【トルコ】4日目(前編) イスタンブール観光(トプカプ宮殿ほか)

コーランの祈りの声で目を覚ましました。

昨日は、夜行バスで早朝にイスタンブールに到着し、丸1日街を歩き回って、クタクタ。
近くのレストランで仕入れたワインを飲むと、一気に眠りに落ちました。
そういえば、イスタンブールってコンビニないですね。

DPP_0561

朝早く目が覚めたので、ホテル付近の早朝散歩。
今日も天気はよさそうです。天気の神に感謝



ホテルのチェックアウト前に、トプカプ宮殿を見学します。ホテルから徒歩5分の近さ。
トプカプとはトプ(大砲)とカプ(門)の意。オスマン帝国の支配者の居城として、400年もの間、政治や文化の中心だったということです。

DPP_0564

朝一の入場なのに、いくらか観光客がいます。入場料は30リラでした。

DPP_0565

DPP_0566

DPP_0567

様々な財宝が無数にありましたが、悲しいかな、素人の私には価値がわからず。
それよりも、ボスポラス海峡を臨む景色に感動。

DPP_0570

DPP_0571

DPP_0572

これは、南側、マルマラ海方面。

DPP_0573

DPP_0569

DPP_0575

実写版「深夜特急」に、この場面がありました。

トルコ人が大沢たかおに、「今まで旅してきて、こんな素晴らしいところありましたか?」と自慢してましたが、うなずけます。

DPP_0576

北からも東からも南からも狙われる、繁栄する都。3方を見渡せるこの場所に宮殿を建てた理由がわかるような気がします。

DPP_0577

ボスポラス大橋です。

DPP_0578

DPP_0579

DPP_0580

トプカプ宮殿の瞥見を終えて、早朝散歩した場所に戻ってきました。
今日は月曜日、平日です。トラムがガンガン動き出しています。

DPP_0563

DPP_0581

別ルートでアヤソフィアの前に出ました。

DPP_0582

昨日は曇ってましたが、明るい太陽の下のアヤソフィアは、また違った感じがします。
ちなみに、アヤソフィアは月曜日は定休日です。(調べておいてよかった

DPP_0583

DPP_0584

さて、ホテルをチェックアウトして、荷物だけ預けて、街をぶらつきます。今日は、どこへ行きますか。

DPP_0585

グランドバザールに行く気になって、トラムの通りをゆっくり登っていきます。
スルタンアフメットの次の駅らしいですが、歩いていきます。

DPP_0586

DPP_0587

2日間の滞在なので、こんな細い路地までは探検できませんでしたね。

DPP_0589

DPP_0591

月曜日であろうと、観光都市ですからね。観光客の流れはと絶えません。

DPP_0588

DPP_0590

DPP_0592

DPP_0593

このあたりがグランドバザールの入り口でしょうか。

DPP_0595

DPP_0596

すごい人の数!  カメラを肩から下げて歩くのが怖いです。w

DPP_0594

色々と写真に撮りたいんですが、店の前に立った店員たちが、すごい勧誘。

そして、すごく日本語達者(笑)。ほんとなら、絨毯といかないまでもひざ掛けぐらい買っていこうかな、と思ってても、そんなことを聞ける雰囲気ではありません。

DPP_0598

バザールの中でもケバブを売ってます。疲れたし、お茶にしますか。

DPP_0621

DPP_0597

DPP_0620

DPP_0619

さて、腹ごしらえもしたし、午後はどこを見て回りましょうか。
フライトは本日の夜中。時間はたっぷりあります。
バザールを出ると、すぐ横にイスタンブール大学がありました。

DPP_0599

DPP_0601

DPP_0600

そのまま、歩いていくと、ヴァレンス水道橋が見えてきました。ローマ帝国、ヴァレンス帝時代の378年に完成した水道橋。オスマン帝国時代も使われていたとのことです。

DPP_0603

DPP_0604

そのまま歩くと、昨日と同じように金閣湾に出ました。昨日登れなかったガラタ塔です。

DPP_0606

そういえば、イスタンブールに来てからトラムはしょっちゅう乗ってますが、バスは一度も乗ってませんね。

DPP_0607

DPP_0608

陽が出ているので、昨日より暖かく、風もおとなしめです。

DPP_0609

DPP_0610

橋の上では、また釣りキチがいっぱい。しかし、今日は月曜日だよ。あなたたち、仕事は?

DPP_0611

橋の下に降りてみました。遠くから見ただけでは屋台か何かだと思いましたが、しっかりとしたレストランです。

DPP_0613

DPP_0614

DPP_0615

海を見ているうち、私もボスポラス海峡を渡ってみたくなりました。
まだ13時。数時間は滞在できるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました