クチ・トンネル現地ツアー ~ 人生初の射撃体験【ベトナム旅行記 #2】

ぼったくりタクシー騒ぎで、ベトナム到着早々のハプニングでしたが、気を取り直して出かけましょう。

ホーチミン 朝の風景

今日は、ほぼ丸一日、ツアーに参加する日程。

午前中は、ベトナム戦争激戦地であったクチのトンネル見学、そして午後は、メコン川のデルタ地帯のクルーズです。

ちなみに、ホテルは「ラベンダー セントラルホテル」。

ホーチミン最大の市場ベンタン市場のすぐ近くにあり、めざすツアーの集合場所は、ホーチミンのバックパッカーエリアとして知られるデタム通り沿いにあります。

ベンタン市場からデタム通りまでは、歩いてすぐの距離です。

DPP_11614

では、ツアーの集合場所に行きましょう。

DPP_11617

途中、9月23日公園という名の公園を突っ切ります。

DPP_11620

DPP_11624

おお、これはすごい。

バイク王国とは聞いてましたが、これほどとは。バンコクを思い出しますね。

DPP_11632

これは、眺めているだけでも面白い。これがホーチミンの朝の風景。

DPP_11637

デタム通りにたどり着きました。

まだ、朝7時前ですが、気温は何度なのかな。ねっとりと熱気が絡みつきます。

DPP_11639

ツアー会社にたどり着きました。

ツアー会社のオフィスで、また少し休憩。従業員の皆さん、とても親切です。

DPP_11641

クチ・トンネルツアー 出発

運転手とガイドさんがやってきて出発です。

今日のツアー参加者は8人。まだ私一人ですが、これからホテルを回って拾っていくとのこと。

クチまでは、1時間半くらいかかるとのこと。

クチは、ベトナム戦争当時、解放戦線の拠点が置かれ、アメリカ軍にとって難攻不落の場所だったそうで、解放勢力が手で掘ったトンネルが今も残っているそうです。

ちょっと興味を感じたので、このツアーに参加した次第です。

それに、午後はメコン川クルーズも含まれてるし、一人で手配すると、1日ではすまない可能性もある。弾丸旅行者は、現地ツアーを積極的に使ったほうが、効率がいいと思います。

料金も80ドルと、1人参加の割にはそんなに高くなかったので。

DPP_11644

日本が、なにか経済協力でもしたのでしょうか。

DPP_11653

クルマの中から見るバイク集団の勢いも、これまたすごい。

DPP_11661

DPP_11668

ガイドさん曰く、バイクの数はタイに次いで多いとのこと。

シグナルグランプリでもやるのかって感じだね。

DPP_11669

ホーチミンの郊外に出ると、なにかの建物の前で停まりました。

DPP_11682

枯葉剤被害者の方たちの漆細工

ここは、漆細工を主としたお土産屋さん。

そして、作っているのは、ベトナム戦争時、あの枯葉剤で被害を受けた人たち。

神妙な面持ちで見学させてもらいます。

DPP_11675

写真はダメとのことでしたが、頼んで1枚だけ撮らせてもらいました。

DPP_11678

ささやかではありますが、購入しました。

それにしても、おそろしい化学兵器の現実。

そういえば、化学兵器を使ったとして、アメリカはシリアに空爆してましたが・・・

DPP_11800

クチ・トンネルに到着

さて、その工場を後にし、およそ40分。クチ・トンネルに到着しました。

このトンネルは、ベンディン地下トンネルと呼びます。

DPP_11684

中に入っていきます。

DPP_11686

ツアー参加者のしるし。ぺトラ遺跡ツアーを思い出しました。

DPP_11755

DPP_11688

虫よけスプレーがあるとよい、と言われた意味がわかりました(笑)

虫が大量に飛んでいます。

それにしても、すごい蒸し暑さです。

DPP_11689

アメリカ軍が落とした爆弾とのこと。

DPP_11690

その穴。当時のままなのでしょうか。

DPP_11692

トンネルの入り口の一つです。小さいとは聞いてましたが、ほんとに小さい。

DPP_11693

フタを閉めると、ほんとに何もなかったかのよう。こりゃ、たしかに、すごいカムフラージュだわ。

DPP_11695

ツアー客の中にはチャレンジする人も。私はやめておきました。

思いっきり、シャツが汚れそう・・

DPP_11696

身の毛もよだつ数々の穴

様々なトラップ。これで、アメリカ兵を生け捕りにしたそうです。

DPP_11699

身の毛もよだつ光景。

DPP_11701

次々に現れる、トンネルの入り口。ほんとに狭いですが、その方が見つからないし、爆弾に対する耐性も強かったらしいです。

DPP_11705

しかし、こんなトンネルの中に入って、砲撃をかわすなんて、どんな気持ちだったことでしょう。

ガイドさんが、とてもうまい日本語で説明してくれるのでわかりやすい。

DPP_11706

DPP_11708

一瞬本物かと思いましたが、当時の生活の様子を模した人形です。

DPP_11712

DPP_11711

女性兵士も命がけで戦っていたのでしょう。平和は尊いものです。

DPP_11713

銃によってあいた戦車の穴。

DPP_11715

様々なトラップ。

DPP_11716

よく考えられてるものです。しかし、怖い・・・

DPP_11719

爆弾製造の過程を、人形の動きで見ることができます。
過酷な任務だったことでしょう。

DPP_11722

DPP_11723

DPP_11725

トンネルエリアの一番はじまで来たようですね。

DPP_11727

生まれて初めての射撃体験

ここには、射撃場があるそうです。

そういえば、ここに来てから、ドカンドカンと音がしていたのは、この音だったんだ。

10発で500,000ドン(約2,500円)とのこと。

いやいや、せっかくなので撃たせてもらいますか・・勝手にワクワク(^.^)

DPP_11729

うわー、本物の銃!

無造作に実弾を装填する兵士から、いろいろ手ほどきを受けます。

そして、耳あてを装着。

DPP_11730

心臓が高鳴ります(笑)  当然、生まれてはじめての実射体験です。

DPP_11736

結果は、10発ぜんぶハズレ(#^^#)

残り5発くらいから、けっこう真剣モードになりましたが、気合入れたって、当たるもんじゃないですよね(笑)

西部警察の団長になった気分。

いい思い出になりました。

ガイドさんに、全弾ハズレをからかわれながら、ライス・ペーパーハウスへ。

DPP_11741

文字通り、米から作る紙。

DPP_11740

トカゲなんて、久しぶりに見ました。

DPP_11743

トンネル通過実体験

今度は、ほんとにトンネルの中をくぐってみるようです。

ちなみに左にいる方が、今回のツアーのガイドさん。とても、わかりやすい説明で、親切な方でした。

DPP_11746

比較的広い、とはいっても、腰はかがめたまま。これ、ぎっくり腰の人だったらヤバいんじゃない?
かなり狭いです。

DPP_11747

実際、ほんとうに真っ暗です。

DPP_11748

40mが、とてつもなく長く感じられて、ようやく外へ。

蒸し暑さも手伝って、一気に汗が吹き出しました。

こんなとこで、生活してたんだ・・・

トンネルの総延長は200kmにも及んだと聞きます。

DPP_11750

ひと通り見学が終わって、ちょっと休憩。

蒸し暑さが体力を奪い、また睡眠不足も加わって、けっこう疲れました。

DPP_11757

当時の人が、食べ続けていたというイモ。

DPP_11756

それに、笹の葉のお茶をごちそうになりました。

DPP_11758

DPP_11759

DPP_11761

クチ見学も終わりです。

DPP_11763

DPP_11765

いろいろ学ぶこともあったクチ・ツアーでした。

DPP_11766

タイトルとURLをコピーしました