【イスラエル】2日目(その1) 早朝の聖墳墓協会 ~ヴィア・ドドローサの散歩~ ⇒ パレスチナ ベツレヘムへ

今の時期、イスラエル全域で、夜明けはほぼ6時半頃。これから、毎朝6時起床です。
早起きして、目いっぱい時間を有効に使うことにします。

今日の予定は、早朝の旧市街を散策した後、パレスチナ自治区のベツレヘムへ行くこと。

これは、誰もいないホテルの玄関前です。

DPP_2891

おお、太陽が昇り始めてます

日中は暑かったのが、早朝ともなると20℃前後でしょうか。空気が涼しく気持ちいいです。
標高800mを感じさせますね。

DPP_2892


誰もいない旧市街の路地、味があります。
でも、治安上、ヤバくもあるので、慎重に・・・

00000100

日中、あれだけ盛況だったスークも、まだこの通り。
途中で左に折れて、聖墳墓教会へ行ってみます。

DPP_2893

これは、一体なんだ? ヘチマ?

00000101

ゴルゴダの丘ですか・・・  キリスト教徒でないので、観念の中だけで、感動している自分。
さすがに朝早く誰もいません。

DPP_2894

と、思って入ったら、お祈りの声がします。
教会の中をさまよいます。ていうか、勝手に入って大丈夫かな。

DPP_2895

DPP_2896

DPP_2897

すると、イエスの墓のところで、大勢のキリスト教徒が礼拝中でした。
それにしても、イエスの墓とは・・ なんか、話が大きすぎて怖い・・

DPP_2898

DPP_2899

DPP_2901

香油を注がれた石だそうです。

DPP_2900

この大理石板は、十字架から降ろされたイエスに香油を塗った場所だそうです。

DPP_2902

なんか、すごいところに来た・・ そんな感じです。

DPP_2903

DPP_2904

DPP_2905

DPP_2906

DPP_2907

私はキリスト教徒ではありませんが、それでもどこか空気の重みを感じます。
礼拝者の一人一人が敬虔だからでしょうか。

DPP_2909

DPP_2911

一通り拝見して、外に出ると、まだ7時前なのに、観光客が集まりはじめていました。
観光客というか、巡礼者ですね。

DPP_2912

DPP_2913

DPP_2914

聖墳墓教会を出て、ビア・ドドローサという、イエスが十字架を背負って歩いた道をたどってみます。
ビア・ドドローサとは、悲しみの道という意味だそうです。

DPP_2917

DPP_2916

当時も今も、繁華街だったそうです。
そして、母マリアが、イエスが連れられて行くのを見守った場所とのこと。

私は、本当にそんなところにいるんでしょうか。

DPP_2918

DPP_2919

旧市街は、ほんとに細かい路地が縦横に入りくんでいます。
でも、各ストリートの名称はしっかりと明記されています。

DPP_2920

イエスを処刑したのは、というより、その要因となったのはユダヤ人(とされている)。
その後、キリスト教が世界を席巻するにつれ、ユダヤ人は迫害の的(の要因の一つ)となる。

そのユダヤ人たちが、イエスが処刑された場所で、(地区は別にせよ)一緒に生活している。

どう理解すればいいのでしょう。学生時代に、もっと勉強しておけばよかった(笑)

 

ヴィアドドローサを歩いて、学校あるいは勤めに向う人々。

DPP_2922

DPP_2923

それにしても、美しい通りです。

DPP_2924

00000103

DPP_2925

DPP_2926

DPP_2928

日曜日なのに、学校かな?

DPP_2930

イエスの裁判が行われた、エッケ・ホモ教会の入り口です。

DPP_2931

エッケ・ホモアーチ。西暦135年に建てられたそうです。
建造物のほとんどは、当時のままでしょうか。
十字軍のときなどに破壊され、修復されたものもかなりあるでしょう。

DPP_2932

DPP_2933

もう一度、聖墳墓教会の前に戻ると、キリスト教徒の人たちが集まりはじめていました。

DPP_2934

7時過ぎになって、ホテル前に戻ります。

DPP_2935

ホテルの朝食はバイキングです。
朝から歩き回ってきたので、おいしくいただきます。

DPP_2936

DPP_2937

さて、腹ごしらえを終えて一息ついたら、アラブバスに乗ってベツレヘムへ向かいましょう。

ベツレヘムは、遺跡などのあるジェリコやラマッラと同じく、パレスチナ自治区にあります。
パレスチナ自治区は、イスラエル国内にある、文字通りのパレスチナ人たちの自治区です。

