【シンガポール】2日目 マレーシア・マラッカへ

今日は、国境を越えて、マラッカまで行ってこようと思います。

シンガポールからマレーシアへのショートトリップなら、ジョホールバルという街が「~歩き方」にも載っていますが、マラッカって響きがいいじゃないですか。

マラッカ海峡は日本の生命線と呼ばれているし、世界遺産でもあるし、沢木耕太郎さんの「深夜特急」にも登場し、行ってみたい街の一つでした。

DPP_2094

昨日のうちに、バスのチケットを買っておきました。往復で4,000円ぐらいでしょうか。
チケットは、ホテルの最寄り駅ニコル・ハイウエイ駅近くの長距離バスのターミナルに併設されていました。

距離は、ここシンガポールから約260キロ。片道約4時間の旅です。

DPP_1044


バスターミナルはホテルから徒歩10分。ちょうど、アラブストリートの端にあたります。
3列シートで、なかなか快適なバスです。水も1本プレゼントしてくれました。

DPP_1045

30分ほど走ると、シンガポールのイミグレーションに到着。ここで、出国審査を受けます。
陸路で国境を越えるのは、これが初めて、緊張します。

しかし、待っても待っても順番が回って来ません。時間は10分、20分と容赦なく過ぎていきます。
私のバスは、待っててくれているのでしょうか。

おまけに、バスのナンバーを控えるのを忘れてました。 
初の国境越えで、完全に舞い上がっています。

DPP_1046

40分も待ったでしょうか。

もう、バスは出発してしまっただろうと半ばあきらめ、チケットを買いなおして、ジョホールバル観光にしようと思ってましたが、税関を抜けたところのターミナルにバスが普通に待ってました。

私のバスかどうか・・・シートに飲みかけのミネラルウオーターがありました。
間違いありません。(*^^)v  よかった・・・

他の乗客も乗せ終ったバスは、ジョホールバル水道をコーズウエイという橋で渡ります。

DPP_1047

マレーシア側の入国審査は、いたって簡単で、あっという間でした。
マレーシアは、生涯2度目。一人旅での入国は、もちろん初めてです。
無事に、陸路の国境を越えられて大満足です。

DPP_0997

ちなみに国境は写真撮っちゃいけないんですが、ごめんなさい。

DPP_0998

DPP_0999

もう、なにも心配はいりません。バスの旅を楽しむだけです。
バスは、こんな高速道路をひたすら走ります。

DPP_1001

景色は、ずっとこんな感じです。

DPP_1000

4時間ほどで、マラッカのバスターミナルに到着しました。
到着するなり、「タクシー?タクシー?」と、男たちが言い寄ってきましたが、辞退し、ターミナルの中を見学します。

DPP_1002

イスラム教の国だけあって、シンガポールとは雰囲気が全然違います。

DPP_1009

女性は、体を隠さなくてはいけないと聞いていますが、暑くて大変でしょう。

DPP_1003

DPP_1004

DPP_1005

DPP_1006

どこにでも、マックはあります。とりあえず、腹ごしらえしておきます。それと、ブラックコーヒー。

DPP_1049

DPP_1050

バスターミナルからタクシーで、マラッカの中心街に向かいました。滞在できる時間は約4時間です。

とりあえず、クライストチャーチという教会の前で、タクシーを降りました。20リンギット(約470円)でした。
トライショー(人力車)の運ちゃんたちが群がってきますが、まずは、徒歩で散策です。

DPP_1010

DPP_1011

DPP_1012

気温36度の中、がんばって歩きます。

DPP_1013

DPP_1014

DPP_1015

安宿街のようです。

DPP_1016

マラッカ海峡が見えました。どこかの国のタンカーもいます。

DPP_1017

DPP_1018

DPP_1020

歩き回って、もう汗だらだらです。さすがに、バテました。
これ以上歩き回るのは無謀なので、ど派手なトライショーに乗せてもらいます。
1時間50リンギット(約1,200円)と言われ、なんか高い気もしましたが、どう交渉していいのかわからず、プラカードにもそう書いてあったので、了解しました。
一応、50リンギットしか持ってないぞ、と言っておきました。それにしても、派手です(*^^)v

DPP_1043

DPP_1019

ファモサ要塞。大航海時代に、ポルトガルが築いたそうです。

DPP_1021

セントポール丘に登ります。マラッカの市街を一望できました。

DPP_1022

マラッカ海峡も望めました。なんか感無量です。

DPP_1023

DPP_1024

ザビエルにも会えました
フランシスコザビエルは、ここで日本人ヤジロウと出会い、彼から殺人の罪を告白され、一緒に日本に向かったそうです。

DPP_1025

DPP_1026

ザビエルの時代から4世紀半。平和な光景になごみます。

DPP_1027

DPP_1028

DPP_1029

DPP_1030

トライショーでの1時間が過ぎ、元の場所に戻りました。もう少し散歩してから、バスターミナルへ帰りましょう。

DPP_1031

DPP_1032

DPP_1034

完全に中国の文化圏という感じですね。

DPP_1033

DPP_1035

DPP_1036

タクシーで、またバスターミナルに戻ってきました。もう、あと1時間ぐらい滞在できましたが、これ以上歩き回ると熱中症になりそうです。バスのチケットを、もっと早い便に変更してもらいました。

DPP_1037

バスは、来た時と同じ会社のバスです。

DPP_1038

帰りもガラガラです。

DPP_1039

DPP_1040

陽が少し傾いてきました。

DPP_1041

ガランとした夜のジョホールバルターミナル。往きと同じ要領で国境越えです。
シンガポール側からは、何故か中国人観光客のバスに乗り換えさせられました。

DPP_1052

無事にホテルに戻ってきました。
時刻は22時。昼のマック以来何も食べてません。シャワーを浴びると、夕食をとりに、ホテルの裏通りにある日本料理屋に入りました。結構な賑わいでした。

DPP_1053

これが、ホテルの裏通り。

DPP_1054

DPP_1055

夜中なんですが、金曜の夜だからでしょうか。賑わっています。
私は、もうクタクタ。ホテルに戻ったら、爆睡です。

タイトルとURLをコピーしました