【シベリア鉄道の旅】7日目 ロシア号車中

目を覚ますと、列車は川に沿って走っていました。バイカル湖にそそぐ川でしょうか。

今日は、世界一深い湖バイカル湖が見える日です。

DPP_1746

しかし、なんか目がおかしい?

痛くて開けられない‼️

連日の睡眠不足に、日中はずっと目を開いて景色を見てる。ちょっと酷使しちゃったかなぁ。

サングラスでも売ってたら買いたいんだけど・・ 
 

本日の時刻表はこちらです。(2004年9月現在 誤記等ご容赦ください)

fromモスクワ到着出発時差
6,262kmダラスン0:000:01+6
6,196kmチタⅡ1:171:42+6
5,932kmチローク5:546:09+6
5,782kmペトロフスキー・ザヴォード8:258:27+6
5,639kmウラン・ウデ9:319:54+5
5,309kmスリュジャンカ14:3314:43+5
5,152kmイルクーツク パサジールスキー16:4717:10+5
5,145kmイルクーツク17:2517:35+5
5,113kmアンガルスク18:0918:11+5
ウソレ・シビルスコエ18:3518:37+5
5,022kmチェレムホヴォ19:3119:33+5
4,902kmジマー21:1421:34+5
4,763kmトゥルン23:2823:30+5

だんだん、停車駅の間隔が広がっています。

ちょっと意外。東シベリアのほうが、過疎地だと思ってたのに。

 

9:31 ウランウデ駅に到着しました。

モンゴルとの国境をなす駅なので、さすがに構内は広いです。
中国方面からと思われる列車も停まっています。

DPP_1742

ところで、ウランウデから、モスクワとの時差が5時間のエリアに入るので、時計を1時間遅らせます。

2日前の夕方にも1時間戻しているので、シベリアに入ってから2時間戻したことになります。

ここで面白いことに気づきました。

記憶を遡って「ルーシ号」で日本を出国したときに、ウラジオストク時間に合わせるために、私は時計を2時間進めました。

すると、今私の時計は日本時間そのものを指していることになります。

シベリアの奥地、もちろん日本よりずっと西にいるのに、現在時刻は日本と変わらないというのは奇妙な気分です。

エディとはここでお別れ。お元気で(ロシア語では、フセボーハローシェバ)

DPP_1744

駅の売店で、パンを買ってきて朝食です。エディがいなくなって、4人部屋をひとりで独占状態。

DPP_1745

昨夜も、エディと飲み明かしていたので、少し睡眠不足気味。

目も痛いし・・・

景色を見ないのは惜しいけど、バイカル湖が窓外に現れるであろう12時頃まで、ちょっとまどろみます。

列車は、バイカル湖にそそぐ川に沿って走っています。

DPP_8320

 

ガクンという停車の衝撃で目を覚ましました。時計を見ればちょうど12時。

だいぶ深い眠りに落ちていたようです。

睡眠をとったことで、目の痛みもなくなりました(^^)v

 

列車は、駅でないところに停まっています。

扉を開けて、通路に出ると、青い水をたたえた水面が目に飛び込んできました。

ちょうどそこにいたロシア人のおじさんに「バイカル?」と聞くと、「ダア!(そうだ)」。

DPP_1749

シベリアの真珠と称されるバイカル湖は、約3,000万年前に地殻変動が起こり、大地が割れてできたそうです。

深さが1,620mで世界一。そして透明度も世界一を誇ります。

世界中の淡水の23%が、この湖にあるというのも驚きです。

DPP_1750

信号待ちなのでしょうか、ロシア号はなかなか出発しません。でも、絶好の場所で停まってくれています。

バイカルの湖面を手に取るように鑑賞できる好ロケーション。

にわかに静寂が訪れました。開け放った窓からは、風の音しかしません。

時が静止したような、バイカル湖畔の午後です。

まるで、リゾートマンションの一室から、外を眺めているかのようです。

DPP_1752

バイカル湖畔の駅スリュジャンカでは、オームリというバイカル湖で獲れる魚がおいしいという情報を仕入れてきました。

ところが、列車が遅れたため、スリュジャンカでは、止まってすぐの発車。残念・・・

DPP_1753

 

3時間ほど、バイカル湖の眺めを堪能させてもらった列車は、イルクーツクに到着。

DPP_8321

イルクーツク駅の風景。

ホームに電光掲示板がある駅は、初めてのような気がします。

さらに、駅で何かをアナウンスしているのも、初めて聞きました。

DPP_8363

シベリアの観光都市イルクーツク。

多くの乗客が入れ替わります。

列車が遅れているのですぐに発車です。

DPP_1755

この旅で、はじめて食堂車を訪れてみました。

DPP_1759

同じ車両の女性がいたので、メニューを訳してもらいます。

DPP_1758

注文したのはシュニッツルという料理。
サイゼリアのハンバーグステーキみたいな感じかな。ライスは少しパサパサしてますが、十分においしいです。

DPP_1762

メニューを通訳してくれたお礼に、イクラをプレゼント。
日露の友好関係向上につながりますように。

DPP_8322

ビールもおごってあげて、合計418ルーブル(約1,670円)。

安くはないけど、びっくりするほど高いというわけではありません。

今日は、ずっと、バイカル湖を立ちっぱなしで見ていたので、さすがに疲れた。

自分の部屋に戻って、ウイスキーを流し込んで、早めの就寝です。

タイトルとURLをコピーしました