【アルゼンチン】2日目(後編) ブエノスアイレス散策  ~ステーキで癒される~

しばらく、呆然と座りこんでました。

ケチャップ強盗なんて手口は予備知識として知ってましたが、直撃を食らうなんて・・・

 

頭の中が真っ白になりかけていましたが、気がつけば、目の前には歩行者天国が広がってました。
ま、元気を出していきましょう。

そりゃ、意気消沈もしますわな。

子供のころから思い描いていた地に、足を踏み入れた直後に洗礼。

DPP_4040

それも、一眼レフを肩から下げた直後にやられるって・・・

なんか、時間が経つにつれ、妙な闘志がわいてきて、やれるもんならやってみろ!
オドオドしている自分が情けない。カメラは、ずっと肩から下げることにしました。

ただし、お金は、体中に分散して(笑)


これは、なんでしょうか。ハロウィンが近いことのお祭りかな。

DPP_4041

DPP_4042

スペイン系、イタリア系の白人が97%とのことですが、いろんな人種がいますね。

DPP_4043

DPP_4044

5月広場から、モンセラート地区を5月大通り沿いに西に歩いていくと、7月9日大通りに出ました。

DPP_4047

いやあ、広い通りですね。
アルゼンチンの独立宣言、1816年7月9日にちなんでいるそうです。

DPP_4051

通りが広すぎて、中央の安全地帯のようなところには、ふつうに人々がたむろっています。

DPP_4052

こりゃ、端から端まで渡るだけで、信号が変わりそうです。

DPP_4053

クルマの赤信号中のパフォーマンス。
見事なものでしたが、終わった後、カネを請求するのかなと思ってみてましたが、それはありませんでした。

DPP_4055

ところで、お腹がすいてきたので、レストランを物色。
アルゼンチンに来たからには、ステーキでしょうと、勝手に決め込んでいたので、それらしきレストランをのぞきながら歩き回ります。

DPP_4048

なんか、ブエノスアイレスでは、店頭に料金表を表示することが義務付けられているようですが、値段すらも読めません(笑)
でも、やっぱり、昼間っからワインやるんですね~。いいなあ。

DPP_4046

レストランはいっぱいありますが、なかなか決めかねます。

DPP_4070

で、入ったレストランがこれ。なんか、いい雰囲気です。

テーブルにつくと、とたんに、スッと身体の力が抜けるのを感じます。

歩きながら、カメラとカメラバッグを、ギュッと握りしめていたらしく、手が痛い(笑)
常在戦場の気分で歩いていたので、手だけでなく肩や腰も痛い・・・

でも、治安の悪さは折り紙つきのようなので、用心に越したことはありません。

 

ところで、写真に写ってる、ちょうど、パンをかごに盛って厨房から出てきた彼がウエイターさん。

カタコトのスペイン語もわからない私に、親身になってメニューを説明してくれました。
注文したのは、ビールと、ナントカステーキセットです。

DPP_4056

メニューはこれ。目を凝らしていれば、なんとなくわかるものもありますが・・

DPP_3997

本来ならワインなんでしょうけど、外は暑いし、歩き回ってノドが乾いています。

とりあえず、セルベッサ(ビール)で乾杯  冷えたビールがうまい
ケチャップ強盗なんぞに出くわしましたが、とりあえず、無事に念願のブエノスアイレスを歩いてます。

ついでに、もう少し、丁寧に青唐辛子を拭いておきました。まったく・・

DPP_4057

ステーキが来ましたよ。これは、おいしそうです。

DPP_4058

食べてみると、これまた美味しい
さすが、肉の国アルゼンチン!  柔らかいけど、食感抜群! コショウをふりかけると、なお、好みの味に近づきました。

美味しい料理は人の心を和ませますね。ケチャップ強盗の事なんか、どうでもよくなりました(笑)

お値段は、全部で200ペソ弱。1,400円ぐらいでしょうか。

DPP_4059

お店の外観はこんな感じです。
価格帯から言って庶民的なレストランだと思いますが、なんてオシャレなつくりでしょうか。
素直にカッコいいです。

DPP_4060

そのレストランの横道で無邪気に遊ぶチルドレン。

DPP_4061

よく見ると自転車専用レーンですね。イスラエルにもありました。
日本は、ようやく整備されかけたところ。ひょっとして、日本は100年くらい遅れてる?

DPP_4062

なんのアテもなく、食後の散歩です。

すると、また7月9日通りに出ました。ブエノスアイレスは京都のように碁盤の目のように道が敷き詰められています。なので、東に向かえば、7月9日通りにぶつかるといった具合です。

DPP_4063

大通りの真ん中にあるバス停です。

DPP_4064

それにしても、どこまでも空が青い。

DPP_4065

 おしゃれな街並み。

DPP_4067

落書きが多いのも気になりますが、こりゃ、ただの落書きじゃないですね。

DPP_4068

これも芸術なんでしょうか。

DPP_4073

上手な絵ということぐらいは、私にもわかります。
それにしても、ブエノスアイレスの街中、一歩通りを入ると、みんなこんな感じ。

DPP_3994

オシャレな街の外観を崩さずに、落書きするのも技術なんでしょう。

DPP_4079

オシャレなカフェ。

DPP_4081

平和でいいですねえ。

DPP_4082

すると、また歩行者天国に出ました。

DPP_4083

DPP_4084

やっぱり、ハロウィンにちなんだお祭りのようですね。

DPP_4085

DPP_4086

美味しそうではありますが、さっき、ステーキ食べたばっかりだからなあ。

DPP_4089

DPP_4090

DPP_4091

DPP_4095

DPP_4097

DPP_4096

占いやさんまでいました。

DPP_4098

どこまでも平和なブエノスアイレスの休日。

DPP_4094

DPP_4099

DPP_4100

DPP_4101

レストランも、そこら中にあります。

DPP_4102

DPP_4069

DPP_4092

さて、16時を過ぎました。
そろそろ、ホテルに戻り、荷物を受け取って、バスターミナルに体を運びましょう。

DPP_4107

DPP_4108

ホテルに戻る途中、犬を発見。

DPP_4110

ストリートのど真ん中で抱き合う男女発見。というか、これは、そこら中にいます。

DPP_4111

家族連れ。

DPP_3984

ほんと、いろんな人が行き交うブエノスアイレス。

DPP_3985

なにかの路上パフォーマンスです。

DPP_3986

野次馬を指名してパフォーマンスを始めました。
指名されても困るので、立ち去ります。

DPP_3987

ホテルのすぐ隣のスーパーで、ワインを調達。
なんといっても、これからバスに乗りっぱなしになるので、2本購入。
×7円で日本円換算ですから、安いのがわかりますよね。

ところで、ワインオープナーを没収されて持ってません。
荷物を預けておいたホテルスタッフに頼むと、お安い御用と空けてくれました。
泊まれなかったけど、ほんとに親切なホテルでした。

DPP_3999

さて、荷物を背中に背負い、レティーロ地区にある、バスターミナルに向かいます。
バスターミナルは、鉄道レティーロ駅の裏手にあります。

DPP_3988

せっかくなので、駅の雰囲気も味わってきました。
スリやかっぱらいがいっぱいいるとのことですが、見た感じはそんな風にはみえません。

DPP_3989

DPP_3990

でも、「~歩き方」では、鉄道による移動をやめた方がいい、としています。
実際、このレティーロ駅とバスターミナルの裏側には、スラムが広がっています。

DPP_3991

バスターミナルにたどりつきました。

DPP_3992

さて、これから、いよいよ、パタゴニアを縦断です。

しかし、今日のブエノスアイレスは暑かった。
青唐辛子もかけられたことだし、シャワーでも浴びたい気分ですが、ホテルでゆっくりできるのは、明後日の夜のウシュワイア。それまでの辛抱です。

いまさらながら、ロサンゼルスでの乗り継ぎ失敗が悔やまれるなあ。

 

タイトルとURLをコピーしました