【セルビア】1日目(その1) 見納め間近のアタチュルク国際空港 ~ ベオグラードへ

 さて、出発の日が来ました。
旧ユーゴスラビアをめぐる弾丸旅行です。

今回は、同国が分裂した7カ国のうち、セルビアボスニア・ヘルツェゴビナ

どちらかというと、日本人にはなじみが少ない地域のうえに、近い過去に紛争が起きてる負の記憶があるらしく、家族も同僚も心配そうです。

 

しかし、もう紛争は終結しています。

 

ただ、そういい切ってよいのか、セルビア国内でコソボの話題を出すなんてご法度と聞いているし、サッカーの国際試合では、フーリガンが暴徒化(ていうか、暴徒化するのをフーリガンっていうんですよね笑)して、社会問題になっていたりします。

 

でも、そういう地域、民族、文化の交差点的なエリアって、旅人にとってはたまらなく魅力的に映るんですよね。

その旧ユーゴスラビア地域に行ける日が来て、感無量な旅立ちです。

セルビア&ボスニア・ヘルツェゴビナ 3泊6日 弾丸旅行スケジュール

日付

午前

午後

宿泊地

3/19(火)

 

成田21:40発

機内

3/20(水)

ベオグラード8:05着

ベオグラード観光

ベオグラード

3/21(木)

ベオグラード観光

ベオグラード16:00発 ⇒

       (バス) サラエボ22:45着

サラエボ

3/22(金)

モスタル観光

モスタル観光

サラエボ

3/23(土)

サラエボ観光

サラエボ20:20発

機内

3/24(日)

機中

成田19:40着

 

3泊6日の弾丸にしては、うまくはまったかな、と思ってます。

会社から休暇を2日もらうだけで、セルビアに2日、ボスニア・ヘルツェゴビナに2日、計4日現地にいられます。

特に不安な点はありませんが、3日の夕方にベオグラードからバスに乗って国境を越えてサラエボに至るのですが、到着時間が22:45。しかも、国境越えで、しばしば遅延するらしい。

そんな時間に着いて、サラエボのホテルまでたどり着けるだろうか・・・  そこだけ、ちょっと不安。

そして、4日目は、サラエボから観光地モスタルまで、日帰りのショートトリップです。

フライトスケジュール

 航空会社便名フライト

乗継ぎ時間

往き

ターキッシュ

     エアラインズ

TK53

成田21:40 ⇒ イスタンブール4:25

3時間55分
TK1081

イスタンブール8:20 ⇒ ベオグラード8:05

 

帰り

ターキッシュ

     エアラインズ

TK1026

サラエボ20:20 ⇒ イスタンブール0:20

1時間40分
TK52

イスタンブール2:00 ⇒ 成田19:40

 

イスタンブールを経由地とする、おなじみのターキッシュエアラインズでの旅。

この、行きTK53便、帰りTK52便の組み合わせは、これで、もう4回目の利用ですが、まったく現役サラリーマンにとっては、これで弾丸旅行して来いッ! というダイヤになっています。

日中は仕事をしていて、夜に旅立ち。
帰りも、帰国日の日中は目いっぱい観光できて、帰ってくるのは出勤前夜。

航空券代10万円、税金その他4万円の、いつもより高い航空券ですが、現役世代は時間をカネで買うんです。

 

ところで、今回の旅では、もうひとつ楽しみがありました。

しかし、これはかなわぬ夢となってしまったのですが、イスタンブールにオープン予定の、その名もイスタンブール空港。

この、成田空港の8倍ともいわれる未曾有の巨大空港がオープンするのは、当初2018年10月29日とされ、そのトルコ建国記念日に合わせて、お披露目される予定でした。

なので、当然、今回の旅で立ち寄る3月下旬にはオープンしていて、トランスファーの際に、新空港の晴れ姿を拝見できるものと期待していましたが、現存のアタチュルク国際空港だって、中東を代表する大空港。

大空港から大空港への移転は、システムの変更やらセキュリティの再確認など、引越しは困難を極め移転日は延期を重ねたうえで、2019年4月6日午前2時から順次行われることになった模様です

※下線部分は、私の勝手な想像です(笑)。東京駅をそのまま品川駅に引っ越すようなものですもんね。

 

というわけで、イスタンブール新空港との対面は宿題になってしまいましたが、そうであれば、アタチュルク国際空港との最後の対面。名残を惜しんできましょう。

 

