【スウェーデン】2日目(その1) エミレーツ航空でストックホルムへ

さて、ビジネス搭乗というイベントも終わり、TRNSITビザでインド入国です。

ANAの機内でもアナウンスがありましたが、インディラ・ガンディー国際空港では、すべてのエリアで写真撮影が禁止されているとのこと。

それでも、仏陀のてのひらによる出迎えです。こっそり、スマホで撮らせてもらいます。

インディラ・ガンディー国際空港のトランジット

インド入国は2度目。前回は、アライバルビザの取得に苦労した記憶があります。

今回は、トランジットビザを取得済みなので、ビザが貼り付けられたパスポートと入国カードをイミグレーションに提出すると、係官が入国カードのインド滞在場所を指して記入せよ、と指示。

「TRNSIT TO ドバイ」と言うと、ではそのように書いてくれ、とのこと。

ん? ということは、かりに「観光Eビザ」で着いたとしても、インド滞在地にそのように書いておけば、スルーできたって言うことかな。「観光Eビザ」の入国回数は無制限と聞いてるし。

と、考えているうちに、今回は、指紋の登録もまったくなく(TRNSITだからかな・・・?)、ビザの横に、ドンとスタンプが押されて入国完了です。

 

ただいま午前1時。エミレーツ航空のドバイ行きフライトは4:15。チェックインできるかもしれないし、出発ホールに行ってみましょう。

荷物を受け取って、アライバルエリアからデパーチャーエリアへ。

インドの空港の保安検査は相変わらず厳しく、デパーチャーエリアには、チケットを持っている人間しか入れさせません。

Eチケットを提示してエリアに入ると、深夜というのに搭乗客の渦。

コンコースの中央に、象の像(しゃれじゃありません笑)がありました。

1年半ぶりの再会です。懐かしい・・

これ撮るくらい問題ないでしょ。と言いながら、スマホでこっそり撮影。

前回来たときは、このゾウを眺めながら、バラナシに着いたらどうやってホテルまで行こうか、と悩んでいたんだよなあ・・ やっぱり、旅っていい・・

エミレーツ航空のカウンターに並びます。

エミレーツ航空は、アラブ首長国連邦ドバイを本拠とする航空会社。

利用するのは初めてですが、クオリティの高い前評判があるので楽しみです。

座席は、あらかじめWEBサイトで窓際を確保しておきました。

発券されたボーディングパス。

ドバイ乗り継ぎでストックホルムまでですが、荷物はスルーでストックホルムまで行ってくれるようです。

ストックホルムの文字を見て、ようやく北欧に向かっている気分になりました。

保安検査場もインドは厳しい。中国と同じように、皮膚の下にも、なにか仕込んでないか、のごとく、全身をくまなくまさぐられます。

そして、保安検査場を通過。

フライトまでラウンジでゆっくりしましょう。この先の免税店を抜けた上の階にラウンジがあります。

デリー国際空港 ITC HOTELS GREEN LOUNGEのひととき

ラウンジAには、ラウンジが2つ並んでいます。

左側のすいてるほうに、プライオリティパスで入れたので、そっちを利用。

ITC HOTELS GREEN LOUNGEというようです。

 

深夜というのに、利用客がいっぱい。乗り継ぎ便の多いハブ空港だからね。

でも、あたたかい料理も供されてました。

とりあえずチキンカレーを。

フライトでも食事が出るだろうから、控えめに。おいしいチキンカレーでした。

 

そして、時間まで、ゆっくり休憩。というより、ストックホルムについてからの町歩き作戦を練ります。

 

時間が来たので、エミレーツ航空ドバイ行きのゲートへ。

この辺から、一気に日本人がいなくなります。

ドバイだったら、夏休みでもあるし、もう少し日本人いるかなとも思いますが、日本人だったら、エミレーツでドバイ直行ということでしょう。

本日のフライトスケジュール

日付航空会社等便名スケジュール乗り継ぎ時間

8/3(土)

エミレーツ航空

EK513

デリー4:15 ⇒ ドバイ6:20

2時間20分

エミレーツ航空

EK157

ドバイ8:40 ⇒ ストックホルム13:10

 

現在、午前3時半。さすがに眠くなってきました。ドバイ行き搭乗開始です。

エミレーツ航空 EK513便でドバイへ

機体に乗り込みます。これはビジネスクラスシート。

 

