アゼルバイジャン(2017.11)

アゼルバイジャン(2017.11)

【アゼルバイジャン】3日目(その3) さようならアゼルバイジャン バクー ⇒ ドーハ ⇒ 帰国

さて、バクー新市街を歩くといっても、そんなに時間はありません。 5月28日広場前の大きなデパートの中を歩いて、アゼルバイジャン人の休日の素顔でも眺めるとします。
アゼルバイジャン(2017.11)

【アゼルバイジャン】3日目(その2) ヤナルダグの永遠の炎

旧市街の世界遺産を見学しているうちに、午後になりました。 今夜のフライトは23:15。 十分に時間はあり、もう1箇所くらい、回れそうです。 ここアゼルバイジャンは火の国。 では、最後の締めくくりも炎といきますか。 バク...
アゼルバイジャン(2017.11)

【アゼルバイジャン】3日目(その1) バクー旧市街の2つの世界遺産

さて、アゼルバイジャン最終日。今夜の飛行機で、日本へ帰国です。 正直、カタールに寄れず、さらにコーカサスを旅していて、アゼルバイジャン1国だけで帰るのは心残りだけど、相変わらずの弾丸日程なので、仕方ありません。 でも、アゼルバイ...
アゼルバイジャン(2017.11)

【アゼルバイジャン】2日目(その3) 拝火教寺院 アテシュギャーフ

アゼルバイジャンに来てから、初めての地下鉄メトロに乗って、拝火教寺院を目指します。 駅の入り口には、爆発物探知機、それに数人の警官もいて、物々しい雰囲気。 私も、カメラバッグの中とか調べられましたが、形式チェックではなく、徹底的...
アゼルバイジャン(2017.11)

【アゼルバイジャン】2日目(その2) ゴブスタンからとんぼ返り 昼下がりのバクー旧市街

風もなく、時が止まったかのようなゴブスタンの大地。 でも、実際には時は動いていて、現在11時。 午後も、バクー郊外を歩いてみたいので、そろそろバクーに戻るとします。 私は、ただの珍しいもの好きで、考古学者でもなんでもない。 ...
アゼルバイジャン(2017.11)

【アゼルバイジャン】2日目(その1) バクー郊外 ゴブスタン遺跡へ

冬のアゼルバイジャンは、日の出は遅く、日没は早い。 けっこう、これは、時間の足りない旅人にはツライ。 昨日も夕方5時過ぎには暗くなったし、日の出は7:36。 緯度的には、秋田なんかと同じなんですが、ひょっとして標高が低すぎ...
アゼルバイジャン(2017.11)

【アゼルバイジャン】1日目(その4) 殉教者の小道から見上げる「火焔タワー」 そして、見下ろすカスピ海

城壁の外に出ると、すぐメトロの駅がありました。 ホテルから歩いても、10分かからないでしょう。 明日からの、遠征には、これを拠点にすることにします。
アゼルバイジャン(2017.11)

【アゼルバイジャン】1日目(その3) 市街地サーキットの上を歩く旧市街の散歩

毎年、開催されるF1グランプリ。 だいたい年間20戦前後、各国を転戦しますが、この開催国に選ばれるのは大変なことです。 それに開催国になっても、集客がふるわないなど撤退を余儀なくされるケースも少なくありません。 最近では韓国やイン...
アゼルバイジャン(2017.11)

【アゼルバイジャン】1日目(その2) アゼルバイジャン入国 ~ 城塞都市のホテルへ

いよいよ、21カ国目の訪問国となるアゼルバイジャンの一人歩き。 「~歩き方」を持たずに海外渡航するのも初めての体験。 もちろん、「ロシア版」を買えばいいんでしょうが、数ページのために1,900円も出せないです。 シベリア鉄...
アゼルバイジャン(2017.11)

【アゼルバイジャン】1日目(その1) ハマド国際空港のテディベアに再会! ⇒ バクーへ

さて、ギリギリまでゴタゴタしましたが、スケジュールが固まってしまえば、アタマの中もスッキリします。 出国が成田空港に変更となったので、若干早めに職場を退社。 成田空港第二ターミナルに向かいます。 明日から飛び石連休というのに、...
アゼルバイジャン(2017.11)

【アゼルバイジャンへの旅】 出発まで

今回の弾丸旅行ターゲット。アゼルバイジャン。 家族も同僚も、「それ、どこ?」という反応。 普通の人にとっては、このコーカサス地方というのは、なじみが薄いでしょう。 しかも、コーカサスを中心に扱う「~歩き方」が、今のところ発行されておらず...
タイトルとURLをコピーしました