【西村京太郎記念館】でトラベルミステリー劇中の一人になる【湯河原の観光名所】

推理小説というより、2時間ドラマの好きな方なら、だれでも名前を知っている作家「西村京太郎」。

トラベルミステリーの第一人者として、数々の名作を生み出し、その書籍は、学生時代に日本国内を放浪の旅をしていた頃、旅のお供に欠かせない存在でした。

日本の古都を舞台とする作品も多く、へたなガイドブックより情景を感じとれるのが、氏の作品の特徴でしょう。

実際、倉敷、東尋坊、京都直指庵あたりは、氏の作品に感銘を受けて訪れたもの。

トラベルミステリーとして名を馳せる以前の作品にも、海洋もの、パロディもの、社会派作品など名作が多く、尊敬する作家のひとりであります。

その西村京太郎氏が、湯河原に記念館を建てたのは2001年。

ずっと気にはなっていましたが、「青春18きっぷ」を使って静岡から身延への旅の帰り、寄ってみる機会が生まれました。

 

東海道本線・湯河原駅に到着したのが15時。

西村京太郎記念館の営業時間は16時半までです。

さて、湯河原駅に15時にいた人間が、本日中に「西村京太郎記念館」を楽しんでこれるでしょうかw

 

湯河原駅からタクシーで「京太郎記念館?」へ

閉館時刻も迫っていたので、タクシーを奮発。

乗り込んで「西村京太郎記念館へお願いします。」というと、

運転手は無線で、「京太郎記念館です。」

町の観光スポットとして定着している感じでした。

 

タクシーは湯河原の街を走り、新幹線の高架をくぐるとクルマを止めました。

所要時間は3分程度で、ワンメーターだったと思います。

 

川沿いの瀟洒な建物。

中に入れば、連続殺人事件でも起きそうな感じの雰囲気ですね(笑)

少し先には新幹線の高架が。

京都が好きな西村京太郎氏は、ながらく清水寺の近くに住んでおられましたが、病気療養の目的もあって、ここ湯河原に自宅を構えました。

この記念館の近くだと聞いています。

いきなり現れる殺人事件現場!

連続殺人を予感させるような外観だけでなく、扉を開けるといきなり殺人現場が・・

予備知識として知ってはいたけど、なかなかの演出です。

 

900円の入場料を払って、館内に入ります。

受付の方は、「写真撮影は自由ですよ。お荷物お預かりしましょうか?」と親切です。

血痕をたどるように二階へ。

そこには、氏の著作全作品400点以上が飾られていました。

殺人現場ではありませんでしたが、この著作で繰り広げられた殺人を累積すると、1,000人は死んでるかも。

いや「華麗なる誘拐」では、大量殺人もあったから2,000人以上は確実か。

土曜ワイド劇場? 数々の名シーン

2時間ドラマの好きな方なら、トラベルミステリーはかかせないでしょう。

私は三橋達也(十津川警部)と愛川欣也(亀井刑事)のコンビが好きだったな。

「愛と悲しみの墓標」はイタリアロケだったんですか。

それにしても、北条刑事役の山村紅葉さん。ちょっと太っちゃったよね(ごめんなさい)

トラベルミステリーの劇中の一人になった気分で、懐かしみます。

西村京太郎氏ヒストリー

今でこそ、ミステリー界の巨匠ともいえる西村京太郎氏も、その下積みの時代は短くはありませんでした。

そんな氏の足跡がパネルにこめられています。

「太陽と砂」で総理大臣賞を授賞した後も、売れない時代が続きます。

しかし、立ち退きを迫られていた母親の住居を買い取るために、賞金500万円をすべて母親に渡したエピソードには素直に感動しました。

ちなみに「太陽と砂」では21世紀の日本が描かれています。

カーナビに行き先を入力すると、自動運転で連れて行ってくれたり、大地震の起きる時刻を秒単位で予測可能な世界になってました。

そんな世界が、本当に来るといいですね。

「名探偵なんか怖くない」「D機関情報」「終着駅殺人事件」なんかは、けっこう好きな作品。

この辺からですね。売れっ子ミステリー作家として頭角をあらわしはじめたのは。

十津川警部ミステリーマップ

日本の小説に警察関係者の登場は数多くあれど、十津川警部ほどの行動派で、日本中を駆けずり回った刑事さんはいないでしょう。

 

