【マカオ】1日目(その3) 雨のマカオ 世界遺産巡り

さて、お腹もいっぱいになったところで、また散策開始。

グーグルマップによると、今いる地点は、世界遺産が点在する歴史市街地区に近いはず。

お店のお姉さんに、スマホの写真を見せて「聖ポール天主堂」はどこ?

と、聞くと、「すぐそこ!」との返事。

DPP_13692

聖アントニオ教会

そこで、店の脇の路地を登っていきます。

たしかに、なにか教会のようなものが見えます。

たしかに、あれは「聖アントニオ教会」に違いありません。

DPP_13694

やっぱりそうでした。しかし、雨が降っているからか、クルマの渋滞がすごい。

DPP_13697

DPP_13699

この教会は、マカオでのキリスト教発祥の地であるとのこと。

DPP_13702

しかし、2度の火災にあって、現在の建物は1930年に再建されたものらしい。

これも世界遺産。

DPP_13706

DPP_13707

教会の前の道路。相変わらず渋滞が激しい。

DPP_13708

雨がたたくナーチャ廟

クルマ通りを避けて、ブラブラと南下します。

雨が降る中、見知らぬ街路をあてもなく歩くのは、なんともいえず楽しいです。

DPP_13711

ポルトガルなんて行ったことないけど、ポルトガルらしい街並みってことになるんだろうな。

DPP_13712

ナーチャ廟とあります。行ってみましょう。

DPP_13714

マカオでは珍しいのかな。中国式の寺院です。

激しく雨がたたく様子は、旅愁を誘うよな・・

じっとしてると、雨が軒をたたく音しかしません。

DPP_13716

実は、これも世界遺産。

DPP_13717

1888年に伝染病を鎮めるために建立されたとのこと。

DPP_13719

そして、振り返ると、聖ポール天主堂跡の裏側。

そびえ立つグランドリスボアとのコントラストが、まさに対比の妙です。

DPP_13720

雨でも賑わう聖ポール天主堂跡

聖ポールなのか聖パウロなのか、わかりませんが、WEBで検索すると、どちらも出てきます。

この建物は、1835年の火災で焼失。この壁だけが残ったとのこと。

ワンピースに出てくる、ジャヤのクリケットの家のよう??

DPP_13723

雨にも負けず、大勢の観光客で賑わっています。

DPP_13724

1640年に建設された当時は、ローマ以東で最も美しい教会とされていたらしい。

ローマ以東って、間にあるトルコや東ローマ帝国の国々。それらをすっ飛ばして、ここマカオが評価されるなんてすごい。

DPP_13727

たしかに細部までよく描かれています。もちろん、これも世界遺産。

ほんと世界文化遺産だらけだね。

DPP_13728

DPP_13729

グランドリスボアがあそこにあるということは、リスボアホテルは、その隣。

じゅうぶん歩いて帰れそうです。

DPP_13722

地下にある博物館に向かう人々。私は、いいかな。

DPP_13730

DPP_13733

下の広場に降りてみましょう。

DPP_13735

うん、たしかにカッコいいわ。

DPP_13742

さて、また歩き回ったんで、のどが渇きましたね。

DPP_13736

DPP_13740

ジュースでもよかったんだけど、今朝からコーヒーを飲んでないことを思い出して、スタバ。

コーヒーでの一服は、ほんと活力がわきます(*^^)v

DPP_13931

また、散策開始。

DPP_13739

この人たちは、地域住民? それとも中国本土の人?

いつもながら、日本語は、ほとんど聞こえてきません。この圧倒的な孤独感、最高です(笑)

DPP_13741

でも、多分、日本人、そこら辺にいるんでしょうけどね。

DPP_13744

へえ、中学ですか。

DPP_13745

たしかに、坂の多い街です。

DPP_13747

モンテの砦から見下ろす古い街並み

モンテの砦に登ることにしました。

DPP_13748

すごい威圧感! これまた世界遺産です。

DPP_13750

DPP_13751

おお、グランドリスボアが手に取れる近さですね。

DPP_13752

もちろんこれらはレプリカ。そして、実際に使われたのは1回だけとのことです。

DPP_13755

DPP_13753

実際に砲撃したら、どのくらいの距離まで飛ぶんだろうね。

DPP_13756

雨が降ると、花がより美しく見える・・

DPP_13758

モンテの砦から見下ろすマカオの街。

DPP_13760

新旧入り混じって、すごく趣があります。

DPP_13761

聖ポール天主堂跡の広場まで降りてきました。

時刻は16時。歩き疲れてきたので、ホテルに戻りますか。

そろそろチェックインさせてもらえる時間のはずです。

DPP_13762

観光客なのかな、それともふつうの市民?

DPP_13764

細い路地も楽しい。傘が若干じゃまだけど。

DPP_13766

DPP_13768

DPP_13771

リスボアホテルが見えてきました。

このように、マカオの街は、バスが走り回っています。電子マネーカードを作っておいた方が、面白い散策になるかも。

DPP_13774

気温26度とそんなでもないんですが、歩き回ったので、汗びっしょりです。

でも、なぜかそんなに蒸し暑くない。蒸し暑さでは、こないだ訪れたベトナムの方が上。

DPP_13776

新旧リスボアをつなぐ連絡通路。なんか、何もかもがけばけばしい。

DPP_13778

ホテル併設のカジノですね。

DPP_13780

こちら側は、新カジノのグランドリスボア。

DPP_13781

いやいや、このきらびやかさがなんとも・・・  夜見たら、もっとすごそうだ。

DPP_13782

そのカジノに、大勢の人が吸い込まれていきます。

DPP_13789

私の泊まるホテルはこっち。夜はカジノものぞいてみよう。

DPP_13792

それにしても、どうやって造ったんだろう? 建設費はどのくらい?

DPP_13803

ホテル・リスボアにチェックイン

ホテルの中に入りました。

ホテル・リスボアは、昔も今もマカオのランドマーク的な存在。

総客室数は924部屋もあり、大型カジノが併設された大規模な老舗ホテルです。

隣にグランドリスボアがオープンし、豪華さや客室の数ではかなわなくなりましたが、それでも歴史観は圧倒しています。

前にも書きましたが、ここは「深夜特急」の沢木耕太郎氏が、博打で文無しになって、あやうくロンドンまでの旅を中止せざるを得ないところまで、追い込まれてしまったところ。

マカオに来るなら、泊まってみたいという気持ちがありました。

DPP_13807

私の旅人生。今まで、泊まったホテルの中でも、群を抜いてケバイ!!

DPP_13808

チェックインすると部屋は16階でした。

タバコを聞かれ、NOと言うと、「×××でもいいか?」と聞かれました。何だったんだろう?

そして、エレベータで16階を押してもボタンが光らず。

また途方に暮れていると、乗り合わせた中国人が、部屋のカードキーをかざすんだよと、丁寧に教えてくれました。

DPP_13810

エレベータホールもすごい豪華。

DPP_13816

1泊14,000円の部屋。

DPP_13811

かなり豪華です。日本だったら、間違いなく3万以上いくでしょう。

というより、14,000円で泊まれるの? という感想。1人で泊まるのは、ほんともったいない。

それでも、こんな高い部屋をチャージするのは、今までの旅の中で屈指のできごと。

1泊1万円を超えたなんて、テヘランとエルサレム、それ以外思いつきませんが、まあ、楽しみましょう。

DPP_13812

ミニバーは飲み放題とのことでしたが、これだけかい(笑)

DPP_13899

とりあえず、シャワーを浴びて、体力回復。夕暮れになったら、もう一度出かけましょう。

タイトルとURLをコピーしました