【南アフリカ】3日目(その1) ドピーカンのテーブルマウンテン

朝6時に起床。

南無さんとばかりに、ホテルの窓から外を見ると・・・

やった、ドピーカンじゃないですか!
旅の神様、ありがとう!

00014955

今日外すと、テーブルマウンテンに登るチャンスは、限りなく少なくなるので、昨夜は、考えても仕方なく、赤ワインを飲んだ勢いで眠ってしまいましたが、眠気も覚ますとはこのことです。

あわてて支度をして、朝食も摂らずにホテルを飛び出しました。

「地球の歩き方」によると、テーブルマウンテンへ登るロープウエイの営業時間は8時から。

朝ごはん食べてからでも十分間に合うんですが、ロープウエイ駅付近のパーキングの様子もわからないし、昨夜はステーキにピザ、食べ過ぎました(笑)

ガレージからクルマを出して、出発です。

00014957

ホテルから、ロープウエイ駅までは、15分くらい。

00014958

先日は、山火事で大渋滞だった道路も、今日は朝早く、この通り。

00014959

 

ヒッチハイクに捕まるロープウエイまでの道

そして、2日前は通行止めだった、ロープウエイ駅へ向うロータリーを左折したところで事件が。

何かのオフィシャルのようなジャケットを着た人たちが、多数手を振っているではありませんか。

私は、このあたりにパーキングがあるのを、グーグルマップで調べて知っていたので、「ひょっとして、ロープウエイ駅付近は、もはや満車。このあたりに止めるしかないのだろうか・・・」と、手を振るオフィシャルたちを、すっかりパーキングへの誘導員と勘違いし、スローダウン。

次の瞬間、ヤッホー! と、手を叩きながら、5、6人の黒人たちが、いっせいに私のクルマのドアを開けて乗り込んできました。なんだ、なんだ!

 

さすがにビビリましたが、冷静になってよく観察すれば、全員同じジャケットを着ている。

助手席に勝手に陣取った、リーダー格の兄さんに「アア ユウ スタッフ?」「イエース!」

こいつらは、全員、テーブルマウンテンで働くスタッフなのでした。

 

ああ、びっくりした・・・

 

ほっとして、リアシートを見ると、なんと4人も乗ってる。

黒人の男女5人を乗せてクルマを運転するのは、もちろん生涯初めてです(^^)v

 

私「ユージュアリー ドゥイング?」(いつもはどうしてるの? と、たずねたつもり)

黒「シャトルバス! イッツ トゥ レイト!」(来るのが、遅いんだ! と言ったのだと思う)

私「ウエア シュドアイ パーク  マイカー?」(どこに駐車すればいいかな、と聞いたつもり)

黒「エニイウエア ユウ キャン!」(どこでもOK! ほんとかよ・・・)

私「ニヤ ザ ロープウエイ?」(駅の近くだよ?)

黒「オーライ! イッツ アーリー! オーライ!」(大丈夫!大丈夫!時間早いから、と言ったんだろう)

 

そんな会話をしながら、私は、ヘアピンカーブの続く道を、ロープウエイ駅に向って、クルマを走らせました。

ほどなく、ロープウエイ駅が現れて、「ヘイ!プリーズ ストップ!」。

黒人スタッフたちは、私にお礼を言って降りていきました。

助手席の男がコイツ。びっくりしたぜ、もう。仕事頑張ってな!

00014963

ハプニングが去って、一応、あわてていてドアロックを忘れていたことを反省(笑)

でも、クルマを止められた場所は、ロープウエイ駅から、200mほどの好位置。

最初は、ふもとのパーキングに止めようとしていたんだから、あの黒人スタッフたちのおかげで、ここまでスムースに来れたとも言える。

ありがとう! テーブルマウンテンのスタッフたち!

00014962

ちなみに、クルマを止めた場所は、こんな感じ。
ウオーターフロントというより、ケープタウンの街全体と、テーブル湾を見下ろします。

00014961

さて、手荷物を持って、ロープウエイ駅に向かいましょう。

00014965

営業前の試運転中のロープウエイ。

00014966

 

ラウンドトリップのチケットをゲット

ん? 列の入り口が分かれています。
Webであらかじめチケットをゲットしている組と、ゲットしてない組だな。

00014968

まだ買ってない私は、スタッフにチケットを買いたい旨を告げると、「まだだ、8時からだ。少し待て。」と言われ戻ります。

00014969

仕方なく、wifhout ticketsの列に並びます。

00014970

待っている間、テーブルマウンテンの頂を眺めます。
ほんとに雲ひとつありません。本日の天気に感謝です。

00014971

8時が近づくにつれ、観光客で長蛇の列に。

00014972

道路の反対側に待たせ、道路をせき止めて、観光客を誘導するのは、香港のビクトリアピークのケーブルカーと同じだね。
あ、造ったのは、両方ともイギリス人?

