アルゼンチン国民の儀式なんでしょうか。

DPP_3905

天気もよさそうです。南米大陸に降り注ぐ太陽の光がまぶしい。

DPP_3908

イミグレーションの列に並ぶと、これまた大行列。

この時間、南米各国からのフライトが集中しているようです。

DPP_3909

時刻は午前7時ちょっと前。一日がはじまる時間ですもんね。

DPP_3910

入国審査では、親指の指紋と顔写真、それと、いくつか質問を受けました。

  • 「滞在は何日?」 :約1週間です。
  • 「1週間! そんなんでいいの!?」:まあ、はい・・・
  • 「行く予定の街は?」:ウシュワイア、エルカラファテ。 「オオ、グラン×××・・」

そして、「グラシアス(ありがとう)!」と言って、めでたくアルゼンチン入国です。

うまれてはじめてスペイン語を使いました。

DPP_3911

そして、税関。

アルゼンチンの税関は厳しいと聞いていて、書類にもいろいろ書きましたが、書類は不要、そしてフリーパスで入国です。

DPP_3912

アルゼンチンペソへの両替

さて、なにをおいてもまずは両替です。持参したドルをアルゼンチンペソに替えましょう。

両替所は、空港のすみの、ちょっとわかりにくいところにありました。

DPP_3914

なんか、並んでます。
しかも、今まで経験したあけっぴろげの両替窓口とは雰囲気が異なります。

DPP_3913

日本から持ってきた600USドルを出すと、9,000ペソになってかえってきました。

100ペソ紙幣が90枚。なんか、お金持ちになった気分ですが、一応、その場で一生懸命数えます。

銀行といえども信用するな、と「地球の歩き方」には書いてありますから。

たしかに90枚ありました。グラシアス!!
(写真は、その後、何枚か使った後なので90枚はありません(笑))

このときのレートは、1アルゼンチンペソ≒7円。(2016年10月)

なので、100ペソ紙幣は700円の価値ということになります。

ところが・・・

経済の先行きが不透明なアルゼンチン・ペソは、その後下落を続け、2019年12月現在、1アルゼンチン・ペソ≒1.8円です。

なんと、3年足らずで、価格は約4分の1に・・・

いやはや、インフレとは怖い・・

DPP_3981

さて、軍資金も手に入れ、旅の準備は整いました。でも、油断は禁物です。

「地球の歩き方」によれば、空港や、バスターミナルにおけるスリやひったくりが多数報告されています。

DPP_3916

とはいうものの、まずは朝マックとでもしゃれこみましょう。

現地通貨を手に入れ、最初に使う瞬間は、気持ちがときめくもの。

DPP_3918

こちらが朝マックのセット。52ペソ。

1ペソは7円弱なので、364円ということですが、びっくりしたのは、お釣り。

私は両替したばかりなので、当然100ペソ紙幣しか持っていません。

係が「2ペソ」と連呼するんですが、首を振っていたら、お釣りを50ペソよこしました。

本来なら、お釣り48ペソのところ50ペソ。なるほど、こういうお国柄なんですね。

DPP_3919

朝マック食べながら、スマホをWifiにつなぎ、日本のニュースを見ると、見事にカープ敗れました(ToT)/~~~

でも、ミスもけっこうあったし、仕方ないんじゃないかな。課題を確認できたってことで、来年につながる敗戦でしょう。若手選手が多いカープ。日本シリーズで戦えたことは、すごい財産を得たと思います。

日本ハムの皆さん、おめでとうございました。地球の裏側より(笑)

DPP_3920

バスでレティーロ地区へ

さて、腹ごしらえも終わり、バスターミナルへ向かいます。

DPP_3921

市の中心部セントロまで、バスで小一時間。そのなかでも、ホテルを予約してあったレティーロ地区へまず向かいます。

DPP_3922

DPP_3923

レティーロまでは190ペソ(1,330円)とありますね。

DPP_3924

DPP_3925

はっきり言って、何をしゃべっているのか全くと言っていいほどわかりませんが、「レティーロ!レティーロ!」と連呼していたら、チケットをくれました。

DPP_3887

そして、バスに乗り込みます。

DPP_3926

車内は完全に満席。最後部の5人掛けシートの真ん中、ほんとに最後の一つの席をゲット。

DPP_3927

両側は家族連れ。私と同じように、深夜便でブエノスアイレスに着いたんでしょうか。
お母さん、疲れ切っています(笑)

