【シベリア鉄道の旅】9日目 ロシア号車中

ロシア号に乗って、6日目の朝です。明日の夕方には、モスクワに着いてしまいます

線路際のキロポストをみると、モスクワまで2,200キロを切りました。

本日の時刻表はこちらです。(2004年9月現在 誤記等ご容赦ください)

fromモスクワ到着出発時差
3,000kmバラビンスク1:462:02+3
2,376kmオムスク5:316:01+3
2,393kmイシム8:258:37+2
2,104kmチュメン12:0212:22+2
1,778kmスヴェルドロフスク16:5117:31+2
1,397kmペルミⅡ23:0823:31+2

ちなみに、本日、スヴェルドロフスクとペルミの間で、ウラル山脈を越えます。

停車駅の数が、一気に少なくなり、そのかわり停車時間が長くなります。


残り少なくなった旅の日数を嘆くより、残りの時間、目いっぱい、旅を楽しむとしましょう。

窓外には、寂寞とした風景が続きます。

DPP_1789

ちょっと車内を散歩。1等寝台がありました。
2人部屋なんですね。あのモニタには、何が映るんだろう?

DPP_8338

昼過ぎ、列車はチュメン駅に到着。
街の北側に油田を構える都市、たしか中学の時、地理で習ったことを懐かしくも思い出します。

DPP_1790

DPP_1795

西に進むに連れて、少しづつ寒くなってきました。

さすがに、上半身裸の乗客は、もういません。

DPP_1792

6日も走り続けていれば、いろいろと汚れます。車掌さんも掃除に大忙しです。

DPP_1689

通路で、私と同じように窓外を眺める乗客。

DPP_1793

荒涼とした原野。涙をそそるような寂しい風景です。

日本で一番寂しい風景がある都道府県は?と聞かれたら、私は、青森県と答えます。

下北半島と、その付け根にあたる小河原湖の辺りの寒々とした風景。

それに似たような風景だと思いますが、景色の奥行きが深いため、いっそう寂しさを感じます。

人跡がまったくないわけではなく、木造の粗末な民家や、ちっぽけな牧場などが、ぽつりぽつりと現れるので、寂しさをより際立たせています。

DPP_1794

と、センチメンタルになっていたら、とたんに私の部屋で酒盛りがはじまりました。

みんな飲む飲む!

日本から持ってきた私のレッドエクストラもあっという間にカラになりました。

おぼつかない言葉で、私の日本での生活を説明すると、みな興味を持って聞きます。

収入は?
ローンの金利は? (ロシアのオートローンは20%!だと)
車や家の値段は?
東京はどんな街か?
インターネットの回線使用料は? (ブロードバンドはなく、1時間30ルーブル。)
ロシア人で最も有名人は誰か? (私はシャラポアと答えました。)
日本を代表する人物は? (私はイチローと答えました。)
日本のミュージックは? (ミスチルのMDを聞かせました)

MDウォークマンは見るのがはじめてらしく、「こんな小さいディスクに80分も収録できるのか!」と驚いています。

 

治安は?

私は、テロについてたずねました。

すると、3人とも笑い飛ばし、心配してもはじまらないといった表情。
ロシア人にとって、テロは、日常の一部なのでしょうか。いや、そんなことはないでしょう。

DPP_1799

16:51 ウラル山脈の東のふもとの街エカチェリンブルクに到着。

なにしろ、昼過ぎのチュメンから5時間近くノンストップで走ってきたので、ほとんどの乗客がホームに降りて体をほぐします。

私たちも、宴会を中断して、ホームを散策します。

DPP_1800

人口125万人の工業都市、色々な人がいます。

DPP_1801

おしゃれなスラブ系女性も。

DPP_1803

DPP_1804

40分も停車したロシア号は、また西に向けて出発。これからウラル山脈を越えます。

ウラル山脈は、知ってのとおり、アジアとヨーロッパを二分する山脈。

しかし、特に険しいわけでもなく、のっぺりした山脈で、山を越えているといった雰囲気はありません。

DPP_1809

でも、アジア・ヨーロッパの境界には小さいながらもオベリスクがありました。
陸路でのヨーロッパ到達は、一つの達成感です

DPP_1808

酒を飲みながらの会話は、あっという間に時が経ちます。

時刻は23時過ぎ。ペルミ駅に到着です。

エカチェリンブルクから、実に5時間半ぶりの停車駅。

1875年までは、シベリア鉄道はここが終点。ここからウラル山脈を越えてシベリアに赴く旅人は馬車に乗り換える、いわば宿場町だったようです。

120年前まで、旅人が馬車で越えていた峠を、私たちは酒を飲みながら鉄道列車で揺られてきたのです。

天気もいつのまにか回復しているようで、空を見上げれば、満天の星です。

DPP_1883

私たちは、酔った勢いで、ホームを踊りまわります。

DPP_1811

そして、記念撮影をパチリ。思い出に残った、深夜のペルミ駅でした。

DPP_1810

 

タイトルとURLをコピーしました