00014973

しかし、「すでにチケット所有組」がどんどん進み、我々は止まったまま。
こりゃ、Webでゲットしておいた方がよかったかな。

00014974

Webゲット先行組がすべて流れ込むのを待って、10分ほどして順番が来て、チケットを買います。

00014975

ラウンドトリップでない、片道だけのも売っていますが、歩いて登ったら、どういうことになるんだろう?
テーブルマウンテンの標高は約1000mですよ。歩いて登ったら、3時間半ほどかかるそうです。

00014976

めでたくチケットをゲット。330ランド(約2600円)です。
私はもちろんラウンドトリップ。

私は、現金で買いましたが、クレジットカードもふつうに使える仕組みになっていました。

00014977

ロープウエイを待つ状態。ワクワクしますね。

00014978

 

自然界の新・世界七不思議の一つ テーブルマウンテン

テーブルマウンテンは、自然界の新・世界七不思議の一つだそうです。

あとで調べたのですが、残りの6つは、

南米大陸アマゾン川と熱帯雨林
ベトナムハロン湾
アルゼンチン・ブラジルイグアスの滝
韓国済州島
インドネシアコモド島
フィリッピンプエルト・プリンセサ地底河川

ということらしいです。

選出基準などに疑念があったりするそうですが、どこも、行ったことがありません。いつか行ってみたいですね。

00014980

 

テーブルマウンテン ロープウエイに乗車

行列で待っている間に、ロープウエイが出発。65人乗りだそうです。

00014981

そびえ立つ崖に向って、2系統のロープウエイが人間を送り込んでくれます。

たしかに、これは不思議な世界だ・・・

00014983

さて、順番が来て、私も乗車。時刻は8時半。
早起きしたので、チケットを買ってなくても、そんなに待たずに乗れましたね。

しかも、窓がオープンになっている好位置をゲット。

こりゃ、登るまでの間、ダイナミックな景色が拝めるかな、と期待していたら、なんと床が回転しはじめました。

どこに乗っても平等に、ということなのね。

00014985

間近に見る崖。

00014986

すれ違うロープウエイ。

00014987

そして、ライオンズヘッド。どこか、マッターホルンに似てなくもない?

00014988

駐車しているクルマの列。

00014989

この高さになると、高所恐怖症の人は、下を見れないかも。

00014990

00014991

00014992

おお、ハイキングしている人たちを発見。すごいチャレンジャーです。

00014979

北のほうは、雲が出ていますが、こちらは快晴です。

00014993

絶景を楽しんでると、約10分で頂上に到着。

00014996

外に出ると、気持ちのいいヒンヤリした空気。

00014997

そりゃそうです。一気に標高1086mまで登ったんですから。

00014998

 

快晴のテーブルマウンテン

こりゃ、ほんとに絶景ですね。

00015000

あの海から1086mですか。

00015001

00015002

少し歩いてみましたが、文字通りのドピーカン。
太陽の光がまぶしすぎて、サングラスなしではきついです。

しかし、まったく風もないので、地上より6度も低いとは思えません。

強風&低温を考慮して、ジャケットを持ってきましたが、今のところ必要なしです。

00015004

この恵まれた天候。けっこうあることなのかな。

00015005

いずれにしろ、天気と旅の神様に感謝しなくちゃね。

00015006

記念撮影したくなる場所です。

00015008

おーッ!びっくりした・・・

00015012

マジですか!?

00015013

もちろん、ロッククライミングに熟練した人たちなんでしょうけど、すごい・・・

正直、柵から身を乗り出して、景色を見ていると、下界に吸い込まれそうなフワッとした、気が遠くなるような気分になります。そういう高さです。

繰り返しますが、1086mです。634mのスカイツリーより、452mも高い場所です。

でも、スカイツリーだって展望台の高さは450mほど。

だから、人間がほぼ直下を眺められる位置としては、相当高いところに来ていることになります。
(もちろん、登山などをやっている方は別として)

00015014

そんなところをロッククライミングですか。ほんとにすごい。
しかし、命綱みたいのが見えない気もするんだけど・・・

00015020

下から見るとけっこうデカいライオンズヘッドが、おもちゃみたいですね。

00015021

せっかく、ここまで来たんです。
あわてて散策せずに、ドピーカンの下、しばし、この絶景を眺めます。

00015015

いろいろ旅したけど、こんな景色は、いままでお目にかかったことないなぁ・・

00015017

おいおい、ひっくり返るなよ・・・

00015022

光線が強すぎて、うまく撮れない・・ 新・世界七不思議

00015024

これが、ケープハイラックスなのかな? ダッシーとも呼ばれているようです。
しかし、高いところがお好きなようで。

00015025

人間も高いところ好きなんだろうな。高いところ、行きたがるもんね。

00015027

しかし、よく怖くないものです。その下、崖ですよ。

00015028

テーブルマウンテンのファーストインプレッション。超感動しました(^^)v

では、テーブルマウンテンの、「テーブルのふち」に沿って、散策するとしましょうか。

00015018

 

タイトルとURLをコピーしました