私は、もちろんエコノミー。乗客は、インド人とアラブ人ばかり。

デリーとドバイは、意外に近く、2,183km。パキスタン上空を飛ぶようです。

インドとパキスタン、仲悪いけど大丈夫なのかな。

 

エミレーツ航空の機内安全ビデオ。

 

夜明け間近のデリー空港を飛び立ちます。

少し眠って目が覚めると、夜が明けそうでした。

機内では朝食の準備がはじまっていました。

まあ、オムレツかな。

2時間20分のフライトで食事を出すのは、CAも大忙し。

  

オムレツにコロッケにチキン。十分美味しいブレックファストでした。

 

コーヒーを飲みながら外を見てると、機体が旋回してるのがわかります。

緊張が高まっているホルムズ海峡。トランプさんが勝手に緊張を高めているだけなんですけどね(笑)

 

眼下にアラビア半島の砂漠が見えてきました。砂漠なのに雲が濃いって、なんでだろ?

町並みが見えてきました。

おお、突然現れる高速道路。さすが近代都市ドバイ。

エミレーツの機体がひしめくドバイ国際空港第3ターミナルに到着です。

ドバイ国際空港のトランジット

インド人、アラブ人と一緒に機体から降ります。

  

ドバイ国際空港の利用は初めて。

いままで、中東でトランジットといえば、ドーハのハマド国際空港か、イスタンブールのアタチュルク国際空港だったんだけど、ここは中東どころか、世界最大級のハブ空港です。

今回は、乗り継ぎ時間が2時間20分だから余裕あるけど、時間がないとあせるだろうな。

ありました、ストックホルム行き。B4です。

 

乗り継ぎ客用の保安検査。客の回転をよくするために、大勢のスタッフを投入している模様。

保安検査場を抜けて、B4へ。

今回は、単純なトランジットだけど、帰りは乗り継ぎ時間を使って上陸する予定。

空港の内部も、そのときに見学するとしましょう。

年間利用者数9,000万人は、成田空港の倍以上。

とてつもない化け物空港です。

  

ゲート付近でボーディングを待ちます。

ボーディング開始。機体までの移動バスのサイドにも、行き先が表示されていて安心です。

私の荷物も、無事に積み込まれてるかな。

乗り込みます。乗客はスウェーデン人が多いのかな。欧米系は見分けがつきません(笑)

機内は活況、満席のようです。

私の隣は、席に着くといきなり裸足になった娘さん。

 

エミレーツ航空 EK157便でストックホルムへ

ドバイからストックホルムまでは、3,200マイル、5,120kmです。

北緯25度から北緯59度まで北上することになります。

ちなみに、北緯59度は、今までの旅履歴で最北端です。

エミレーツ専用の第3ターミナル。

ドバイの空に舞い上がりました。

 

おお、これぞドバイですね。

こりゃ、カッコいいわ・・・

帰りのトランジットが楽しみになってきました。

ペルシャ湾に出ました。

不思議な人工島。

 

ドバイからストックホルムまで6時間半の旅のはじまり。

 

離陸してすぐ軽食が配られました。

おいしいサンドイッチにコーヒー。

 

機はイラン上空を飛んでいますが、さすがに寝ておかないと、本日午後の行程にひびきます。

窓のシェードをおろして、しばし睡眠・・・

ざわめきで目を覚ますと、昼食の準備がはじまっています。

窓の下は、ベラルーシのあたり。

おいしいランチに赤ワインでした。

食後のコーヒーもいただきます。

 

機はラストスパート。バルト海を横切ります。

雲が切れました。青く澄んだバルト海。冬は結氷するのかな。

陸地が近づき、細かい島が現れます。

ストックホルムはもうすぐ。

上空から見ても、スウェーデンは森と湖の国という感じがしますね。水の都ストックホルムです。

 

スウェーデンもストックホルムも初めて。北緯59度も初めての体験。

ここはまだ北極圏ではありませんが、長い日照時間に期待ですね。

上空から眺めているだけで楽しくなってきました。これから。北欧をめぐる旅のスタートです。

エミレーツ航空さん、ありがとうございました!(^^)!

タイトルとURLをコピーしました