【アルゼンチン】5日目(後編) ビーグル水道クルーズ

ホテルから桟橋へ行く途中のギフトショップ。
ペンギンの人形がいっぱい並んでいます。お土産に買って帰るとしますか(^-^)

そのペンギン、見ることができるでしょうか。ビーグル水道クルーズのツアーに参加してきます!

DPP_4598

朝は閉まってたインフォメーションセンター。桟橋は、この向かいにあります。

DPP_4603

パッセンジャー・コントロール。それなりに長い航海ですから、いろんな手続きがいるんでしょう。

DPP_4607


ちなみに、ビーグル水道というのは、ウシュアイアが面している狭い海峡で、対岸はチリです。

そこには、ロス・ロボス島、ロス・ハバロス島、エクレルール灯台などがあり、それぞれアシカやウミウなどの繁殖地になっているとのこと。
これだけならツアーは2時間半コースですが、私は、欲張って上記に加えゲーブル島まで足を伸ばすツアーにしました。

だって、生息しているマゼランペンギン見たいじゃないですか(*^^)v
このコースの所要時間は5~6時間で、出発は9時または15時半。

15時半に出発なんて、ツアーとしてはずいぶん遅いなあ、なんて思ってましたが、考えてみれば9時に出発したツアーの船が帰ってこないと、次のツアーが出発できないし、なにより、15時半の出発だって、日没が21時過ぎだからノープロブレム。
ノープロブレムっていう言葉は、こういう時に使うんだよね。

DPP_5256

さて、チケットはすでに手に入れていますが、パッセンジャーコントロールで、何やら払わされました。
20ペソ。税金か何かでしょうか??

DPP_5252

桟橋には、お土産屋さんも連なっています。

DPP_4609

船に乗り込みます。
乗り込む前に、チケットを見せて確認。危うく、手近な島を回る船に誤乗するところでした。

DPP_4760

乗り込んで、すぐ隣にあった売店。

DPP_4764

前方には、すでに先客がいましたが、人気のツアーと聞いてたけど、まだハイシーズンじゃないから、混んではいません。

DPP_4767

さて、いよいよ出航です。

DPP_4769

ツアー客は女性ばかりですね。

DPP_4773

売店の店員さんも女性。出航すると、すぐくつろぎはじめました。

DPP_4774

ウシュアイアの街が離れていきます。
ウシュアイアって、ほんと、斜面にへばりついた街なんだね。

DPP_4776

右手には、まさにランディングしようとしている飛行機。
ウシュアイア国際空港。明日は、そこから移動の予定です。

DPP_4779

波は穏やかで、船は全然揺れません。快適な航海です。

DPP_4783

出航から約1時間。退屈しはじめたツアー客。

DPP_4786

外を眺めてれば、退屈しませんよ。
フィヨルドって見たことありませんが、こんな感じなのかな。もっとすごいのかな。

DPP_4790

おおっ、最初の島に到着。ウミウと呼ばれる海鳥がいっぱいいます。

DPP_4793

アシカもいます。

DPP_4797

DPP_4799

DPP_4801

ツアー客も甲板に出てきました。
みんな寒そうな格好してますが、風はなく、それほどでもないです。

DPP_4804

DPP_4811

DPP_4806

こりゃ、動物好きの人が見たら、たまらんだろうな。

DPP_4808

DPP_4812

DPP_4813

他のツアー船も来ました。

DPP_4814

寝っ転がってる姿が、なんともいえず、かわいい。

DPP_4818

DPP_4820

DPP_4822

さいしょは、ペンギンかと思いました。

DPP_4826

DPP_4828

おっと、これが、エクレルール灯台ですね。

DPP_4830

DPP_4831

ペンギンのように見えなくもないですが。

DPP_4836

DPP_4841

「~歩き方」によると、太陽光で発電しているとのこと。そんなに日照時間長いのかな。

DPP_4844

DPP_4847

DPP_4853

では、ウミウさん、さようなら~

DPP_4845

今度は、ゲーブル島を目指します。

DPP_4857

ビーグル水道のヨット発見。

DPP_4862

天気も、曇ったり、雨がパラッときたり、晴れたり、大忙しです。

DPP_4864

DPP_4863

あれは、何だろう。

DPP_4872

ゲーブル島までは2時間近くかかります。
退屈した女性陣が、ネイルアートをはじめました。

DPP_4878

話しかけられてわかりました。彼女たちはブラジル人。休暇を利用してアルゼンチンに来ているとのこと。

私のことを、プロのカメラマンだと思っていたそうです
しょっちゅう、甲板に出たり入ったりしてたから。それに、20歳も年を若く見積もられました。
東洋人は童顔に見えるのかな。

