【ボスニア・ヘルツェゴビナ】4日目(その4) さようならサラエボの街 ~ イスタンブール経由の帰国

さすがに、ワイン3杯の昼酒は効きました(笑)
ほんと、いい気分で、のどかな、バシチャルシアをあてもなく歩きます。

00016808

賑わいをみせるバシチャルシア

土曜日の午後のバシチャルシア。本当に賑わっています。

今夜のフライトは20:20のイスタンブール行き。
ホテルを17時半ごろ出れば大丈夫でしょうから、あと4時間は、この街を歩き回れます。

00016834

人をかき分けなくてはならないほどの雑踏です。観光シーズンではないはずなのに・・

ところで、「~歩き方」にも、バシチャルシアではスリに注意とあります。

私は、貴重品はすべて首からさげたパスポート入れ。
そして、ポケットには、何も入れてませんから、すられるモノがありません。

だから、一番怖いのは、ひったくりとか、力業で襲ってくるケース。

でも、そういうのは、人気のない路地とかで遭遇するものでしょう。

だから、私にとって、人の多い雑踏は大歓迎です。

00016836

オスマントルコの古都を、日本の古都に重ねて見てしまいますね。

00016837

本当にいい雰囲気の旧市街でした。サラエボの街。

00016838

メイン通りのテラス席は、どこも満席という賑わいよう。

00016841

ヨーロッパ人がよく訪れると聞きますが、サラエボ市民も多いのでしょう。

00016843

おいしかったボスニアワインで酔っ払いながら、方向感覚を忘れて、さまよい続けます。

00016845

歩いているときは気づかなかったけど、ここはバザールの横。

00016846

歩いているうちに、いつの間にか、またラテン橋に。

00016893

00016851

00016894

ラテン橋が見えるベンチに腰掛けて、音楽を聴きながら時間を潰します。
旅してて、優雅な時間。

00016895

00016898

少しづつ、陽もかげってきました。

00016900

さて、またバシチャルシアの中に入ります。
これは、ブルサ・ベジスタン。オスマン帝国時代の絹の取引所だそうです。

00016858

セビリの前にいってみると、人の洪水でした(笑)
これ、夏とかの観光シーズンだったら、どうなっちゃうんだろう。

00016862

00016874

いろんな路地をあてもなく歩きます。
狭くて、迷う心配がないのがいいよね。

00016864

金細工の中には、弾丸の薬莢を使った小物もあると聞いていましたが、ちょっと見かけなかったな。

00016865

夕方になって、ますます激しくなる渋滞。
トラムも渋滞してますよ。

00016872

そろそろ時計を見ながら行動します。
これは、朝見たモスクですね。

00016877

モスクの周囲には、イスラム教徒の姿も。

00016878

 

飲んでみたボスニア・コーヒー

そのモスクの近くの喫茶店で休憩です。

00016881

喫茶店に入ったのは、旅の最後に、ボスニア風コーヒーが飲みたかったから。

00016882

さて、どんなコーヒーが出てくるのかと待っていると、不思議な金属製のコップに入って出てきました。

00016883

上澄みを飲むのが伝統的な飲み方だそう。
たしかに、すぐに口をつけたら、ザラザラした粉末がいっぱい口の中に入ってきました。

味よりも、この鉄器のほうが興味深いですね。

00016884

ゆっくりと時間をかけてコーヒーを飲んでる間、なにか「ポコポコ」という音が絶え間なく聞こえてました。

なんだろう? と思ってましたが、目の前が水タバコ屋だったんです。

思わず、笑っちゃいました。
なんか、みんな神妙な顔で、一心不乱に「ポコポコ」と音を立ててるんですから。

このシーン、帰国後もしばらく、思い出し笑いしてしまいました(笑)

00016885

 

夕暮れのサラエボの街

いよいよ、旅も最終局面。ホテルに戻りましょう。

00016887

陽がかげると、とたんに肌寒くなります。
ずっと、腕にかけていたコートを着込みました。

00016889

今回の旅、弾丸だったけど、満足度100%。来てよかった。

00016891

イエスの聖心大聖堂を遠巻きに見て、

00016901

聖母の誕生の大聖堂という、バルカン半島でも大きい正教会の下に出ます。

00016902

そして、その下は公園になっていました。
早朝にのぞいた公園ですね。

00016903

大型のチェスをやっています。ケープタウンでも見かけた光景。

00016904

春の陽の長いサラエボ。子供たちも夕方まで遊べます。

00016905

そして、永遠の炎の前まで戻ってきました。

00016907

ホテルに預けておいた荷物を受け取って、タクシーを待ちます。

00016911

夕暮れのマーシャル・チトー通りの人の往来を眺めて時間を潰しますが、ホテルにオーダーしたタクシーが来ません。

00016910

こいつらは、いったいなんだ?

00016912

20分待っても来なかったので、仕方なく、勝手に拾って空港に向かいました。

しかし、案の定、メーターを倒してくれません。そして、15ユーロとのこと。

身体も疲れてるので、仕方なく受け入れました。まあ、楽しかった旅へのチップと考えましょう。

00016914

フライトスケジュール

航空会社便名フライト

乗継ぎ時間

ターキッシュ

     エアラインズ

TK1026

サラエボ20:20 ⇒ イスタンブール0:20

1時間40分
TK52

イスタンブール2:00 ⇒ 成田19:40

 

薄暮のサラエボ国際空港に到着しました。かなり、こじんまりとした空港です。

00016915

これから飛ぶ便は2本しかありません。

00016916

チェックイン開始。

00016917

ターキッシュエアラインズTK1026便でイスタンブールへ

これから15時間以上かけて、日本に帰ります。
3泊6日の弾丸旅行も、もうすぐ終わりだ・・・

00016920

サラエボ空港のロビーの様子。

00016921

ボーディング開始。ひょっとして、なにかのボスニア代表選手?