行き来するためには、チェックポイント(検問所)を通過する必要があり、特にイスラエル兵がパレスチナ人たちの動向を監視しているように見えます。

日本の外務省も、この自治区については立ち入りを制限しており、これから行くベツレヘムなどは「レベル1」の注意喚起情報のみですが、パレスチナ自治区そのものは「レベル3」、つまり重要な所用がない限り、入ってはならない場所としています。
 
何故こうなったかは、教科書的には、もともとパレスチナ人たちが暮らしていた場所に、ユダヤ人たちが次々と入植を(イギリスがいいよと言ったから)はじめたから、ということなんでしょう。

いわゆるパレスチナ問題です。

パレスチナ地図

※外務省海外安全ホームページより(2016年9月現在)

その、パレスチナの地に行ってまいります。

バスは、昨日瞥見したダマスカス門のそばから出ています。運転手に「ベツレヘム?」と聞くと、すぐに目当てのバスが見つかりました。

DPP_2938

乗っているのは、ほとんどがパレスチナ人のようです。

DPP_2939

ベツレヘムまで40分ぐらいでしょうか。

DPP_2940

ベツレヘムが近づくと、幹線道路には検問所が、そして、道路わきには鉄条網が敷き詰められ、物々しい雰囲気。
ただし、イスラエル側からパレスチナへ行く際は、現在はチェックを行っていないとのこと。

DPP_3025

終点でバスを降りると、タクシーの運ちゃんたちが寄ってきましたが、とりあえず歩きます。
このベツレヘムは、イエス・キリスト生誕の地。
まずは、その生誕教会に向かいます。

DPP_3026

やっぱり、エルサレムとは、雰囲気が違います。

DPP_3028

大丈夫だとは思いましたが、念のため、一眼レフをしまい、小型のデジカメを出しました。
(大げさだとは思いますが、カメラに向けられる視線が鋭い・・)

DPP_3030

DPP_3031

DPP_3032

DPP_3033

DPP_3034

DPP_3035

パレスチナ人たちの街って感じですね。

DPP_3036

DPP_3037

DPP_3038

のんびり散策していましたが、太陽が昇り、強烈に暑くなってきました。
女性たちは暑くないのでしょうか?

DPP_3039

DPP_3040

エルサレムとはまた違って楽しいです。
しかし、エルサレムのように、気軽にジュース一杯飲めるような場所がありません。暑い・・・

DPP_3041

DPP_3042

歩いてて楽しいんですが、道がわからなくなってしまった・・

DPP_3043

こりゃ、完全に迷子ですね。

DPP_3044

DPP_3045

「生誕教会への道はこっちですね?」 と聞いてもシカトされてしまいました。
アジア人なんか、相手にしたくないのかな。

DPP_3046

DPP_3047

DPP_3048

市民センターが現れましたから、このあたりでしょう。

DPP_3049

DPP_3050

市の中心、メンジャー広場入り口付近にある、「スターバックス」が目に入りました。

この「スタバ」、よく見れば文字が違うフェイクもの。色々なブログでこの存在は知っていましたが、
ここで、事件が発生しました(笑)

DPP_3051

この、ニセ「スタバ」の周りにいたパレスチナ人が、私に、

「自分のマイカーで案内するから、分離壁と、ヘロデオン、ラマーラ、そしてジェリコ(エリコ)まで全部回ってからでも、生誕教会の中は見れる。それに、今は、生誕教会はお昼の礼拝で入れない。全部で600シュケル。」

と言うのです。

私は、今日の予定は、ベツレヘムの中心を歩いて、夕方までにエルサレムに帰れればよいと考えていました。でも、計画段階からジェリコやラマーラも行ってみたかったのも事実。

特にエリコは見どころが散らばっているので、公共交通機関だけで全部見て回るのは難しい。長期滞在できるならまだしも、効率よく回ろうとするならば、レンタカーを借りた感覚でお願いしようか、と思ったのが失敗でした(+o+)

旅経験値の少なさが、きなくささを排除できず・・・

ほんと情けなく、信用してしまいましたが、「~歩き方」のページの繰り方も、私よりも長けていて、あっという間にエリコやラマーラのページを見つけるあたりは、プロだったのかもしれません。

とりあえず、(その2)に続きます。

タイトルとURLをコピーしました