カナリア諸島(2018.12)

カナリア諸島(2018.12)

【カナリア諸島】5日目 夜明け前のマドリード・マヨール広場 ⇒ シベリア上空の帰国フライト

まったく、宿泊地の日の出時刻も調べずに、何やってんだか・・・笑えます カナリア諸島弾丸紀行の途中、せっかくマドリードに立ち寄るスケジュールならと、マヨール広場すぐ近くのホテルを予約したはいいけど、この時期のマドリードの夜明けは朝8時過...
カナリア諸島(2018.12)

【カナリア諸島】4日目(その2) 世界遺産ラ・ラグーナ ~ さようならカナリア諸島・テネリフェ島

さて、楽しかったカナリア諸島テネリフェ島の旅も、終盤に近づいてきました。 空港の、レンタカーの返却期限は本日16時。マドリードへのフライトは18:55です。 こういうとき、空港付近でウロウロしたほうが、精神衛生上もいい。 (弾...
カナリア諸島(2018.12)

【カナリア諸島】4日目(その1) FIRST SUNRISE OF 大西洋

昨日から、記事タイトルに横文字が目立ちますが、なんのことはない、気取ってるだけです(^^)v そもそも、スペイン語圏にいるのに、なぜ英語? どうせなら、大西洋ぐらい、英語標記しろよ! みたいなつっこみがありそうですが、カッコつ...
カナリア諸島(2018.12)

【カナリア諸島】3日目(その4) 古都オロタバの夕暮れ

もう、オロタバの町まではノンストップかな、と思ってましたが、そうもいきません。 だって、こんな崖が現れるから。いったい、なんなんだろう? サボテンも現れます。 しかも、花が咲いてる。 野生のサボテンで、花の咲いてる姿って、見...
カナリア諸島(2018.12)

【カナリア諸島】3日目(その3) WINDING ROAD IN マスカ渓谷

月面のようなテイデ国立公園を後にして、マスカ渓谷に向かいます。 時間がそんなにないため、町にわけ入って、地上に降りていくわけにはいきませんが、写真でみるとすごく急峻な谷なので、途中のワインディングロードからでも、航空写真のように渓谷の様子...
カナリア諸島(2018.12)

【カナリア諸島】3日目(その2) FUN TO DRIVE IN テイデ国立公園

徐々に、身体が暖まっていきます。 空気の薄い地の果てを歩いたので、お腹もすきました。 これは、これから登る人たち。 こんなカフェエリアがあるんだったら、ロープウエイを多少待ったって、大丈夫だね。 テネリフェ島公認ガイドさんも...
カナリア諸島(2018.12)

【カナリア諸島】3日目(その1) テイデマウンテンの山腹から何かを叫ぶ?

本日はカナリア諸島テネリフェ島最大の見どころ、テイデ国立公園をめぐる日です。 その世界自然遺産にも指定された国立公園にそびえ立つテイデ山は、標高3,718mでスペイン最高峰。 よかったね、同じく世界遺産のマウント富士(3,777...
カナリア諸島(2018.12)

【カナリア諸島】2日目(その3) 夕暮れの大西洋 ~ 夜のサンタクルス

さて、ホテルで一休みしたところで、またドライブに出かけます。 地下駐車場は、3時間程度とめて、3ユーロしませんでした。 これなら、今晩一晩泊めても、そんなに散財にはならないでしょう。一安心です。 右側通行や、スペインの道路...
カナリア諸島(2018.12)

【カナリア諸島】2日目(その2) サンタクルスの街並み

サンタクルス。 実は、サンタクルスという町は、世界中にいっぱいあります。 なので、このカナリア諸島のサンタクルスも、正式にはサンタ・クルス・デ・テネリフェです。 サンタクルスとは、「聖なる十字架」という意味。 私は、...
カナリア諸島(2018.12)

【カナリア諸島】2日目(その1) テネリフェ島上陸 レンタカーでGO!

結局、昨夜は、午前1時ごろまで悶々とし、3時過ぎに目を覚ましたら、寝過ごしが怖くて、もう眠れず・・ しかし、何故か、頭はさえて疲れを覚えず。 興奮が、身体の疲れを上回るという、かなり危険な状態だな、こりゃ(^^)v 早朝のマド...
カナリア諸島(2018.12)

【カナリア諸島】1日目 アエロフロート・ロシア航空でシベリア上空をマドリードへ

いよいよ、出発の日。 昨日までで、無事に2018年の仕事も終え、思い残すことなく、12,000キロ、時差9時間のカナリア諸島に向けて出発です。 カナリア諸島 4泊6日の旅 日程 日付 午前 午後 宿泊地 ...
カナリア諸島(2018.12)

【カナリア諸島への旅】 出発まで

さあ、遠いところへ行くぞ。 異国のように霞の奥にあった北海道へ本当に行けるのかと思うと、私は嬉しくて夢心地であった。 待ちわびた出発日の八月七日の夕方、父とともに家を出たときは足が地につかない思いがした。 私は昭和三十六年の一月に初めて...
タイトルとURLをコピーしました