DPP_3928

なにはともあれ、無事にアルゼンチン上陸を果たしました。

日本を発ってから、空港での夜明かしとかいろいろありましたが、40時間以上かけての到着です。

ずっと来たかったアルゼンチン。そりゃ感慨深いってもんです。

これで、海外訪問国13カ国目(^^)v

めいっぱい楽しみますよ。まだ上陸初日です。

 

ブエノスアイレス街歩き開始

さて、ようやくたどり着いたブエノスアイレス。ここは、空港からのバスターミナル。

今日の夜には、いったん出発することになりますが、それでも、十分時間はあります。

DPP_3930

「~歩き方」には、バスターミナルに着いた瞬間に貴重品を丸ごとひったくられた、とか、一眼レフをさげて歩いているのは盗んでくれと言っているも同然、とか、注意を呼び掛けています。

はるばる地球の裏側まで来て、達成感より緊張感。

まずは、重い荷物をどこかに預けたい。で、思いついたのが、昨夜泊まれなかったホテル。
事情を説明して、荷物だけでも預かってもらいましょう。

ちなみに、気温は20度以上ありそうです。

まわりをキョロキョロしながら、ホテルと思しき方角へ歩いていきます。
キョロキョロするのは、警戒心から。人通りがふっと途切れる瞬間があって、正直怖い。

そもそも、ここには夜到着予定でしたから、バスターミナルから近いホテルをチョイスしてありました。

DPP_3995

で、この街角にあったのが、泊まれなかったホテル。

英語もなかなか伝わらず、「昨夜予約していたが、たった今ブエノスアイレスに着いた。荷物だけでも預かってほしい。」という意思を伝えるのに一苦労。

でも、理解してもらえると、すごく親切なホテルでした。

ちなみに、Esplendor Buenos Airesというホテルです。

DPP_4002

身軽になって、本格的に街を歩きだします。

治安の悪さばかり頭にこびりついて、なんか身体が固い・・・

人通りがあれば、安心なんですけどね。

DPP_3982

とりあえず5月広場の方に行ってみましょう。

DPP_3983

ヨーロッパを模した街並みと表現されるようですが、私は、まだヨーロッパ見たことないし、とても新鮮に映ります。

ただ今の時刻は土曜日の午前10時です。

DPP_4006

繁華街に出たようです。

DPP_4007

1ヶ月前にイスラエルの街を歩いたばかりなので、驚きはありませんが、あきらかに日本とは異なる街並みに感動しています。

DPP_4008

しかも、道行くアルゼンチーナは、男女ともにおしゃれでカッコいい。

DPP_4009

街並みもカッコいい。

DPP_4012

ブエノスアイレス・バスの乗り場に来ました。

このブエノスアイレス・バスは、開放的なルーフのバスで、ブエノスアイレスの主要どこをグルグル回ってくれます。そして、チケットを買えば何回でも乗り降りができて、しかも20分間隔でバスが回ってくるという優れもの。

1週間後にもブエノスアイレスにはやってくることですし、本日は、このバスで街並みを瞥見するのも一考です。

天気もいいですし。

DPP_4015

ところが、すごい行列で、なかなか順番が回ってきません。土曜日だからかな。

なんか、今回の旅。並んでるけど順番が回ってこないってケースが多い・・・

DPP_4013

20分並びましたが、一向に進まないので、あきらめます。

1週間後のブエノスアイレス再訪時に乗りましょう。その時は平日だし、オープンと同時に並べば大丈夫でしょう。

ちなみに、並んでるのって、郊外から来たアルゼンチーナなのかな。

DPP_4014

さて、どこに向かいましょうか。

タイトルとURLをコピーしました