【シベリア鉄道の旅】4日目 ウラジオストク散策~ロシア号出発

朝。快適な目覚め。

窓のカーテンを開け、空がパープルからブルーに移り変わるところを眺めます。時刻は7時半。

DPP_1879

今日の目的は、ウラジオストクを20:17に出発するシベリア鉄道「ロシア号」に乗ること。
そして、それまでこの街を観光すること。

ということは、何をおいてもパスポートを取り返し、そして、どこかに荷物を預けなくてはなりません。

まさか、30キロもあるスーツケースをゴロゴロ転がしながら、街歩きなんてできません。

 

朝食をとりにレストランに行くと、勝手にモーニングセットが出てきてコーヒーも飲めました。

そして、その足でフロントに出向くと、待望のパスポートを取り戻すことができました。

確かに、ビザにスタンプが押されている。とりあえず安心です。

 

いったん部屋に帰って、大事なパスポートを体に巻き付けて、ホテルを出ます。
駅に行って、手荷物預かり所を探しに行くためです。

ところで、シベリア鉄道の各駅には、手荷物預かり所があると、旅行会社から教えられました。

手荷物預かり所のことを、ロシア語で「カーメラ フラネーニャ」といいます。
これを探すために、「ⅹ」ではじまる複雑なロシア単語をメモしてきました。

 

昨日登ってきた道を、下っていきます。
今度は手ぶらだから楽だし、ビザ登録も終えているので、昨日とは気分が全然違います(笑)。

 

そして、ウラジオストクの駅前まで舞い戻ってきました。

DPP_8311

駅には、勝手に入れ、ホームに行くこともできます。

DPP_8312

一番近いホームの中ほどに、それらしき小屋を見つけました。

あっさり見つかったのは良かったけど、中にいるおばさんに「何時まで預けられますか?」と英語で聞いても、全く通じません。

閉店時刻を聞いておかないと、後々途方に暮れることになるのは、火を見るより明らか。

DPP_1622

私は、いったんホテルに戻って、チェックアウトするとともに、フロント女性に「19時まで預けられますか?」とロシア語で書いてもらいました。

それをもって、今度は荷物を引きずりながら小屋に行くと、おばさんが「ダアダア(はいはい)」と笑って、30キロはある私のスーツケースを預かってくれました。

これで、本当に安心です。

時刻は11時頃。6~7時間は、この街を散策できます。
ビザの登録が済み、荷物も預けて、精神的にも肉体的にも開放された気分で異国の街を眺められます。

旅はいいなあ、と思う瞬間・・・

月曜日なので、OLさんなんかも街を歩いていて、屋台で何やら食べています。

DPP_1626

私も一本もらいました。20P(80円)です。なんの肉かはわかりません

DPP_1629

駅前のアリョーツカヤ通りを、ぶらぶら歩きます。結構日本車が多いです。

DPP_1632

トラムが走っています。乗り方がわからないのと、どこ行きかわからないので、乗れません。

DPP_1635

5キロほど歩いて、小高い丘に登りました。金閣湾の眺めです。

よくわかりませんが、軍港だった面影を感じます。
ウラジオストクとは、「東方を征服せよ」との意味であるとのこと。

大日本帝国時代、日本はこの地に「浦盬」という漢字を当てていました。

なんと軍事色漂う字体でしょうか。

DPP_1634

丘を降りて、革命戦士広場を散策します。
たくさんの屋台が店を出し、市民の憩いの場のようでした。

日本を出る前は、食べ物も飲み物も手に入れるのが大変!みたいな情報がありましたが、そんなことは全然ありません。

スーツケースの中には、カップ麺や乾パンなどがたくさん詰まっているのですが・・

DPP_1633

私の海外渡航暦は、アジアのみ。
なので、広場を覆いつくす、いわゆる欧米人の姿に、圧倒されています。

DPP_1639

DPP_1641

極東のウラジオストクでもスラブ系というのでしょうか。
女性はみんなおそろしく綺麗です。

DPP_1618

DPP_8262

公園の中は平和そのもの。
100年前に、日本と戦争があったなんて、信じられません。

DPP_8295

ほんの数時間の瞥見ですが、ウラジオストクの街を楽しめました。

ものは豊かだし、人々の表情も幸せそのもの。

ソ連が崩壊してから十数年。これが、今のロシアなんでしょうか。

 