あと、もうひとつ、今回の旅の楽しみ。CANON 6Dのシェイクダウン。

いちおう練習したつもりですが、今までの70Dと違う点も多く、アタマには叩き込んだつもりですが、トリセツを抱えての旅立ちです。

では、成田エクスプレスで、成田空港第一ターミナルに向かいましょう。

ターキッシュエアラインズTK53便でイスタンブールへ

久しぶりに乗る成田エクスプレス。

しかし、空港手前の成田駅の表示。外国人が、間違えて降りちゃうのではないかと、心配になります。

00015813

先月の南アフリカに続いて、成田空港からの出国ですが、いつも通りガランとしてます。

00015815

最終便だもんね。
しかも、20分繰り上がってるわ。

00015816

ターキッシュエアラインズは、昨年9月のギリシア以来の半年ぶり。

通算5回目の利用ですが、機内食がおいしいのを記憶しています。今回も楽しみ。

00015817

オンラインチェックインで、いつも通り窓際を押さえました。
この50Aというのは、シートマップによると、3列ではなく2列の窓際のはずです。

00015821

南ウイングの出発案内表示。

先日、不幸にも事故のあったエチオピア航空は表示なし。そういえば北ウイングだった。

航空機事故には遭遇しないなんて、なんの根拠もなく思ってますが、同じ航空会社、同じ機体、そして同じ空港を離陸した直後となると、自分は、なんて運がいいんだなどと思ってしまいます。

00015818

出発時刻が繰り上がり、すぐにボーディング開始です。

しかし、旅立ちの瞬間、何度経験しても、緊張します。

これから向う国々とは初対面。

どんな風景、どんな人の表情、どんな文化に出合うことになるのか、もう心臓がバクバク。ほんとです(^^)v

これだから、旅はやめられませんね。

00015820

トルコ系の人も多いけど、日本人も多いです。(当たり前か)

日本人は、乗り継いで、どこに行く人が多いんだろう? それとも、ストレートにトルコの観光?

00015823

さて、機体後方の席なので、最も早いボーディング。

50Aに落ち着くと、なんと2列席ではありません。
シートマップでは、2列だったのに、私の席は3列。そして、その後方から2列席がはじまっています。

ターキッシュは、前にもこんなことがあったような気がする。

00015824

イスタンブールまで約9,000kmのフライトですね。

00015825

隣の2席には、ツアーらしいおばちゃん2人が座りました。

00015826

ターキッシュの機内安全ビデオ。

00015827

定刻に成田空港を出発です。

00015829

関東平野の夜景。
なんかこれ、今までは、こんなに明るく撮れなかったと思う。

気のせいでなく、フルサイズCANON 6Dの威力はすごいな。すこし重いけど。

00015831

 

ターキッシュのおいしい機内食

待ってました! おいしい(はずの)機内食。

00015832

給士するCAも美しい。

00015841

ターキッシュは、行き帰り含めて10回以上乗ってるけど、このメニューは初めて。

魚の切り身かと思ったら、おいしいチキンでした。渋みのある赤ワインも最高。

期待を裏切らない、ターキッシュの機内食。これで、ぐっすり眠れそうです。

00015833

ほんとに、ぐっすり眠って、気配で目が覚めると、もう朝食の準備をしています。

6時間は眠ったね。昨日までは仕事のことがアタマから離れなかったけど、スッキリです。

00015834

朝食は、和食ではなく、オムレツをオーダー。それに、フレッシュなオレンジジュース。

00015835

そして、食後のコーヒー。
機は、黒海に向けて南下しています。イスタンブールは、もうすぐです。

00015836

イスタンブールの上空に到達。
いつもながら、美しいイスタンブールの夜景。

00015837

イスタンブール アタチュルク国際空港に到着。

00015838

乗り継ぎ時間はたっぷりあるので、のんびり支度して、シンガリを歩きます。

降りる途中、目にしたターキッシュのビジネスシート。

00015839

フルフラットになるのかな。どんな食事が出たんでしょうね。

00015840

 

アタチュルク国際空港 ラウンジでのひととき

ここ、アタチュルク国際空港は、生まれてはじめて、トランスファーを経験した、思い出深い空港です。

00015842

本当に懐かしい風景。

まだ弾丸旅行を始めた頃のトルコ旅行のときから、イスラエル、エジプト、ギリシアと、中東いやオリエントを回る際のハブ空港として、毎年利用させてもらった、ほんとに馴染み深い空港です。

この空港も、あと数日でなくなってしまうというのは寂しい限り。

00015843

乗り継ぎ時間は4時間近くあるんです。
せめて、ゆっくり、この大空港とつきあいましょう。

00015852

ゲートから、中央コンコースに向う際のバー。
毎回、目にしていましたが、結局利用したことはなかったかな。

00015851

旅行者が、長いすでゴロゴロしているのも、いつも通り。

00015853

中央コンコースに向う通路。

00015854

まだ5時にもなってませんが、人で賑わい、店もオープンしているのも、いつも通り。

00015855

00015857

このお店たちも、イスタンブール新空港に引っ越すのでしょうか。

00015858

プライオリティパスの使えるラウンジで、時間を潰しましょう。

00015859

ここは、プライオリティパスで入れたけど、半年前にギリシアに行ったときに寄ったラウンジとは違います。

00015860

でも、落ち着いた雰囲気。朝ワインいただいちゃいます。

00015861

ワイン以外にも、ウイスキーやミネラルウオーター。

00015846

簡単なつまみもあります。ラウンジでのひとときは、長距離フライトの渇を癒せますね。

00015845

ラウンジで休憩している間に、時が経ち、中央コンコースも人であふれかえっています。

00015847

ベオグラード行きのゲートも発表になりました。707ゲートです。

ラウンジで休んでいる間にも、エクスペディアのアプリにゲートの通知が入ったけど、どういう仕組みになってるんだろ?

