【南アフリカ】3日目(その3) 南アフリカのドライブ 〜チャップマンズ・ピーク・ドライブ~

ロープウエイで、ふもとに戻ってきました。

00015120

うわ、長蛇の列ですね。

00015121

テーブルマウンテンから下山

周りには、駐車スペースをさがすクルマであふれています。

 

止めておいたクルマに乗り込み、まずはクーラーを全開。

そして、おもむろにグーグルマップをセットしようとしていると、コンコンと窓をたたかれます。

そこには、満面の笑みをたたえた白人の女性が。

そして、目は「悪いけど、移動してくれないかしら。そこにクルマを置きたいのよ。」といっています。
「ハイ。わかりました。」

 

これと同じこと、先日のカナリア諸島テイデ山のパーキングでもありました。

用が済んだのなら、まずは速やかに場所を譲りなさい。
グーグルマップのセットなんか、どこでもできるでしょ、ということなんでしょう。

 

こういう考え方、私は好きですね。とても、合理的だと思う。

日本は、本来の目的と、陣取り合戦が分かれている。

観光地でも、ショッピングモールでも、パーキングでは、待っているクルマが多数いるのに、人が乗ったまま駐車スペースから動き出さないクルマが多いように思えてならない。

どっちがいいとか悪いとかではなく、限られた空間を、上手に共有し合い、バケーションを楽しむ。

そういった精神は、やっぱり欧米のほうが数段上だな、そう思います。

00015122

さて、今日の予定は、実は、具体的には決めていません。

テーブルマウンテンにいつ登れるか、上にどのくらいいるかもわからなかったから。

なので、本日これからの予定は、基本的にドライブです。

南アフリカ共和国の大地を、めいっぱい、ドライブを楽しむとします。

 

まずは、大西洋沿いのドライブコースですね。

クルマをUターンさせて、チケット売り場の前を通ります。

00015124

ドライブもいいけど、オープントップバスも気持ちよさそうだな。

00015126

大西洋沿いの道を南下します。

00015131

 

キャンプス・ベイの風景

このあたりは、キャンプス・ベイの町。白砂が広がる美しい海岸とのこと。

00015133

このあたりも海岸が広がっていますが、もっと向こうがキャンプス・ベイのようですね。

00015134

綺麗な海岸です。

00015137

テーブルマウンテンの南側に連なる山。

00015138

海辺で生活する子供。

00015136

軽く丘を越えます。あれがキャンプス・ベイかな。

00015142

クルマを運転してると、本当にロータリーだらけです。
でも、このほうが信号もないし、私は好きだな。

00015144

チャップマンズ・ピークの文字が見えました。キャンプス・ベイのさらに南です。

まずは、世界的にも有名なチャップマンズ・ピークを目指してみるとします。

00015145

その前に、ガソリンを補給。
カナリア諸島のときのような、セルフではありません。従業員が、ていねいに作業してくれます。

00015147

そして、キャンプス・ベイを見下ろす丘の上に出ました。

この光景を見たとき、「午前中は海水浴でもよかったかな。」と思っちゃいました。

大西洋で泳ぐなんて、そんな機会はめったにありません。せっかく水着持ってきたのに、水着はホテルにおいたままです。

00015148

海水温はどんな感じなんだろう?

00015149

びっくりした。しかも、鳥までとまってるし。

00015150

大航海時代の帆船は、この入江を見ながら、船を南に進めていたのでしょう。

00015152

こちら側は岩場。

00015154

おお、オープンカーが走り去っていきました。

00015158

人間も。すごい体力です。

00015160

 

絶景のチャップマンズ・ピーク・ドライブ

さて、これからチャップマンズ・ピークをドライブします。

私は、南アフリカに来るまで知りませんでしたが、このチャップマンズ・ピークは、世界的にも有名なドライブウエイで、大西洋とそこに落ちこむ崖が彩る絶景を演じてくれる海岸通りだそうです。

今まで以上に、写真が中心になりますが、ドライブしてるつもりになって楽しんでみてください(笑)

00015161

めずらしく有料道路。47ランド(366円)でした。

00015216

チャップマンズ・ピークに入ると、見学ポイントが随所に現れます。

00015162

ほんとに綺麗な海だね。

00015164

00015166

地元の人が、民芸品を売っていました。

00015167

キャンプなんかをやる人もいるそう。

00015168

さらにクルマを進めていくと、検問のようなチェックポイントが。

民間人のようでしたが、チケットを見せるように言われ、スタンプを押しました。

料金所の領収書なんて、ふつう捨てちゃうでしょ。とっておいてよかった・・

00015191

ここが、この道路の最高地点のようです。ここは、帰りに寄るつもり。

00015169

道路はますます崖にへばりつきます。
この道路、コーナーは114箇所あるそう。

00015170

おお、これはすごい・・・
この道路、開通は1922年だそうです。

00015171

自転車で登る人もすごいし、走ってる人もすごい。

00015173

けっこう急な勾配ですよ。

00015175

崖崩れで、不通になっていた時代もあったらしい。

00015178

白砂の海岸が見えてきました。

00015180

誰もいない白砂の海岸。

00015182

ノードゥックという町だそうです。

00015183

それにしても、見事に人がいない。

00015184

いや、いた!

00015185

景色がパノラマ過ぎて、肉眼の縮尺がおかしくなっています。
見た目以上に広い海岸のようです。

00015186

皆さんもここで記念撮影。
チャップマンズ・ピークもここで終わりです。

00015187

私をここまで運んできてくれたクルマ。

00015188

こんな海で泳げたら、最高だろうな。
今度、南太平洋のどこかで島巡りもいいかな、なんて考えてしまいました。
※バケットリストに書き込まれました(^^)v

00015189

こちら側が、ノードゥックの町。

00015190

お昼近くなってきました。そろそろ、ケープタウン方面に戻ります。

00015193

00015194

来たときにも通った、崖をくりぬいた半トンネル。

00015197

これは、マジにすごいですよ。観光バスだったら、もっと景色見れるだろうな。

00015199

そして、チャップマンズ・ピークの最高地点で休憩。

00015202

00015203

それほど多くない駐車スペースが、取り合いになっています。

00015207

見渡す限りの海。船のデッキにいるようです。

00015204

海抜593mとのことですが、そんなにある?

00015205

たしかに高いけど。
やっぱり目の縮尺が狂ってきてるみたい。

00015206

これは絶景、来てよかったです。

00015208

00015209

00015210

ここにも、民芸品売りが。

00015211

ここは、バスは止まれません。みんなレンタカー組みだ。

00015212

景色を眺めるのが好きな私は、こういうところは長時間いても、全然あきません。

むしろ、ふだん、くだらないことで悩んでいる自分について、心の小さいヤツ、と思えます。

00015213

しかも、天気は最高で風もない。

ところが、山のほうは、雲に覆われてきたようです。山の天気は変わりやすいですね。

テーブルマウンテンも、雲に覆われちゃったかな。

00015214

 

タイトルとURLをコピーしました