ゆっくり駅の方に戻るとします。

これは、駅付近の陸橋からの眺め。

DPP_8289

それにしても多い、日本車の大群。

DPP_8263

18時頃になって駅前に戻ると、通勤ラッシュが始まってました。帰途を急ぐバスに乗る人たちの行列です。

DPP_1645

これは、ウラジオストクの駅前。
1階がスーパーになっていて、ワインやらチーズやら、仕入れることができました。

DPP_8313

そして無事に荷物を受取り、待合室でしばし休憩。

あとは、モスクワ行きのロシア号の出発を待つのみ・・・

DPP_8294

日本人はまったく見当たりません。孤独感が旅の実感をかきたてます。

DPP_1880

「ロシア号」とは表示されていません。

「1」がモスクワ行きのロシア号です。列車番号と行先だけ表示されるんですね。
ちなみに、その上は「ハバロフスク」でしょうか。一番上はわかりません(^-^)。

ロシアの列車は、すべてモスクワ時間で運行されているとのことでしたが、掲示板には、現地時間で表示されてますね。

DPP_1881

ホームに降りて、列車の入線を待ちます。

ホーム中ほどに、すごいキロポストを見つけました。

9,288キロ 
モスクワまでの距離ですね。想像もつかない距離です。

日本にいたら、絶対に見かけない距離票です。

これから7日間かけて、旅に出ると思うと、ゾクゾクしてきました。

DPP_1624

ロシア号が入線してきました。

DPP_8299

列車は、ロシア国旗と同じように塗り分けているとのことです。

DPP_8301

この人たちは、どのへんまで行くんだろう??
まさか、モスクワってことはないと思うけど、ハバロフスクあたりかな。

ハバロフスクなら、明日の朝の到着。飛行機よりも使い勝手がいいのかも知れない。

DPP_8303

なんか、兵士たちもいます。

DPP_1651

入り口で、女性車掌にチケットを見せて、車内に入ります。

DPP_8300

これが、これから1週間、私の寝床となる部屋。4人部屋です。
チケットによると、進行方向に向かっての下段、これはラッキー!

この車両には、同じ部屋が9つあり、定員は36人なんですね。今のところ、同室の客はいないようです。

DPP_1652

20:17定刻に発車しました。胸がときめく瞬間です。!(^^)!

異国の列車に乗るのは初めて。
これから、9,288キロ、148時間31分の旅のはじまり~

DPP_8306

今日の、といっても、あと数時間しかありませんが、時刻表はこちらです。

モスクワまでの距離到着出発時差
9,288kmウラジオストク20:17+7
9,256kmウゴリナヤ20:5921:00+7
9,177kmウスリースク22:1622:34+7
9,109kmシヴィルツェヴォ23:4023:42+7

列車は、しばらくアムール湾に沿って走ります。サマータイムなので、まだ明るいです。

DPP_1653

無事に出発できたことを祝って乾杯!

駅前のスーパーで仕入れたワインを一口飲み、日本から持ってきたカップラーメンを食べます。
そして、水割りを作ろうとしたら、なんと炭酸水でした。

DPP_1655

このまま、モスクワまで、この部屋を占領できるのかなあ、
なんてほろ酔いで甘い期待をしていたら事件発生!

22時頃、ウスリースクという街で停車すると、緑色の迷彩服を着こんだ大男たちが大量に乗り込んできました。30人くらいはいるでしょうか。

私のいる車両は、私の部屋、その両隣まで含め完全に兵隊たちで埋まりました。
私は、軍隊野郎たちに完全に囲まれたことになります。

兵隊たちは、「一体こいつはなんでここにいるんだ?」とばかりに、私をジロジロ眺めます。

ロシア国民の対日感情がどうかは知りませんが、さすがに怖くなりました。((+_+))

DPP_1657

でも、それは私の思い過ごしで、「地球の歩き方」の簡易会話集を使って、お互いに自己紹介が始まりました。
そして、ウオッカを飲む飲む! 私もすすめられましたが、とても一気には飲めません

場違いな日本人が乗ってるということで、他のコンパートメントからも兵隊たちが続々と私のコンパートメントに集まってきました。

カタコトの英語と身振り手まねでの日露交流によると、やはり徴兵の兵役中で、ビキンという街にある寮に帰るところらしいです。
ビキン到着は明日未明の5時過ぎ、シベリア鉄道最初の夜は、どうやら徹夜になりそうです。(*^^)v

いやあ、これは、想定外だった・・・

タイトルとURLをコピーしました