氏のトラベルミステリーは、旅情を誘うようなものばかり。

しかし、ときには、推理小説には定番のアリバイトリックの見せ場もある。

中でも、時刻表トリックとしては「山陽・東海道殺人ルート」は、秀逸な作品の一つ。

 

寝台特急「さくら」のカルテットで殺人事件が発生。

しかし、容疑者には「さくら」の前を走る「あさかぜ82号」に乗車していたという鉄壁のアリバイがあった。

私は、このアリバイは崩せなかったですよ。

今だったら、乗り換え案内アプリで、簡単に解けちゃうのかな!(^^)!

この「山陽・東海道殺人ルート」は、ドラマでも子細に表現されたのが嬉しい。

寝台特急を3本も使う、今の日本ではありえない、長距離列車全盛期の素晴らしい軌跡だと思います。

この通りに行動出来たら、楽しいだろうな・・

「山陽東海道殺人ルート」は、ストーリーが復讐劇で、犯人側に感情移入できる、物語としても傑作でした。

 

時刻表トリックについては、こちらもどうぞ。

寝台特急あかつき殺人事件

日本海殺人ルート

 

そして、私の住む千葉県。

ほかにも「特急さざなみ7号で出会った女」や「ATC作動せず!」も千葉県だったような気もするけど。

楽しい大ジオラマの偽装トラベル?

二階のフロアの中心に配置されているのが、鉄道模型のジオラマです。

スイッチを押すと、列車が自動的に走り出す仕組みになっています。

けっこう複雑なレイアウト配線で、どのトンネルから列車が飛び出してくるのかわからない面白さ。

まさにトラベルミステリーですね。

世界各国の列車も展示されています。

もう、日本からはなくなってしまった「ブルートレイン」も。

400点以上の作品をひとつづつ眺めて

400冊以上も書き下ろした作家は、日本では西村京太郎氏と赤川次郎氏しかいないそうです。

 

400点以上飾ってある著作をひとつづつ丁寧に眺め、想い出に浸ります。

過去の思い出がよみがえります。

時間を忘れて、至福の時を楽しみます。

手にとれるのかな・・・と期待していたところ、ガラスケースの中で無理でした。

初版の奥付とか見たかったんだよね・・・

20数年前、やまなみハイウェイを車で走ったことがある。

今回、取材でやはりやまなみハイウェイを走ったら、二十数年前の記憶がパアッと蘇った。

旅はしておくものである。多少危険であっても・・

こんな奥付の記憶があるんだけど、さてこれは、なんのタイトルであったか・・

すごく記憶に残ってるんですけどね。

 

スタンプもいただきました。

当時のままの原本も展示されています。

手書きで原稿を執筆する西村京太郎氏

いまでも新刊を発刊し続けている西村京太郎氏。

しかも、それはすべて手書きだそうです。

特注の原稿用紙4,000枚分の執筆量にのぼるそうだからすごい・・

今年で90歳になろうという西村京太郎氏。若いです。

買える本もありました。

さて、そろそろ帰りましょう。

小一時間ほどいた「西村京太郎記念館」。タイムトラベルしている気分で、1時間が何年にも感じました。

 

階段のすき間から下を見下ろすと、さっきの殺人現場が・・

犯人は、ここから氷のような溶けてなくなる凶器を使用したのかも!(^^)!

劇中の一人になったような錯覚を楽しめる、ファンにとってはこたえられない空間ですね。

一階に設えてある「茶房にしむら 」は、感染症のためお休み。

「人生は愛と友情と裏切りで成り立っている」・・深い言葉だ。

「俺たちはブルースしか歌わない」の奥付けにも謳われていたように思います。

楽しい「西村京太郎記念館」でのひとときでした。

 

タイトルとURLをコピーしました