【ボスニア・ヘルツェゴビナ】3日目(その2) スターリ・モストの見える風景

モスタルとは、ボスニア語で、「橋の守り人」。
そして、世界遺産にもなっている、ネレトヴァ川の両岸を結ぶ橋がスターリ・モストです。

実はこの橋、1993年のボスニア紛争により、破壊されました。

その後、紛争がおさまり、ユネスコ協力を得て、2004年に再建されたのです。

そのおかげで、私などが、こうして美しい橋の外観を眺めることができるのです。

00016525

それにしても、こんな平和そうなところで、目を覆うべき殺戮があったとは、にわかには信じられないな・・・


スターリ・モストの上から眺める旧市街

この狭い町。どこを歩いても、スターリ・モストに行き着いてしまいます。

00016471

まわりはお土産屋さんだらけ。あとで、キーホルダーでも仕入れるとします。

00016470

午後の早い時間、太陽の角度の関係で、写真が撮りにくかったんです。

夕方になって、また、スターリ・モストのまわりを散策に来ました。

ちなみに、石畳はツルツルで滑ります。雨でも降ったら危険そう。

00016472

うーん、まだうまく撮れない・・・  たんにウデがないだけか・・

00016604

これきっと、曇り空で薄暮ぎみだったら、幻想的な絵が撮れそうなんだけどな。

00016475

00016476

橋は破壊されちゃったけど、両岸の古い建物は無事だったのかな。
ほんとに中世のヨーロッパを思わせる家並み。これぞ旧市街って感じですね。

00016478

00016479

スターリ・モストの西岸

西岸に渡ります。

00016480

ネレトヴァ川の西岸は、カトリックのクロアチア人のエリア。

00016482

でも、こちらも東側と同じように、レストランやお土産屋さんが並びます。

00016481

旧市街のお土産屋さんを、のぞきこみながら散歩するの好きだなあ。

00016483

今まで行った、いろんな町の風景を思い出します。
イスタンブール・エルサレム・イスファハーン・ルクソール・バクー・・・

00016485

いやあ、ほんとにいい雰囲気だなあ・・

00016486

00016488

路地を一本入ると、ネレトヴァ川の支流にかかるミニ橋。
あちら側は、あとで行ってみましょう。

00016489

よくみると建物の壁には、無数の穴ぼこが。
紛争のときの弾痕のようです。

00016490

00016491

どんどん奥へ進みます。

00016492

00016493

狭い旧市街なので、あっという間に、旧市街の終点に着いちゃいました。

00016494

暑いし、のども乾いています。

ハイネケンとミネラルウオーターをオーダー。
「サイダー?」と聞かれ、首を振ります。ミネラルウオーターを炭酸入りで飲む習慣があるんですね。

ロシアに行ったときもそうだった。

00016495

冷たいハイネケンで生きかえります。3月のモスタルが、こんなに暑いとは。

とはいっても、私が歩き回っているから暑いだけで、気温は15度くらいです。

00016496

休憩して、体力回復。

今度は、旧市街から一段下がった路地を散策です。

00016501

ホテルも、それなりにあるようですね。
この町で泊まれば、夕暮れに霞む旧市街や、夜の石畳も見れたんだな、なんて思います。

00016502

ホテルだけでなく、ペンションもいっぱいありそう。
懐かしい、白いワーゲン。

00016504

このあたりにたたずんで、しばらく景色を眺めます。

00016505

これ、夜見たら、なかなか幽玄だろうな。

00016607

じっとしてると、川の流れる音だけがして、どこか、日本の山峡の町のような気もしてきます。

00016508

モスクの塔が目立ちます。

00016510

あのミニ橋のところに行ってみましょうか。

00016608

この橋も、破壊されて再建されたのかな。

00016608

川の流れる音が気持ちいい。
いわゆるシーサイド・ホテルは、何度か泊まったことあるけど、リバーサイドホテルは、あまり記憶にないなあ。

この町に泊まればよかったかな、ちょっぴり後悔・・

00016513

よく見れば、破壊されたままですね。
こんな美しい町をまったく・・・

00016610

観光シーズンは夏と聞きます。
夏は、リバーサイドのテラスも満席になるんでしょうか。

00016516

向こう側の路地は、さっき歩いた路地。

00016517

河原から見上げるスターリ・モスト

河原に降りてみます。

00016518

泳げる夏は、この河原も人でいっぱいになるのでしょう。

00016519

河原から、スターリ・モストを見上げます。

00016611

ちなみに、川の流れは、相当に早いです。

00016612

しかし、ヨーロッパの人って、再建するの上手だよな。
全然違和感ありません。

00016614

記念撮影。サッカーチーム?

00016524

夏は、あの上から飛び込み大会があるそうです。
道頓堀よりは、ずっときれいな川だけど、着水するとき痛そう・・

00016613

夕暮れのモスタル

太陽も傾いてきました。河原から上って、すこし街道沿いを歩きます。
破壊されたままの建物。

00016526

あの先が、旧市街の入り口。

00016527

交差点に出ました。
右へ行けばサラエボ方面。左に行けば、クロアチアのドゥブロヴニク。

実は、今回の旅、欲張ってドゥブロヴニクまで足を伸ばそうとも考えたのですが、さすがに正味4日の旅では、3カ国を訪れるのは無理でした。

00016528

クロアチアは、まだいつでも行けます。
バルカン半島の旅の楽しみをとっておきましょう。

00016529

00016530

さて、17時近くになったので、そろそろバスターミナルに戻りかけます。
再び旧市街へ。

00016531

かわいいATMがあったので、少々おカネをおろします。

00016532

そしてお買い物。

00016533

家族プレゼント用に、いくつかキーホルダーを買い求めました。
自分用にも何個か。いい思い出になります。

00016615

タイトルとURLをコピーしました