【南アフリカ】1日目(その3) ウオーターフロントの散策 ~ テーブル湾クルーズ

さて、一休みしたところで、街を散策に出かけましょう。

街といっても、ウオーターフロント。観光客用の再開発エリアです。

これが、フロントでもらったマップ。

赤い丸が私のいるホテル。

その右上の青い丸のエリアがウオーターフロントで、警備もしっかりしているので、カメラを提げても歩けるエリア。

そして、右下の茶色い丸がケープタウンのダウンタウン。本来なら、こういうところを歩いて、街の素顔に触れたりするのが旅の醍醐味なんですが、「地球の歩き方」にも、このダウンタウンには、本当に危険な場所もあるみたいなので、やっぱり、近づかないほうが無難。

まずは、ウオーミングアップ代わりに、ウオーターフロントを散歩してきましょう。

map1

ところで、現在18時。この時期のケープタウンの日没は20時近く。
弾丸旅行者にはありがたい季節。

テーブル湾のナイトクルーズなども催行されているみたいだから、参加してみようか。

00014532

多国籍観光エリア ウオーターフロントを歩く

ウオーターフロントが安全な観光スポットとはいっても、そこに行くまでは油断できません。

ホテルから、ウオーターフロントの入り口まで、1キロ弱。10数分かかるでしょう。

ウオーターフロントに入るまでは、浮浪者だっているわけですから。

00014435

常に周りをキョロキョロし、「警戒してるぞ」オーラを出しながら(笑)、ようやく、ウオーターフロントの入り口付近に到着。

00014437

ほっとして、後ろを振り向くと、テーブルマウンテンの姿がくっきりと。

00014439

ここが、ウオーターフロント入り口。
やれやれ、ここに入ってしまえば、もう安全だ。バッグからカメラを取り出します。

00014438

人種、国籍問わず、世界中の人がいるって、そんな感じの場所です。

00014440

これが、テーブル湾クルーズ用の船ですね。

このクルーズは、ウオーターフロント・アドベンチャーズといい、数種類の船が係留されています。

サンセット・クルーズは何時から?と聞くと、19時との答え。

現在18時半。タイミングもいいので、乗ってみますか。

00014441

黒人スタッフに、また後で来るよ、と言って、また散歩。

00014442

ウオーターフロントそのものの広さは、そんなに広くはありません。
ただし、出店しているレストランや、お店の数はハンパないです。

今夜の夕食は、サンセットクルーズが終わった後、ここで食べることにします。

00014443

それにしても、テーブルマウンテンが、その全容を見せはじめました。
今日行きたかったけど、仕方ない。あと3日のうちに、晴天が続いてくれれば。

00014444

今日は木曜日なので、地元の人たちはまだビジネスアワーかな。

00014446

この中が、デパートのようになっていて、有名なブランドショップなどが、多数出店されているようです。

00014448

当然のようにマックもあり、

00014452

こちらは、イタリアンレストラン。

00014457

こちらは、ステーキハウス。
南アフリカのワインはおいしいと聞いているので、楽しみです。

00014459

すっきり澄み渡ったテーブルマウンテン。
どうやら、山火事は鎮火したみたいなので、よかった、よかった。

00014450

ウオーターフロントは、港を挟んで2箇所に分かれており、向こう側に見えるのはサイロ地区。
明日参加する予定のロビン島ツアーは、サイロ地区から出ます。

00014455

暑くもなく寒くもない、気持ちのいい散歩。

ふと下を見下ろすと、サンセットクルーズに、人が並びはじめてます。

00014460

 

テーブル湾のサンセット・クルージング

私も320ランド(約2,500円)を払って、乗り込みました。大西洋のクルーズははじめてだ。

00014461

乗船客も多国籍舞台。

00014465

出航です。所要時間は1時間半です。

00014462

お、酒もあります。
今日はもう、クルマ運転しないし、あとでいただくとしよう。

00014463

あれがサイロ地区のロビン島博物館。クロックタワーもありますね。

00014466

出航しても、船の甲板から降りない人たち。このままずっと、クルーズするつもり。

00014467

クルーが、行程を説明しはじめました。

00014469

続々と、サンセット・クルーズが出発しています。

00014471

横から見ると、ほんとにテーブルのような形をしてるね。

00014472

黒ビールをいただいちゃいました。
テーブルマウンテンに乾杯!

