【南アフリカ】4日目(その2) さようならケープタウンの街 ~ 南アフリカ航空でヨハネスブルグへ

さて、これで、今回の弾丸旅行、日程をほぼ無事に消化。

あとは、ホテルをチェックアウトして、レンタカーを返却し、帰国の途につくだけです。

最後にお世話になった、オープンデッキバスにさようなら。

00015465

トータル500kmの走行 レンタカーの返却

このホテルにも、3泊お世話になりました。

00014529

スタッフは、オール黒人だったけど、英語すら覚束ない私を、しっかりもてなしてくれました。

赤ワインもおいしかったし、長距離搭乗用のスラックスも、しっかりランドリーしてくれたし。

忘れ物がないか確認して、ホテルの地下駐車場からクルマを出します。

自動で、ガレージのシャッターが開きます。

00015467

ハイウエイに乗る前に、ガソリンを補給。

00015471

17.33リッターで233.85ランド。
つまり、1リッター13.49ランド(約105円)。
南アフリカ共和国は資源国だとは思うけど、石油は産出してないんだよね。

スタッフに、チップを10ランド渡すと「オー、サンキュ!」。

日本のガソリン価格は知りません。日本では、クルマ乗らないので(笑)

00015470

レシートがこれです。

00015600

隣のレーンに入ってきたポルシェ911。なんとドライバーは女性。

00015468

颯爽と走り去っていきました。カッコいい・・・

00015469

さて、これで、物乞いともお別れだ。

00015472

雲をかぶったテーブルマウンテンともお別れ。

00015473

一路、空港へ。

00015475

スラム街ともお別れです。

00015478

お、こりゃ、わかりやすいね。

00015480

「Car Renntal Returns」の文字をひたすら追い続けてると、この場所に。

00015481

あっさり返却することができました。
誰が来ても迷わないような仕組み、さすがイギリスってところでしょうか。

走行距離は、4日間でちょうど500kmでした。

00015483

 

ケープタウン国際空港でのひととき

4日ぶりに戻ってきた、ケープタウン国際空港。

00015485

サムスン電子がハバをきかすコンコース。

00015506

さて、乗るべき便をさがします。

これから、飛行機を3本乗って、はるばる日本まで帰るのですが、まずはショートトリップ、ヨハネスブルグまで。

あれ、ないな、と思って少し不安になりましたが、ヨハネスブルグは南アフリカ共和国。

つまり、インターナショナルではなく、ドゥメスティックのほうをさがす必要がありました(笑)

00015486

ありました、南アフリカ航空。

00015507

00015487

待つこともなくチケットを発券してくれました。
「荷物は、羽田までダイレクト?」と聞くと、「もちろん!」とうなずいて、控えを見せてくれました。

これから2回の乗継が待ってるけど、ちゃんとついてきてくれるかな。

00015500

カウンターを離れ、2階のフードコートへ。

00015489

ここまで、全く順調。レンタカーの返却も順調だったので、現在12時。フライトまで2時間ほどあります。

こういうときは、私はいつもプライオリティパスのラウンジにでも行くのですが、ケープタウンのラウンジにはシャワーがないらしいので、割愛。

それよりも、レンタカー運転の禁酒から解き放たれたので、搭乗前にかるく1杯いっておきましょう(笑)

00015490

滑走路の見える席。

00015491

いやあ、冷えたビールがうまい(^^)v

調子に乗って、ステーキにワイン、といきたいところでしたが、機内食も出るでしょ。

00015492

でも、ここまで来れば、もう治安の心配はない。

あとは、予定された飛行機に乗って帰るだけ。

クルマに乗ってても、街を歩いても、背後から襲われないか、ビクビクの3日間でしたが、無事に終えることができてなにより。

ブエノス・アイレスではケチャップ強盗。カイロでは体当たり強盗。メキシコシティでは、警官から恐喝。

こういった被害を実際に被ってきたので、用心するのは当たり前なんです。

ほんとに、身体の無事に乾杯!

