【シベリア鉄道の旅】10日目 終点モスクワへ

目が覚めると、頭が痛い。完全に二日酔いです

昨夜は、シベリア鉄道最後の夜で、今日は最後の日です。

本日、乗車最後の日の時刻表はこちらです。(2004年9月現在 誤記等ご容赦ください)

fromモスクワ到着出発時差
1,154kmバレジノ2:042:27+1
917kmキーロフ4:364:56±0
461kmゴーリキー モスク10:4711:04±0
210kmウラジーミル14:1614:39±0
0kmモスクワ・ヤロスラーブリ17:42 ±0

ああ、もう着いちゃうのね・・・

ほんと、楽しかった7日間。

窓の外は、すごい霧がたちこめてます。

DPP_1813

ゴミだらけのゴーリキーモスク駅に到着。モスクワまで461キロの位置にある大きな駅です。
終点モスクワまで、あと7時間ぐらいになりました。

DPP_1816

乗る乗客も、いっぱいいますね。

DPP_8339

この制服を着たのが、私の乗った車両の車掌さんの一人。

1週間も乗り詰めって、日本なら完全に労働基準法違反になりますが、ロシアではどういうルールになっているんでしょう?

DPP_8342

幸せそうな家族も、多く見かけます。

DPP_8341

DPP_1818

DPP_1819

結局、このダックスフンド。ハバロフスクから乗り詰めでした。

DPP_1821

モスクが見えます。

DPP_1822

最後の停車駅。ウラジーミルに到着。

DPP_8344

ホームと列車の間に段差がない駅は、初めてのような気がします。

DPP_8343

なにか、お土産でも売ってるんでしょうか。

DPP_8345

モスクワまで100キロを切っても、このような平原が続きます。

列車も、今までと変わりなく坦々と走っています。

1週間連続して同じ列車に揺られ、これが日常、列車から降りることが非日常のような気がしてきます。

DPP_1820

しかし、やはり終点はありました。

17:42モスクワ・ヤロスラブリ駅に到着。長かった9,288キロ6泊7日の列車の旅が終わりました。

着いちゃいましたね。

楽しかったなあ。もっと乗っていたかった・・・

なかなかもう、こういう経験はできないでしょう。シャワーだけは浴びたいですが(^-^)

DPP_1823

DPP_1826

シルギーやワジムともお別れです。

このあと、ロシア語が全く読めず、地下鉄乗り場で右往左往する私を、ホテルの最寄駅まで連れて行ってくれました。
本当に親切なロシア人でした。

DPP_1824

シルギーたちのおかげで、何のハプニングもなく、今夜のホテル「ホテル ロシア」にたどり着けました。

地下鉄駅は「キタイゴーラド」という名前でした。

正直、彼らの好意がなかったら、私は途方に暮れていたでしょう。

券売機の前で、「キタイゴーラド」の文字盤すら探せなかったんですから。

DPP_1828

チェックインの際、またパスポートを取り上げられました。

ビザ登録は済んでいるはずなのに、なんでかな?

今夜は外に出る予定もないので、まあいいでしょう。

この「ホテル ロシア」、ロシア革命から50年たった1,967年。クレムリンのソ連共産党大会に出席する代議員を収容する目的で建てられたというだけあって、威圧感抜群です。

しかし、部屋は古さをかくせず、料金は1泊5,000円です。

DPP_1829

19時を過ぎていますが、まだ明るく、ホテルの窓からの眺めです。

動かない景色に、あらためて列車の旅が終わってしまったという実感がこみ上げてきました。

それにしても、ひたすら車中で過ごす6泊7日の旅。思う存分、時間を無駄に使う旅を満喫できました。

距離感は、私の想像をはるかに超越したものでした。

1週間前にアムール湾の夕日を見ながら出発し、絨毯のような草原を突っ切り、タイガを縫うように走り、バイカル湖の水の青さに感動し、雪に煙る草原を眺めながら、東欧の大都市モスクワに着いたのです。

ヨーロッパの遠さは、十分に実感できました。

DPP_1831

1週間ぶりのシャワーを浴びて、すっきりした後、ホテルのレストランに夕食をとりました。

部屋に戻ると、動かないベッドですぐに眠りに落ちました。

肉体的には、疲れていたんですね(*^^)v

DPP_1832

DPP_1833

 

タイトルとURLをコピーしました