00016922

陽の暮れたサラエボ空港を離陸します。

00016933

雰囲気のよかったサラエボの街を見下ろします。

00016935

フライト時間は2時間しかありません。すぐに機内食が配られます。
軽食だけどおいしい、ターキッシュの機内食。右側の飲み物はワインではなく、コーラです。

昼に飲んだボスニアワイン3杯が、まだ効いてるかな(笑)

00016924

機は夜のバルカン半島上空を横切ります。
ただいま、ブルガリアのソフィア上空。

00016936

街の明かりでも見えるかな、と思いましたが、こんな感じでした。

00016937

 

アタチュルク国際空港の最後のトランスファー

そして、定刻に、イスタンブール アタチュルク国際空港に到着。
2時間のフライトでしたが、時差があるので、現在0時20分。

00016938

成田行きは、午前2時ちょうど。あと、1時間半ほどしかありません。

でも、往きの記事でも書きましたが、このイスタンブール アタチュルク国際空港は、もうすぐなくなってしまうんです。

この空港は、私が弾丸旅行をやりはじめて、最初にトランスファーというものを経験した、ほんとに記憶に残る空港なんです。

しかも、そのときは、行き先がイスラエル テルアビブだったので、緊張感も最高潮でした。

00016939

今日の利用が最後になります。このアタチュルク国際空港。
やっぱり、最後はラウンジに行きますか。

00016940

プライオリティパスのラウンジで待っている間、この空港での思い出が、走馬灯のように頭に浮かびます。

大げさかもしれないけど、旅人なんてそんなもんです。

00016926

まして、この空港をトランスファーで使うときって、イスラエルとかエジプトとか、強烈に記憶が残る旅ばっかりだったから。

00016927

名残を惜しんでいるうちに、時間がたち、ゲートに向かいます。
この深夜の雑踏ともお別れ。

00016928

 

ターキッシュエアラインズTK52便の芸術的な夜間フライト

イスタンブールの新空港になったら、どんなダイヤになるんだろう。
このターキッシュの52便は、現役世代の弾丸旅行者には、ぴったりのダイヤなんですが。

この便は、乗るのがもう5回目になります。

00016929

タラップを登ります。
45という後ろの席なので、後ろのタラップから。

00016930

隣でも、搭乗がはじまっています。あれは、どこに向う機であろうか。

00016942

日本まで9000キロ、長旅です。

00016941

合計10回お世話になったアタチュルク国際空港にお別れ。
楽しかった思い出をありがとう。

00016943

イスタンブール、おなじみの夜景。
これは、ターキッシュTK52便が演じる芸術だと思っています。

00016945

新空港になったら、飛行ルートが変わっちゃうかな。

00016946

だとすると、この夜景も見納めですか。
新空港は、イスタンブールのかなり北に位置するというから、あり得るよね。

そんなことを考えながら、午前2時のイスタンブールの夜景を目に焼きつけます。

何度見ても、美しいものは美しい。

00016947

黒海に出ました。

00016948

配られた機内食。このパスタ、ほんとにおいしいんだ。
ターキッシュでいつも出てくる、ルイエシェノエールのワインも最高。

00016931

サラエボでの出来事ばかり頭に浮かんできますが、この旅、最初はセルビアに入国したんだよね。

ほんとに弾丸だ・・・

楽しかった出来事を思い出しながら、眠りにつきます。

 

そして、天山山脈の上空で目が覚めます。

00016950

すごいね、まだ雪をかぶってる。ていうか3月なんだから当たり前か。

00016951

そして、ゴビ砂漠の南端を進みます。

00016952

最初の飛行ルートだと、バイカル湖の南端をかすめるプランだったんだけど、どうもロシア上空ではない。

00016953

シルクロードの町が見えます。

00016954

また山脈が。今度はチーリン山脈でしょう。

00016955

お、ニアミスじゃないの?この距離、大丈夫?

00016957

そして、北京上空。モスタルで出会った男女2人組みを思い出しました。

それにしても、首都北京の上空をこんなに観察されて、中国共産党はよく平気だな。

00016958

2度目の機内食はビーフが品切れで、またパスタ。まあいいさ。

00016932

夕暮れをむかえます。明日からまた、厳しい仕事だね。

00016959

日本列島の上空に到達。石川県の小松付近です。

00016960

夕暮れの富士山見えるかなと期待してましたが、闇に沈んでました。

そして、成田空港第一ターミナルに到着。
3泊6日で2カ国、4つの街を訪れた弾丸旅行が無事に終了です。

00016961

日本に帰ってきたとき、いつも思うこと。
やっぱり、無事に帰国できてよかった、それだけです。

旅程のトラブルもなく、犯罪にも巻き込まれず、警官にたかられることもなく、病気にもならず、現地の人たちの親切だけをいただいて帰って来れたことを素直に感謝です。

だから、私は明日から仕事にもいけるし、次回の弾丸旅行を画策できるんです。

無事が一番、旅の神様に感謝です!

そういえば、今回から同行してくれたCANON EOS 6Dも順調だったな。こいつにも感謝!

 

※最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました