筑波山の尾根 女体山~男体山の散歩 ケーブルカーで下山

誰もいなければ、叫びたくなるような筑波山・女体山の山頂ですが、本日の筑波山は、秋晴れ&休日で激混み。

爽やかな空気を数分楽しんで、後続の登山者にスペースを譲ります。

筑波山・女体山登山の様子はこちらです。

女体山~御幸ヶ原 筑波山尾根の散歩

女体山御本殿も、大変な賑わい。

一人の旅人として、日本国民が、外出しはじめたことにほっと胸をなでおろしています。

観光地は観光客で生計を立てているわけですから。

さて、ここを下るとロープウェイ駅に出ますが、それに乗ると、行き先は「つつじヶ丘」。

クルマで来た私は、筑波神社のふもとに止めています。

「つつじヶ丘」では、方角が逆です。下山はケーブルカーを使うつもりでいますが、そのためにも男体山のほうへ向かいましょう。

尾根なので、もう急な斜面はありません。気持ちのいいハイキング。

尾根に入っても、奇岩が現れます。

たしかに、ガマカエルのかたちしてますね。

パワースポットでもあるそう。

尾根を歩いていると、出現する「せきれい茶屋」。

ちょうど、昼時なのでランチにしますか。

と思ったら、おばさんが一人でやっているようで、本日の客をさばききれていません。

お店をひととおり拝見して退散します。

茶屋の名前にもなっている「せきれい石」。

このあたりを「かたくりの里」と呼ぶそうです。

カタクリとは花の名前。春になるとここの遊歩道は、自然のまま群生しているカタクリを鑑賞できるそうです。

御幸ヶ原で筑波山名物「つくばそば」のランチ

さきほどの「せきれい茶屋」で食べ損なったので、こりゃランチ抜きかなと覚悟しましたが、御幸ヶ原に着いてみると、お店がいっぱい出ていました。

その一番手前のお店に入りました。

ちなみに、トイレも、このお店の横にあります。考えてみれば、筑波山は登山中、トイレはひとつもなかったな。

名物の「つくばうどん」もありますが、私は「うどん」より「そば」派なので、「つくばそば」をオーダー。

メニューをみると、ほかにもいっぱいあります。

お店の様子。

お土産屋さんも兼ねてます。

TVでも紹介されたみたいですね。

 

さて、「つくばそば」です。

こしの強いそばの上に、具がたっぷり。

つくば茜鶏の肉団子や、茨城のブランド豚「ローズポーク」のバラ肉などがふんだんに使われてます。

濃い目のスープも美味しく、ノンアルビールまでオーダーしちゃいました。

クルマですからね(笑)

展望台から見下ろす関東平野

腹ごしらえして、広場に出ると行列が。

ケーブルカーを待つ行列ですね。

下山はケーブルカーを使うつもりですが、その前に展望台に登ってみましょう。

展望台の1階でも、食事ができます。

展望台の様子。

御幸ヶ原の広場を見下ろします。

ケーブルカーの行列が、少し長くなった気が・・・大丈夫かな。

展望台から見下ろす関東平野。

 

高いところから見下ろすというのは、気持ちのいいものです。

晴れた日を選んで来てよかった。

展望台から徒歩15分 男体山の山頂へ

自力で女体山に登ったことで十分満足ですが、御幸ヶ原の広場から15分ほどで男体山の頂上までいけるらしいので、トライです。

途中、岩の険しいところがありましたが、難なく乗り越えて頂上へ。

女体山より6m低い、標高871mの男体山山頂です。

こっちは、女体山と比べて人気ないのかな。閑散としています。

でも、広々とした関東平野が広がる様子は同じ。

2つの山の山頂に足跡を残すなんて、人生初体験。登山の無事を感謝して下山です。

ここまで来て怪我をしたら元もこもありません。気をつけて御幸ヶ原へ。

ケーブルカーで下山 筑波山にさよなら

さて、終日よい天気だった筑波山にお別れです。

ケーブルカーのチケットを買いました。片道で590円です。

それなりに行列はありますが、20分間隔の運転なので、すぐに乗れるでしょう。

案の定、ちょっと待っただけで、すぐに順番が来ました。「もみじ」号です。

すごい急坂です。香港のビクトリアピークのピークトラムを思い出しました。

満員だけど、いい位置をGET。

下ります。

子供も大人も、前方の景色が気になります。

途中駅ですれ違い。びっくりしたのは、むこうも満員なこと。

これから登って、夜景でも見るのかな。

全国で5番目に開業したケーブルカー。

全長1,634mは日本で3番目に長い距離。

3時間かけて登った山を、わずが8分で下ります。

終点、というか起点の「宮脇」駅に到着。楽しかった筑波山登山紀行が終了です。

実は、このあと霞ヶ浦の夕日でも見に行こうかな、なんて計画していたのですが、間に合わなくなってしまいました。

身体も疲れてるし、登山と、他の観光を組み合わせるのは無理がありそうです。

筑波山神社と7時間ぶりの対面。登山の無事を感謝。

楽しい1日が終わりました。

ところどころ、紅葉が色づきはじめている筑波山でした。

筑波山登山のルート計画はこちら。

筑波山登山の様子はこちら。

タイトルとURLをコピーしました