【門司・下関】(その2) 壇ノ浦一人歩き

さて、関門海峡の下関側。

ここは、まさしく壇ノ浦です。

壇ノ浦に立って「壇ノ浦の戦い」を偲ぶ

00000299

832年前の源平最後の合戦の両雄。

壇ノ浦を背に、源義経と平知盛が対峙する姿は、迫力ものです。

00000301

当時8歳だった安徳天皇が、平時子とともに入水した場所がここ。

すごい覚悟だな、と、思います。常在戦場の心構えでないと、とてもできないでしょう。

00000302

それにしても、源義経って、ほんとにこんなにかっこよかったんでしょうか。

00000307

00000303

この海の下をくぐってきたんだね。
壇ノ浦で戦った武将たちが聞いたら驚くだろうな。

00000304

振り返ると、火の山公園が見えます。
せっかくここまで来たんです。登ってみますか。

00000305

下関のことを馬関と呼んでいたらしい。
下関の旧称が、赤馬関だったことに由来するとのこと。

明治維新以来、国際港として、おおいに栄えたんでしょう。

00000308

下関事件の砲台跡。

00000309

それにしても、長州藩は、イギリス・フランス・オランダ・アメリカをたった一藩で攻撃するなんて勇敢すぎます。

たった150年ほど前の話というのが、ちょっと信じられません。

00000310

火の山公園から眺める関門海峡

火の山公園にはロープウエイで行きます。
乗り場までは徒歩10分です。

00000298

ここから登っていくらしい。

00000311

午前中から、ずっと歩きっぱなし。さすがに疲れてきました(笑)

00000312

ここが乗り場ですね。さすがに平日なので、観光客はほとんどいません。

00000313

火の山ロープウエイ

チケットを買おうとすると、往復ですか?と聞かれました。
歩いて降りる人もいるのかな?

00000330

ふもとの駅は壇の浦駅。

00000335

かわいいロープウエイです。

00000336

発車近くなると、車掌さんが乗ってきて、壇ノ浦や火の山のルーツを観光案内してくれます。

それによると、「火の山」の由来は、外敵が来たことを知らせる狼煙をあげる場所だったから、とのことです。

00000315

00000316

頂上に着きました。
秋の雲とともに、関門海峡や日本海が広がります。

あの海の向こうが、これから向かう韓国・釜山です。

00000317

こりゃ、来てよかったな(^^)v

00000319

00000320

こうしてみると、海峡はいかにも狭い。
この狭い海峡を、多い日は1日1000隻の船が通過するらしい。

本州と九州が分断され、海峡ができたのは約6000年前のこと。

00000322

頂上の公園を歩いてみます。

00000324

00000325

 

00000326

さて、そろそろ、フェリー乗り場に向かいましょう。

今夜の出航は19:45。遅くとも18:30までにはチェックインを済ませるように言われてます。

00000328

00000331

頂上駅の名前は火の山駅。

00000332

帰りも、しっかりとした観光アナウンスがありました。

00000334

ふもとに着きました。
これから、ぶらぶらと下関駅に向かいます。

00000338

この坂の間から海が見える風景。数年前に旅した尾道の街を思い出しました。

00000339

00000340

00000341

しかし、いい街ですね。

00000342

門司港は、ほんとに目と鼻の先。

00000343

下関方面に向かって歩きます。

00000344

00000345

00000346

00000347

夕暮れの赤間神宮

あれは赤間神宮。

00000348

安徳天皇が奉られています。

00000349

朱の門は海底の竜宮城のイメージらしい。
「波の下にも都はございます」ですね。

00000350

00000351

中国人らしい団体と遭遇。
中国にとっては、下関など怨念の地のようにみえるのかな。

なにしろ、日清戦争の講和条約を結んだ地です。

00000352

00000355

さて、そろそろほんとに港に向かいましょう。

00000358

00000359

下関条約を結んだ日清講和記念館も近くにあるんですね。

下関条約から122年。

その間に、2度の世界大戦、冷戦の始まりと終結、数度の世界恐慌、IT革命を経て、現代があります。

人間の創る歴史とは、重く深いもの。ふと、そう思います。

だって、たった122年の間に、あれだけの出来事ですから。

00000360

00000361

00000362

下関とイスタンブール、あるいは中国・青島が姉妹都市とは、知りませんでした。

00000364

姉妹都市ひろばをぼんやり眺めます。
ここからは、バスで下関駅方面に向かうとしましょう。

00000363

ぼんやり眺めていたら、バスが行ってしまいました。
が、心配ありません。バスは頻繁に来ます。

00000366

00000367

下関駅に着きました。

00000368

何年かぶりの日本国内の一人歩きが終わりました。

久しぶりに歩いてみると、日本も捨てたもんじゃないですね。

さて、気持ちを切り替えて、今度は韓国・釜山への旅立ちです。

 

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました