裸足でめぐるヤンゴンのパヤー【ミャンマー旅行記 #3】

さて、ヤンゴンの象徴といえば「パヤー」(仏塔)です。

この街には、いったいいくつのパヤーがあるのでしょうか。

最大の聖地「シュエダゴン・パヤー」を中心に、周囲のパヤーを、勝手を知った運転手に案内してもらいます。

あらためて思ったけど、ここヤンゴンには半日しかいないんだよね。時間をカネで買わないと。

タクシーでヤンゴンのパヤー(仏塔)めぐりスタート

いきなり現れる、パヤーだか教会だかホテルだか、見分けのつかない建物。

00005283

なんだろう??

00005284

タクシーが大通りから路地裏に入り、ミャンマーの庶民の生活が目に飛び込みます。

00005285

おお、見えてきました。最初のパヤー。

00005286

スウェドーミャッ・パヤー

運転手に、見学してるあいだ待っててもらい、背中の荷物も車の中に。

こりゃ、やっぱり、タクシーをチャーターして正解でした。けっこう暑いし。

さて、パヤーの中に入ろうとすると、靴と靴下を脱ぐように言われます。

懐かしい! スリランカでもそうだった・・・

00005294

運転手によると、「スウェドーミャッ・パヤー」とのこと。

それにしても、いきなりのこの迫力。ふつうに建設するだけでも大変だろうに。

昨夜、自宅を出て、翌朝に異国のこの刺激。旅はやめられませんね(^^)v

00005287

とにかく、肌を出しすぎてはいけない、仏教の慣習です。

00005288

入り口で、日本の住所や名前を書かされます。

これ、訪れる外国人みんなにやってたら大変だろうなぁ。

2,000チャット(160円)を払って、チケットをもらいます。

チケットにも、JAPANと手書きで記入されます。

そして、受付の職員は、とても愛想がいいです。

00005361

直射日光の強い外部から、中に入ると、ひんやりとした空気。
冷房が入っているわけでもないのに、なんでだろ?

00005289

比較的新しいパヤーのようですが、驚かされます。

00005290

キラキラしすぎて、オートフォーカスのピントがうまく合わない気がします。

00005291

ブッダの仏歯が納められているらしい。

00005344

それにしても暑い。床も焼いた鉄板のよう。
そんななか、裸足で何事もなく歩き回る現地の人たち。

00005292

私は、防熱シートの上以外は歩けません。
シートの上だって、ずっと立ってると、足の裏からチクチク痛みが。

我ながら、やわい足なもんだ(笑)

00005293

さて、次のパヤーに移動。
おすすめのパヤーを、運転手におまかせです。

ちなみに、パヤーに着くたび、くつと靴下脱ぐのめんどうなので、裸足でクルマに乗ってます。

00005295

ティリ・ミンガラー・カバーエー・ゼディ

はい、次のパヤー。名前が聞き取れなかった・・・

しかし、後で調べると、「ティリ・ミンガラー・カバーエー・ゼディ」。

通称「カバーエー・パヤー」と呼ばれる、世界の平和を祈願して建てられた仏塔とのことです。

 

クルマを降りて、裸足で、建物の下までダッシュです(笑)

00005296

そして、そのまま入ろうとすると、係員に呼び止められます。

00005297

そして、そこで待ってろという仕草。

言われたとおりに待ちます。入場チケットかな・・・

00005299

係員が持ってきたのはシール。
そして、私のTシャツに貼り付けました。

ADMISSIONとあるから入場チケットの代わり??

でも、なぜか、おカネはいらないとのこと。

00005345

申し訳ないので、その箱に、2000チャット(160円)ほど投入します。

00005300

みんな裸足。

00005301

中に入る前に、周りを見渡します。

00005302

白い石畳と金色の仏塔が、太陽光を反射し、目を開けていられないほど。

00005303

中に入ると、さっきと同じように、少しひんやりして気持ちいい。

00005305

金ではなく銀の仏像。
なんか、ほんとにピントが合わない。

00005307

そして、周囲は銀の鏡で覆われています。すごい構造です。

00005308

こちらの仏像は顔だけ付け替えたのでしょうか。

00005309

ビルマ語? まったく読めません。

00005310

ビルマ人も参拝に集まっています。

00005311

この中にいる異国人は、おそらく私だけ。
みなさん、そんなこと気にも留めずに、談笑しています。

00005312

足の裏の鍛え方が違う。ほんと、よく熱くないと思う。

00005314

カバーエー・パヤーを出ようとしたとき、入れ違いにゾロゾロ入ってきたビルマ人たち。
顔つきが日本人に似てるので、妙に親近感を覚えます。

00005315

00005316

聖洞窟 Maha Pathana Cave

さて、次は「Maha Pathana Cave」という聖洞窟です。

00005317

僧の集会所とのこと。

00005318

高貴な仏像が並びます。顔や座高が、みんな微妙に違いますね。

00005319

00005320

ここは聖洞窟です。
仏様を前に、寝そべっていいのかな(笑)

寝そべりながら、スマホいじってる子もいる。時代が変わったということでしょう。

でも、みんな、仏様には足を向けていません。

00005321

では、集会所にもさようなら。

00005323

聖洞窟を出て、正面を見ます。
あの止まってるシルバーのクルマが、チャーターしたタクシー。

早く戻ってきてよ・・・  足の裏が熱いんだから!

00005325

再び移動。次は、どこに連れて行ってくれるのかな。

00005326

空港のエリアから、だいぶダウンタウンに近づいてきた感じです。

00005327

高層ビルなどが現れはじめました。

00005328

チャウッターヂー・パヤー

次は、寝そべった仏様で有名な「チャウッターヂー・パヤー」。

駐車場から、裸足のまま、館内に駆け込みます。

00005346

とたんに現れる、寝仏様。

00005330

まてよ?
だから、さっきの修行僧たちは、寝そべってもいいのかな?

それにしても、タイのワットポーを思い出します。

00005331

仏様の足元のほうに回ってみます。

00005332

足の裏のこの絵文字はいったいなんなんだろう??
仏教の宇宙観とのことですが、動物の絵が多い。

00005333

こちらは、仏様の背中側。

腕やうなじなど、ほんとに精巧に、かつ艶かしくつくってあります。

00005335

そして、巨大!

00005343

参拝に来た現地の人。

00005336

口紅にアイシャドー(っていうのかな?)、マニキュアまで、ほんとにオシャレな寝仏様です。

00005339

チャウッターヂー・パヤーで記念撮影するビルマ人。

00005341

さて、そろそろシュエダゴン・パヤーに行くのかな、とたずねると、運転手は「待て待て、その前に、もう一つ見せてやる。」

走り去るクルマの車窓からも、いろんな仏塔が見えます。ほんとに仏教の国だな。

00005347

何と読むのかわかりませんが、運転手は「ナタジー」みたいに発音していました。

00005351

巨大な大仏は修復中。

00005348

ビルマ文字って、面白いよな。

00005349

全然読めないけど。

00005350

風紀に厳しい仏教の国。

00005352

超駆け足でしたが、ヤンゴンの仏塔群を垣間見れて、大変満足です。

しかし、しかし・・・  足の裏が痛い(笑)

タイトルとURLをコピーしました