【南アフリカ】2日目(その2) アフリカ大陸の果て ケープ半島の散策

念願の喜望峰。
どんよりした空が、かえって「果て」の気分を引き立ててくれます。

00014669

こっちは、フォルス湾のほうを見ています。
湾はけっこうえぐれてますから、喜望峰を通過したバスコダガマも、海峡と勘違いして、入り込んでしまったり、しなかったかしら。

00014637

喜望峰の見える風景

展望台というところの滞在時間は、けっこう短くなるもの。

でも、本日は、風もなく、「嵐の岬」がウソのよう。

ここに居ること自体が心地よい。中国人と一緒になって、展望台からの風景を楽しみます。

00014638

ケープポイントですね。

00014640

展望台を下から見上げます。
あの灯台は、海抜248mとのこと。

 

00014646

たしかに、すごい高さ。

00014647

遠回りしながら、降りていきましょう。
いろんな見学スポットがあるようです。

00014649

00014660

それにしても、海の色が、絵の具のパレットのようです。

00014663

00014670

メロンソーダのような色。そのまま飲めそうです。

00014676

これは、なにをイメージした壁画でしょうか。

00014668

ケープポイントの灯台ですね。
あれが造られたのが1919年。当時、アフリカで、もっとも明るい灯台だったそうです。

00014672

00014679

ケーブルカー駅まで戻ってきました。

00014682

下を見下ろすと、まだ、それほど観光客は増えてないようですね。

00014683

歩いて降りる人も多いですが、時間節約のため、帰りもケーブルカーで。

00014684

ケーブルカー駅は、ミニ博物館とショップになっています。

00014685

当時のまま??

00014688

00014687

帰りのケーブルカーの相客は、老婦人2人だけ。

00014690

ケーブルカーだと、降りるのもあっという間です。

00014692

ケープポイントの緯度は、南緯34度。
アルゼンチンのブエノス・アイレスとほぼ同緯度です。

00014694

 

ディアス・ビーチへの遊歩道

喜望峰のほうにも行ってみましょう。

00014695

喜望峰に通じる小道。

00014697

珍しい植物。

00014700

今日は、完全な凪状態ですが、強い風こそふさわしい気もします。

00014701

00014702

自然保護区の人でしょうか。
風も強いんでしょうから、修復箇所も多いんでしょう。

00014703

あの白浜が、ディアス・ビーチ。

00014705

遊歩道が続いています。

00014709

突き出した崖から、夫婦が景色を眺めています。
異国らしい、自己責任の無法地帯ですが、落ちたら助かりません。

00014711

私も、あの夫婦の場所まで行ってみます。

00014713

崖の高さは50m、もっとあるかな。

00014714

エメラルドグリーンの海と白い砂の浜辺。
ここだけ切り取れば、どこかのリゾート地のよう。

00014715

00014716

夫婦が戻っていきます。
パーキングから、けっこう降りてきちゃいました。
もう、11時近いので、戻りはじめましょう。

00014718

では、喜望峰にさようなら。

00014719

ほんとに、人間の存在が小さく見える自然です。

00014720

パーキングも、賑わいはじめています。
これから、観光バスが、続々と来るんでしょう。

00014721

 

喜望峰自然保護区の風景

さて、ケープタウンの街に向かって、アクセルを踏みます。

00014724

フォールス湾方面への分岐となるロータリー。
実は、対向車も続々と連なっています。

00014726

アクセルを踏むなんて言いましたが、ここ喜望峰自然保護区は、珍しい植物や、地の果てを感じさせる平原が広がっています。

00014727

来るときは、急いでいて、おおむね素通りしてしまいましたが、帰りはゆっくり見物します。

00014729

だって、この景色ですよ。

00014730

私は、こんな景色。
今までの旅生涯で、シベリア鉄道、パタゴニア、ぐらいしか思いつきません。

00014733

たぶん、動物も多数生息していることでしょう。

00014735

ときおり、背後を通過するクルマの音だけ。
ウオークマンをホテルにおいてきたので、音楽は聴けない。

口をついて出たのは「いーあるふぁんくらぶ」(笑)

だって、さっき、展望台で、中国人たちが「いー・ある」と言いながら、写真撮り合っていたから。

「いー・ある」が、アタマにすり込まれちゃいました(^^)v

00014737

そんなにのんびりもできないので、少しづつクルマを進めながら。

00014738

雄大な景色を眺めながら、

00014739

「いーあるふぁんくらぶ」を口ずさみます。

00014740

00014741

大自然の中、自分が小さく見えます。

00014743

さて、そろそろ、戻りましょう。

00014742

来るときも通った自然保護区の料金所。

00014744

突きあたりを右折。ケープタウンの街に向かいます。

その前に、標識にもある、サイモンズタウンという街にあるボルダーズ・ビーチに寄ってみるつもりです。

00014745

 

タイトルとURLをコピーしました