でも、こうやって、ハブ空港の案内表示を眺めるのは楽しい。

次どこ行こうか? 想像がやみません。

00015863

700番台のゲートの利用は初めてです。

00015864

途中、理容室がありました。

00015865

ゲート前は、まだ閑散としています。

00015867

 

TK1081便でセルビアの首都ベオグラードへ

シートに座って待っていると、突然、スタッフが搭乗客を集合させました。
チケットとパスポートを照合しています。

00015848

そして、なにかスタンプをポンと。

セルビアという国は、入国審査厳しいのかな。
入念に調べられたり、いくつも質問されているアジア系の人もいました。

私も、パスポートのスタンプ、全ページ見られました。

00015868

ボーディング開始。いよいよ、セルビアに向けて出発です。

00015869

けっこうな賑わい。人種も多種多様です。でも、日本人は、見かけなかったかな。

00015849

気温は10度くらい。ちょうどいい、ってとこでしょうか。

00015870

見納めとなるアタチュルク国際空港。

00015871

00015872

窓際の席に座ります。またまたCAさん、美人だな。

00015850

セルビアの首都ベオグラードまでは、1000キロ弱の距離。

出発は8:20なのに、トルコと時差が2時間あるため、ベオグラード到着は8:05となる、タイムマシンに乗っている気分。

00015873

たむろするターキッシュの機体を眺めながら出発です。

00015874

飛び上がると、すぐに雲の上に。
このフライトでは、下界を見下ろせそうにありません。

00015875

フライト時間が短いので、すぐに機内食です。

00015876

かんたんなだけど、おいしいブレックファスト。やっぱりターキッシュは最高だ(^^)v

00015877

機は、ブルガリアの上空を飛んで、一路ベオグラードへ。

00015878

高度が下がると、川が見えました。ドナウ川でいいのかな。

00015880

街も見えてきました。社会主義って感じの建物ですね。

00015881

街並みも目に入ります。

00015882

そして、ベオグラード ニコラ・テスラ国際空港に到着。

00015883

 

セルビア入国 そして両替

ボーディングブリッジを渡り切ったあたりで、「検問」がありました。

全員のパスポートをチェックしています。
こりゃ、コソボのスタンプが押されていたりしたら、入国が拒否されたりするっていうウワサは本当のようです。

私も、女性の管理官に、「セルビアは初めてか?」「何日滞在するつもり?」など、質問されます。

あまりに物々しく、とても撮影できる雰囲気ではありません。

00015884

イミグレに向かう途中の通路から見えた、空港の正面玄関。

00015885

イミグレも物々しい雰囲気。一人一人に、すごく時間がかかっています。

見てると、アジア系の人たちへの質問が多いように思います。

私もアジア系だけど、日本人は特別扱いなのか、今回は質問はなく、スタンプを押してくれました。

めでたく、セルビア入国です。これで、31カ国目です。

00015892

成田からはるばるやって来た荷物も、無事に受け取れました。

あとは両替ですが、なんか両替所が見当たらない。

なので、ターンテーブルのすぐ近くにあったATMでおカネをおろしました。

00015886

セルビアの通貨は、セルビア・ディナール。

セルビアを旅するということで、はじめて知ることとなった通貨です。

今のレートは、100ディナールが約107円ということで、わかりやすいです。

おカネを払うときに、1割り増しくらいに考えておけば、日本の物価換算となります。

ちなみに、セルビアの政策金利は3.25%。
一般諸国並みに感じますが、6年前は10%を超えていたらしい。

00015890

ATMから出てきたのは1000ディナール紙幣だけでしたが、使っているうちに細かくなったのを撮影しました。

小さい額面まで紙幣になっています。10ディナールは10円ですから。

各紙幣ごとに異なる肖像画。
激動のこの国を表現してるとも言えるでしょう。

2日間で、どのくらい使うのか見当がつかなかったんですが、とりあえず7000ディナールほどおろしました。

※7000ディナールもいらなかった。5000ディナールで十分でした。

00015891

さて、軍資金も手に入れたし、まずは、市内中心部に予約してあるホテルに行きましょう。

00015887

空港から市内へは、エアポートバスか路線バスという選択があるそうです。

エアポートバスの乗り場はどこかな、とさがしていると、男が現れて、いろいろ説明します。

いかがわしい男にも見えましたが、市内のバスターミナルに行くのか、300ディナールだぞ、とか、エアポートバスのスタッフのようだったので、とりあえず安心。

00015888

ちょうど、満車となったエアポートバスが出たばかりで、20分ほど待ちます。

00015889

バス、というかバンが来て乗り込みます。

チケットは運転手から買います。「~歩き方」の情報どおり300ディナールでした。

これは、チケットと、おつりの200ディナール。

00015893

乗客は、私のほか、女性2名だけで出発です。

00015894

ニコラ・テスラ空港を後にします。
いよいよセルビアの旅がはじまりました。

00015895

 

タイトルとURLをコピーしました