DPP_4877

右窓に見えるのは、チリのプエルト・ウイリアムスの町。
この集落が。正真正銘の世界最南端の村だそうです。

DPP_4879

もとは軍の施設しかなかったが、村に発展したそうです。

DPP_4881

DPP_4885

甲板で景色を楽しむ老夫婦。

DPP_4888

退屈極まって、居眠りするブラジル人。

DPP_4889

船は、ひたすらビーグル水道を西に進みます。このまま行くと、大西洋が、
そして、その1,000キロほど南には、南極大陸が広がります。
あらためて、ものすごく遠いところへ来ている実感が。

パタゴニアの原野をバスで走り抜けた50時間。あっという間だったなあ、と、回想にふけります。

DPP_4869

今、この辺りですね。

DPP_5244


ほらほら、ようやく到着しましたよ。ゲーブル島です。

DPP_4891

さっそく、いました! マゼランペンギンです。

DPP_4894

 

DPP_4896

DPP_4898

野生のペンギン、見るのはじめて。

DPP_4900

DPP_4902

こりゃ、かわいいわ。

DPP_4910

DPP_4909

DPP_4915

上陸したいところですが、それはできないとのこと。

DPP_4916

 

 

DPP_4921

DPP_4922

一生懸命、ヨチヨチ歩く姿は、いじらしい。

DPP_4926

おっと、冷たくないのかな。

DPP_4928

ペンギンだもん、冷たいわけないですね。楽しそうに水浴びしてます。

DPP_4934

DPP_4936

DPP_4943

DPP_4946

ペンギンさん、さようなら。

DPP_4939

ウシュアイアに向かって帰ります。さすがに、体が冷えたので紅茶を一杯。

私も、やることがなくなって、持っている紙幣をテーブルに並べてみました。

それにしても、2ペソが紙幣って、14円ですよ。

DPP_4947

並べているうちに、2種類の100ペソ紙幣があることに気がつきました。

アルゼンチンは、過去に何回もデノミを実施しています。その関係なのかなあ。

デノミって怖いよなあ。やっぱり、お金は、現役時代に使わないと。

DPP_4948

海を眺めてまったりしてると、アンケートが配られました。
当然、エクセレント! です。こんなに揺れない船ははじめて。

かっこつけてスペイン語で書こうと思いましたが、止めました(笑)

DPP_4949

夕闇の迫る窓外。時刻は21時です。

DPP_4950

ほんとにやることなくなって、今夜のレストランを物色します。

DPP_4890

DPP_4873

地図にはゲレンデのコースまで載ってました。
私、スキー大好きなんですよね。もし、冬に来ることがあったら、ぜひチャレンジしよう。

DPP_4875

ウシュアイアの街の灯りが見えてきました。
ブラジル人たちは、カードゲームに興じています。

DPP_4951

DPP_4954

時刻は22時。

DPP_4956

予定より1時間遅くなりましたが、無事に到着。

DPP_4958

みんなともお別れです。

DPP_4960

さて、お腹もすきましたし、レストランを探しましょう。

DPP_4621

昨日、ホテルのフロントでお勧めされたレストランの一つ。

DPP_4618

平日の22時過ぎなのに、賑わってます。

DPP_4614

まずは、赤ワインで、体を温めます。

DPP_4612

そして、スープ。

DPP_4615

で、お勧めをお願いして出てきたのがコレ。
白身魚と、魚介の盛り合わせでしょうか。主食はジャガイモ。

これはおいしい  白身魚の皮まで食べてしまいました。

DPP_4617

ウエイターにお礼を言って、店の外に出ると、日没の遅いウシュアイアにも、完全に夜のとばりが降りてました。
時刻は23時。

DPP_4965

ホテルに戻ってきました。長かった一日が無事に終わりました。

DPP_4966

タイトルとURLをコピーしました