00015493

 

ケープタウン ⇒ 羽田 14,880km 22時間5分の旅

テーブルの上にボーディングパスを並べて眺めます。いつも通り、席はすべて窓際。

羽田までトータル22時間5分の旅。フライト距離は14,880kmになります。

00015495

表にするとこんな感じ。

便名フライト乗継ぎ時間
SA336ケープタウン14:10 ⇒ ヨハネスブルグ16:051時間50分
SA286ヨハネスブルグ17:55 ⇒ 香港12:451時間40分
SA7134香港14:25 ⇒ 羽田19:15 

トータル14,880kmのうち、ヨハネスブルグ⇒香港が10,670km。

昨年7月に乗った、成田⇔メキシコシティの11,200kmには及ばないものの、ダラス⇒成田の10,320kmより長い、生涯2番目の長距離フライトになります。

これを眺めてて思うのは、やっぱり乗り継ぎかな。

とんとん拍子に進めば、あっさり終えるトランスファーも、飛行機が集中してごったがえすと、2時間ぐらいかかるケースも、いくらでも経験してます。

特に、ヨハネスブルグの1時間50分が不安。
私は、まだ、南アフリカ共和国にいる身。まだ出国してない。

つまり、ヨハネスブルグでは、保安検査と出国審査の両方を1時間50分でこなさなくてはならない。

大丈夫かな?

いちおう、さっきのグランドスタッフに聞いたら、「ノープロブレム!ノープロブレム!」とは言っていたが・・・

 

帰国翌日から仕事がはじまるので、仕方ないといえば仕方ないですが、心配ばかりしてもしょうがないよね(笑)

00015494

ふと気を抜いて、時計を見れば12:16。日本時間は7時間早いから19:16。

では、これから24時間後に羽田到着だ。あらためて思う、長旅だね。

00015496

ビールを飲みながら、滑走路を行き交う飛行機を眺めます。

00015498

いままさに到着したサウスアフリカ航空。たぶんこの機材に乗るんでしょうね。

こうしてみると、空港関係って、いろんな仕事があるんだよな。

00015499

その後ろを、こちらもいままさに到着したターキッシュエアラインズ。
イスタンブールからの長旅、お疲れ様。空港って楽しいよね。

00015501

 

南アフリカ航空 SA336便でヨハネスブルグへ

さて、フライトも近づいてきたので、ゲート前に移動しましょう。
SA336便は、C5ですか。

00015503

ところで、まだ南アフリカのお土産買ってないんだよね。
でも、ドゥメスティックターミナルなので、免税店やお土産屋さんが見当たらない。

00015502

仕方ない、ヨハネスブルグの乗り継ぎのときに買うか・・・

00015504

南アフリカ共和国最大の都市ヨハネスブルグ行きです。

00015505

乗客は、ほとんどがアフリカ人(アフリカ人という民族はないんだけどね)。

00015508

ビジネスクラスシート。

00015509

こちらがエコノミー。
エチオピア航空と同様に、足元の間隔が広く感じます。アフリカ人仕様かな。

00015510

初めて乗る南アフリカ航空。機内はほぼ満席。

00015511

私の隣は、黒人男性。
フライト中、ずっとこんな格好で、横文字の本を読んでました。

00015514

いよいよ、ケープタウンを出発。

00015516

機体が舞い上がります。

00015517

さようならケープタウン。
さようならテーブルマウンテン(見えないけど)。
さようなら喜望峰。(生きてるうちに、また来るときがあるかな・・・)

00015519

ヨハネスブルグは南アフリカの中央にあります。
機体は山岳地帯に機首を向けます。

00015521

このあとは、ずっと雲の上でした。

00015522

ドリンクが配られます。

00015512

国内線なのに、サンドイッチまで配られました。なかなかサービスがいいです。

00015523

外は雲しか見えないですが、JUJUの音楽に身体をゆだねて、今回の旅を回想。

00015513

約2時間のフライトを終えて、機は雲の下に出ました。
ヨハネスブルグのタンボ国際空港に到着です。

00015524

さて、乗り継ぎは大丈夫かな・・・

タイトルとURLをコピーしました