00014474

酒飲んでるの私くらいかな。

00014480

アザラシ?アシカ?

00014475

このブイは、なんのためにあるの?アザラシのため?
イルカも見れるそうですが、見れるかな。

00014476

20時近くになって、太陽が沈みはじめます。

00014479

おお、テーブルマウンテンの見事なシルエット。

00014481

00014482

陽が影って、少し肌寒くなりました。それでも、海風に当たり続ける人たち。

00014484

みんな、もうタオルを被ってますよ。
日中の暑さがウソのように、一気に風が冷たくなった、そんな感じです。

6時間前、ケープタウン空港に降り立ったときは42度だったのに。今は、20度前後でしょう。

00014485

この人たちは、イルカ発見隊。
さっき、いたらしいけど、私は見そびれてしまいました。

00014487

これは、船上でふるまわれたシャンパン。

00014488

00014489

夕日が大西洋の向こうに沈みます。

00014490

シャンパン片手に、夕陽を眺める人たち。

00014491

今日は、実は絶好のテーブルマウンテン日和だったんじゃない?

00014495

街に灯りが灯りはじめました。

00014496

ケープタウンは、南アフリカ共和国第二の都市なんですよね。

00014498

あれは、サッカースタジアムですね。

00014500

00014501

刻々と、空の色と、街の灯りが変わっていきます。

00014503

00014504

00014505

ただ眺めてるだけでも楽しい。
今、私は、地球の反対側にいるんだ、そんな感傷もよぎります。

00014506

地球の裏側でも、三日月は鑑賞できます。

00014507

すっかり夜になりました。

00014509

入港です。

00014511

スタッフに「チップ」を渡して下船します。
あげてる人もあげない人もまちまち。私は20ランドほど渡しました。

00014512

 

南アフリカ料理のディナー 赤ワインの受難

さて、何気にお腹すいています。
グーグルマップで目星をつけておいた、南アフリカ料理の店に入りました。

00014522

南アフリカといえばワイン。でも、銘柄なんて、わかりません。
黒人女性のウエイトレスに、「おすすめの赤ワインを」、とオーダー。

料理もおすすめをオーダー。いつも通りです。

なぜか、水もすすめられたので、そのままオーダー。

00014514

店内の雰囲気。

00014515

00014516

なんと、登場したのは白ワイン。私の発音悪かったかな・・・

水は、炭酸が入ったのが出てきました。

00014517

私の、すぐ背後にある、ワインケースに並ぶ赤ワインがうらめしい・・・

00014518

注文した料理が出てきました。
エビにイカにタラ。三種類のフィッシュディッシュでした。

魚料理だから、気をつかって、白ワインにしたのかな。でも、久しぶりに飲む白ワインも、なかなかイケてました。

料理はもっとイケてました。

00014519

ワインをおかわり。
今度ははっきり、「レッドワイン。」と言ったつもりだけど、また白ワインが出てきた。まあ、いいや・・・

00014521

満腹して、店を出ます。
人通りは減ってるけど、お店は盛況なウオーターフロント。

00014523

ウオーターフロントを出ます。
さあ、ここからは大変だ。

00014524

誰か歩いてれば、ついていけるんだけど、人気なし。正直、怖い・・・

00014525

酔いの覚める思いでしたが、なんとか、ホテル前の通りに出られました。

00014526

昨夜(でいいのかな)、成田を出てから、ずっと活動しっぱなしだったので、さすがに疲れました。

明日は、天候しだいで、テーブルマウンテン、あるいは喜望峰、午後はロビン島のツアーに参加です。
早く寝て、疲れをとらないと・・

タイトルとURLをコピーしました